« 腕時計を衝動買い | トップページ | 掲示板かけ替えました »

2007/04/25

よのなかばかなの世

昨日は新宿のライブハウス、ウルガへ。柳家獅堂さんの落語会、『よのなかばかなの世』を拝見しに。
ウルガでの獅堂さんの落語会は3回目。私は1回と今回で2度目です。ウルガにはライブを見に行った事も何度かあります。轟音系のハコ、という印象がありますが。そこで落語会というのも面白いものです。

当日のご出演は
柳家獅堂さん、
林家きく麿さん、
林家久蔵さん、
そして、スペシャルゲストとしてミスターXさんでした。

ところで、どっかに落語関係の単語をIMEに一括登録できるテキストファイルが落ちていませんかね?落語家さんのお名前とか、落語の題名とか、寄席の名前とか、その他落語関係用語とか入ってるの。

しょっぱながいきなり本日のスペシャルゲスト、ミスターXさん。
顔面に富士山が描かれたプロレスマスクを被っての登場。富士山が世界遺産に登録されるためにがんばってるフジオさんと仰る方だとか。
まぁ、中の人は…。
陰謀論系都市伝説をネタにしたお話を少し。ボンゴを叩きながら歌を一曲。

そして林家きく麿さん。『崇徳院』。
きく麿さんの『崇徳院』はちょっとおっとりめ。恋わずらいする若旦那さんが不思議な雰囲気をかもし出していました。
ネットのきく麿さん紹介ページを拝見すると、きく麿さんと私は妙な共通点があるみたいですな。

お次が柳家獅堂さん。
初めて聴く噺ですが、ネットで調べてみたんですが、たぶん『鮫講釈』だと思います。
舟が鮫に囲まれてしまい、にっちもさっちも行かなくなる。船頭の話によると、乗客の中からひとり、鮫の生贄にならなければ助からない。そして、運悪く生贄に選ばれてしまった講釈師の運命は、というお話。

よく考えたら獅堂さんの古典落語を聴くのって初めてかも。

『鮫講釈』の山場のシーンとして、講釈師が延々と講釈を語るってシーンがあるのですが。
いろんな口上をバラバラに継ぎ合わせたのをとうとうと語るって感じでした。ほんと、フリージャズみたい。あるいはストーリーとかではなく、“感覚”でシーンを繋いでいくという部分において、実験映画的とも言えると思います。獅堂さんの独壇場という感じです。
いや、ほんらいの『鮫講釈』の講釈シーンがどういう風に演じられるかは知らないんですが。

そういえば、大昔、あるSF作家さんエッセイで読んだんですが。SF作家さんか関係者か覚えてないけど、落語のフレーズをバラバラに継ぎ合わせたのを演じる芸が得意な方がいらしたとか。バラバラに継ぎ合わせてあるのに抱腹絶倒だったとか。もちろん、そういう芸で周りを抱腹絶倒にできるのは“呼吸”が絶妙だったからだと思います。その芸自体の“呼吸”の上手さ、そして周りの“空気”を読む感覚でしょうか。ここらへんの感覚も実験映画に繋がると思います。

そしてトリが林家久蔵さん。『粗忽の釘』だったかと。
こういう落語会じゃないとできないだろうなぁと思うような枕でした。

9時半前に落語会は終演。あとは打ち上げをかねて歓談という趣向だったのですが、そっちはパスして帰宅。
どうも獅堂さんは陰謀論系の都市伝説にはまっていらっしゃるようで、そういうようなお話をしようという趣向だったようですが。どうも私はそういう話を聞くと心がザワザワするので。いや、その手の話は嫌いじゃないんですが、かえって悪はまりして精神に変調をきたす方なので。と学会系の本を読んでだいぶ毒抜きができましたが。

いや、「都市伝説」そのものよりも、「なぜ人は都市伝説にはまるのか?」という事の方に興味があります。今の私は。

獅堂さんは渋谷の青い部屋でも落語会をされていて、いつかそっちの方も行こうと思ってます。
ライブハウスで落語会という趣向、いいと思います。ライブハウスならあちこちにあるし、規模もいろいろ。雰囲気もいろいろ。そうして個性的な落語会がいろいろできればと思います。

そしていつか音楽と落語のライブとかあると嬉しいなぁと、両方好きな私は思います。
音楽と映像、音楽とコントってのはあったから、音楽と落語もアリじゃないかと思うのですが。

|

« 腕時計を衝動買い | トップページ | 掲示板かけ替えました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/14840946

この記事へのトラックバック一覧です: よのなかばかなの世:

« 腕時計を衝動買い | トップページ | 掲示板かけ替えました »