« 寛闊お花見 | トップページ | 神菜、頭をよくしてあげよう »

2007/04/10

美少女戦麗舞パンシャーヌ

マイミクシィのある方が紹介されたのがきっかけですが、『美少女戦麗舞(セレブ)パンシャーヌ』というTVドラマを見てみました。
『美少女戦麗舞パンシャーヌ』の公式サイトは
http://www.panchanne.com/
です。
日曜の朝ぐらいにやってたコミカルな特撮魔法少女ものの系譜の作品、になるのかなぁ。

本作の凄いところは、その魔法少女が子持ちの人妻ってとこです。だから“美少女”なんてタイトルはちょっとアレですが。そこらへん“美少女”とうたわないと視聴率が出ないとかいう製作者の葛藤があったような印象を受けます。

魔法少女ものの系譜、としては、(あたしはアニメ史、特撮史はあまり詳しくはないですが)『魔法使いサリー』とか『秘密のアッコちゃん』とかから始まったと理解しています。少女を主人公に据えたは、もちろんターゲットとしている視聴者層が同年代の少女たち、という事だったのでしょう。

ただ、製作者の意図を超えて、それから”萌え”た“大きなお友達”も観るようになって。
また一方、平成ライダーシリーズはイケメン俳優を主人公にする事で、視聴者の母親層も取り込んだという話も読んだ事があります。

では、人妻で母親を主人公に据えたのは、どういうターゲットかなぁとか思います。
“萌え”の世界も多様化が進み。妹萌え、姉萌えが一般化し、また、ツンデレとかヤンデレとか性格設定も多様化してきました。そしていよいよ“人妻萌え”あるいは“子持ち萌え”を本作で提示しようとしているんじゃないかと、ふと思ったりして。まぁ、世に「一盗二婢」といいますが…。いやいや…。
ただ、ヒロインを人妻に据えた作品として、本作の前にアニメでは『奥様は魔法少女』というのがあったそうですが。観てないんですが。

さて、お話は。

ヒロインの新庄由美子は子持ちの人妻、28歳。高校生のころ、美少女仮面フローレンスとして活躍していたのだけど、高三のとき、受験もあるし普通の女の子に戻りたいとリタイア。
それから10年、結婚して幼稚園に通う子供もいる今ふたたび、神様からの命令で、美少女戦麗舞パンシャーヌとしてふたたび戦う事になる、っていうお話です。

第1話を観ただけですが。面白く作ってあると思います。魔法少女物ってのは、彼女に“力”を与える神様とかの存在がいるものですが、第1話ではその神様がトラブルの元凶だったていうひねりも効いていました。

新庄由美子役の矢吹春奈さん。美人です。そして、なんていうのかなぁ、ちょっとふっくらとしたというか、脂ののった、少女というより人妻系の色気があります。新庄由美子の設定上の年齢は28歳、矢吹春奈さんの実年齢は22・3くらいみたいですが。そういう方が魔法少女のコスチュームに身を包むというのがちょっとぐっときます。コスチュームの露出した肩から胸に、二の腕のボリューム感、アイマスクの下の小鼻から口の両脇にかけての深いシワが、人妻の色気を強調している感じです。

しかし、旦那は30歳で借家か持ち家かはわかりませんが、一戸建て住まいなんだよなぁ。
『クレヨンしんちゃん』のお父さんもああ見えて一戸建て住まいだし、それよりずっと上の年齢で安アパート住まいのあたしはちょっとコンプレックスを感じます。

パンシャーヌも継続視聴しようと思います。
しかし、ほんと、人妻萌えがこれからトレンドになるのでしょうか。
なったらちょっと面白いと思いますが。
世界を萌やし尽くしてしまえ!と、思いますが。

|

« 寛闊お花見 | トップページ | 神菜、頭をよくしてあげよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/14579143

この記事へのトラックバック一覧です: 美少女戦麗舞パンシャーヌ:

« 寛闊お花見 | トップページ | 神菜、頭をよくしてあげよう »