« 喪男の哲学史 | トップページ | 『KATAN DOLL』復刊? »

2007/02/08

名入り鉛筆

今年の春、妹夫婦の甥っ子が小学校に入ります。
お祝いは何にしようか考えてたんですが。

鉛筆がいいかなぁと。名前を入れてね。
他の文具類はこちらやむこうの爺ちゃん婆ちゃんが買い調えるでしょう。
ま、鉛筆だったら消耗品だし、二重になっても問題ないし。

しかし、以前、深夜+1で、文具の卸屋さんに勤める人が、
「鉛筆の名入れってもうあまりやってないんじゃないか。」
と話を聞いて。

まぁ、やってないならやってないで、普通に鉛筆でいいかなと。
鉛筆のお尻のところをちょっと剥いで、名前を書き込むのも風情のあるものですし。

いくらなんでもここではやってるだろうと思い、銀座の伊東屋へ。
伊東屋で鉛筆の名入れ、やってました。
可愛い鉛筆も色々おいてあって、ニコニコしながら選んで。
名入れは店員さんがやってくれるのか、小一時間でやってくれるようです。
(漢字だと外注になるのかな?1週間以上かかるようですが)
1ダースで210円。思ったより安いです。

で、1時間時間を潰して(翌日来ても良かったんだけど)受け取って。
可愛い鉛筆削りもあったのでそれも買って、ラッピングしてもらいました。

これでOK。

自分が小学校に上がったころの事を思い出しました。
文房具はセットになってるのを貰ったのかな。
それとランドセルとか、親父に名前を書いてもらって。
わくわくしながら入学式を待ちました。

ま、しばらくするといじめられっ子になっちゃったんですがね。
(あたしもいじめた事あるし、被害者面をするつもりはありません)
集団から浮くタイプなのは今も変わらず、か。

甥っ子はそんな辛い思いをして欲しくはないです。
でも、なっちゃったりする事もあるんだろうなぁとも理解してます。

家と学校の往復だけ、それでいじめられっ子になったら、息をつける場所がありません。だからきついんですよね。家のしつけだと、学校をサボるのはもってのほかだったし。いまは酒場とかライブハウスとか、息をつける場所があるから。それに、いじめられっ子になるよりは孤立していた方がいいという処世術も身につきました。

私の周囲には、いじめられっ子の味方になってくれそうな人がたくさんいるけど。もし、甥っ子がいじめられっ子になったら、そういう人たちを紹介できれば…、と思いつつも、東京と故郷は遠いやね。

|

« 喪男の哲学史 | トップページ | 『KATAN DOLL』復刊? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/13831777

この記事へのトラックバック一覧です: 名入り鉛筆:

« 喪男の哲学史 | トップページ | 『KATAN DOLL』復刊? »