« 『極大射程』映画化 | トップページ | 無力無善寺へ »

2007/03/05

早朝寄席

何度も書いてますが、あたしって、行きたいライブとかイベント、連続したり、場合によってはかぶりまくったりします。
で、日曜日はダブルヘッダーになりました。

で、第一試合は三遊亭あし歌さんご出演の上野鈴本演芸場の早朝寄席。
当日のご出演は、
三遊亭あし歌さん(http://sanyutei.blog.ocn.ne.jp/)、
三遊亭亜郎さん(http://www.aro-world.net/)、
桂きん治さん、
そして、金原亭小駒(http://www.kingentei.com/)さんでした。

お休みの日。寝坊してたいけど、平日よりちょっとだけ遅く起きて上野へ。鈴本演芸場の早朝寄席も行き慣れたので、時間を読んで向かえます。
ちょうどいい塩梅に鈴本着。最前列へ。
あたしは体型が体型ですから、通路から席に向かう時、あるいお客さんに通ってもらう時、少々他のお客さんにご迷惑であります。だからできたら最前列。

開演少々前から太鼓が鳴り出して、10時ジャストに幕がするすると上がり、開演。

最初があし歌さんでした。『崇徳院』であります。ナイーヴな恋愛物。前に読んだものの本によると、昔は恋愛物といえば、ロミオとジュリエットみたく、あるいは心中物みたく、悲恋物語がメインストリームだったとか。つまり、恋愛とは反社会的行為であったと。だから、かつての恋愛物はピカレスクロマンのごとく、民衆の欲望を反映しつつ、しかし、最後は社会的秩序の勝利、つまり、悲恋として、当人たちの死をもって物語を終わらせると、そういう展開が多かったとかいう話ですが。
しかし、『崇徳院』ってのは恋愛成就するであろう物語ですな。もちろん、当人たちというよりは、周りの人間でもって物語が進むわけですが。いや…。

ご出演の皆様、あし歌さん以外は名前と顔がよく判らないのですが…。間違ってたらごめんなさい。

次が三遊亭亜郎さんの『悋気の独楽』。亜郎さんは劇団四季出身の方だとか。ミュージカルにもご出演なさっていたそうで、ミュージカル落語もなさるとか。ただ、今回は歌は聴けなかったです。
『悋気の独楽』は鈴々舎風車さんと、あと、女流の方のを聴いた事があるかなぁ。風車さんは与太郎が素敵でした。亜郎さんはお上さんがいい感じでした。

3番手が桂きん治さん。お題は『お見立て』。しかし、『お見立て』のお大尽さん、いい人なんですよね。花魁にお金を用立ててあげたり、亡くなったと知って、お墓参りにいってしみじみと泣いたり。ただ、田舎物でキモメンだから、花魁に小細工を仕掛けられて。同じくキモメンの私はお大尽さんにシンパシーを感じました。「女三界に家なし」っていいますが、「キモメン三界に家なし」でもありますよ。

4番手が金原亭小駒さん。『人形買い』というお話。これは初めて聴きます。最初の部分を聴いて、『壷算』みたいに客と店の主人の丁々発止のお話かと思ったら、そうじゃなかったです。でも、ほんと昔は値段を吹っかけるのが当たり前だったんですねぃ。ま、人形みたいに日常的に売れるって物じゃない品物は思いっきり吹っかけるものだったのでしょうか。いや、某社の某ドールは思いっきり吹っかけてるって話を聞きましたが…。ま、高いからこそのありがたみもあるのでしょうが。
ちょっとぷっつりと終わったなと思ってネットで調べたら、もっと長いお話みたいです。

で、終演後、アメ横へ。中田商店でちょいとお買い物、それから塩ジャケ購入。塩ジャケは好物なんですが、近所のスーパーだとちんまりした切り身が2枚で三百何十円かします。アメ横じゃでかい切り身が10枚で千円。ただ、10枚もあるとさすがに持て余しますので、何とか5枚5百円のとこ見つけて。

で、帰宅してからご飯を炊いて、切り身を2枚焼いて遅めのお昼ご飯、おいしかったです。
残った切り身は冷凍保存。一度解凍してあるだろうから味は落ちると思うんですが、ひとり暮らしだとしょうがないです。

|

« 『極大射程』映画化 | トップページ | 無力無善寺へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/14137781

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝寄席:

« 『極大射程』映画化 | トップページ | 無力無善寺へ »