« 現代視覚文化研究 | トップページ | 梅の花 »

2007/01/31

Windows Vista

昨日からWindows Vistaの一般向け販売が開始されましたな。
ここで「買いました!」なんて書ければ景気がいいけれど、残念ながら景気が悪いので買えませぬ…。ま、それはしょうがない。

http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20070203/ni_idx.html
あたりを見ると最上位のUltimateのDSP版でも2万円台半ばくらいだから、思ったより高くはないですけど。
(DSP版というのは完成品のPCにインストールされるとう前提で販売されているものです。単体で市販されてる品物とは変わりはないはず。ただ、単体での販売は禁止されています。昔はそのルールは厳密に守られていたけど、今は何らかのPCパーツとの「抱き合わせ」なら販売できるってことになってます。で、安いPCパーツ、たとえばフロッピーディスクドライブとかとの抱き合わせで売られています。理屈の上ではその「抱き合わせ」のパーツを外すと使用権を失う事に筈ですが…。)

ただ、まず、他のアプリのヴァージョンアップができないと…。
アンチウィルスはまず買い替えないといけない。Nortonシリーズを使い続けるかどうかは別にして。

あと、古いソフトがどうなるかですけど。
http://www.exconn.net/Blogs/windows/archive/2006/06/16/13349.aspx
によると16bitアプリの使用に関して日本語独自機能が消えるとか。
問題の出るソフトはあるかなぁ。

Word2000とHome Page Bulider6.5はどうなるかしら?こちらは動きそうだけど、Word2000はXPでも挙動不審ぽいから、ほんとはヴァージョンアップしたいです。でも、2000でも何の不満もないし。

ゲーム類は動かないのが出てくるかなぁ。ま、ある程度はそれも覚悟、と。

とりあえずVistaの新機能で興味を持ってるのは“SuperFetch”機能かなぁ。使用頻度の高いアプリやデータをあらかじめメモリに読み込んでおくという機能。

XP以前なら“キャッシュ”といって、メモリに余裕があれば、読み込んだ事のあるアプリやデータはメモリに残しておいて、またそのアプリやデータが必要な時は、そこから読み込むようになってるんだけど。だから、XPなら、いったん起動させたらスタンバイや休止状態をうまく使って、シャットダウンしないように長く使うとキャッシュが効いて軽くなります。

それがVistaなら、そういうことをしなくても、使用頻度の高いアプリやデータは先にメモリに読み込んでくれます。

ま、CPUなりメモリなりはドンドン高速化してるのに、HDDというメインストレージが、高速化されているとは言っても、システム全体から見ればまだまだ遅いという根本的な問題があります。
ハイブリッド・ハードディスクという、フラッシュメモリを組み込んだHDD製品が近々現れそうですが、どうかなぁ。
また、シリコンディスクの類の高速化&大容量化&低価格化が進めば新たなメインストレージとしてHDDに取って代わるかもしれませんね。

あとはAeroですかね。3Dを取り込んだ新UI。これはどうかなぁ。触った事ないのでなんとも言えないのだけど。ただ、今のウィンドウシステムは使い勝手の悪いところもある、というのも感じています。新たなブレイクスルーがあればなぁと。あたしには想像もつかないけど。CUIしかない時代にGUIを想像できるような人間ではないし、あたし。

ただ、ワイドタイプのモニタが欲しいなとかちょっと思ってます。左右に広いモニタ。真ん中にアプリケーションウィンドウを開いて、左にアイコン、右にちょっとしたツール類を並べて。マルチモニタでもいいけど、それだと高くつきそうだし。
作家には大机願望症とかいうのがあるそうです。特注で六畳ぐらいの机を作ってしまうとか。モニターにも大モニター願望症とかあるのでしょうね。どんなにでかいモニターにしても足らなくなってくるだろうなと自分で自分を理解してます。

とまれ、
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/homeeol/default.mspx
によると、Windows XP Home Editionも2014年9月まではサポートされるとか。
セキュリティパッチとか、重大なバグフィックスとかはその時まで行われるのでしょう。
私もさすがにそれまでにはVistaに行ってると思いますが。

しかしほんと、Windowsもバベルの塔か、恐竜時代の末期のような気もします。でかくなりすぎてコントロールができなくなり、滅びの道を歩むのではないかと。ネズミのような小さい、チョロチョロと小回りの効く新しいOSがそろそろWindowsを乗り越えていくのではないかと。

|

« 現代視覚文化研究 | トップページ | 梅の花 »

コメント

BUFFさん

昨年11月頃だったかMSからメールが来てVISTAベータ最終版をDLしました。古いHDへインストールして使ってみましたがフリップ3Dにはちょっと感動。しかしそれ以外に特に、いいなぁ~って事は有りませんでした。試しにVISTAの入ったHDを他のマシンに接続すると、まったく起動しませんでした。再インストールが必要になります。XPだと起動はできるんですけど・・・。

XPの時と同じで2年くらい様子見ですかね。海外の情報ではサウンドカード、スキャナー、プリンターなどのちょっと古い周辺機器は、標準ドライバーで動くのですがほとんどの機能が使えないようです。まだ自分で確認してませんけど、私の使っているのはXPでもやっと対応って感じですから多分、色んな機能が使えないでしょうね。

投稿: よっちゃん | 2007/02/01 07:56

◎よっちゃんさん
手持ちの周辺機器だとキャノンのスキャナN656Uが使えないっぽいです。32bit版でも。対応予定も無いとか。NT系だし、ドライバが書けないという事はないと思うんですけどね。

http://www.gdm.or.jp/voices.html
によると、Vistaの販売価格はギリギリなので、値上げしなきゃいけないかもという話です。Vistaは今のうちに買っておけという方向に持っていこうということかな?
ただ、たぶん、値上げしたくてもできないという事態に落ち着くかもとも思いますが。

ま、結局、導入時期は懐具合しだいになると思います。あぶく銭でも入ればすぐにでも、そうじゃなけりゃ当分は、という感じになるかと。

投稿: BUFF | 2007/02/01 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/13717517

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Vista:

« 現代視覚文化研究 | トップページ | 梅の花 »