« 忘年会とお墓参りと追悼展の日 | トップページ | オーブントースター »

2006/12/12

第悟回地下室「胎動畑」

 

12月10日の写真です。

061212_1061212_2左がもみじの綺麗な高乗寺(高尾霊園のお寺)さん。
右が12月10日昼下がりの寺山修司のお墓の風景。
今までは空いていた寺山修司の墓所の左側、新しいお墓ができていました。
なかなかにセンスのいい、きれいなお墓です。

(10日の続き)
わすれな草を辞去して京王久我山駅までバス。京王線で初台ドアーズへ。
母檸檬さんと三上寛さんご出演のストロベリーソングオーケストラさん企画
『第悟回地下室「胎動畑」』へ。

ご出演は
dryfishbutterfryさん、
母檸檬(http://hahalemon.com/)さん、
ストロベリーソングオーケストラ(http://www.bs-music.com/bs-music/ichigo/gakudan.htm)さん、
おじょう さん、
Jinmoさん、
そして、三上寛さん。

それから、展示等が
酒井龍芳さん(書)
奥村昭彦さん(写真)
東英司さん(絵画)
真央侑奈さん(占い)
劇団小川亭(まえげき・おがわてい)さん(劇)
でした。

久しぶりの初台。久しぶりのドアーズでした。

最初がdryfishbutterfryさん。
EG、EB、Dr、KeyBという編成のバンド。
インスツルメンタルでした。
静かに熱を帯びていく楽曲。

2番目が母檸檬さん。
今回、オープニングは花女さんと水子さんの旗踊り。
旭日旗を振る花女さん、なかなかにりりしくて決まってます。
またちょっと母檸檬さん、よくなった感じ。
前回のライブは行けなくて、間が開いてしまったせいもあるかもしれませんが。
しかし、だんだん花女さんの語りが凄みを増しておりますです。

3番目がストロベリーソングオーケストラさんでした。
大阪の方。今回初見です。お芝居と楽曲の融合スタイルみたい。

ステージの前、スクリーン、映像が映し出されて。
あれ、どっかで見たことあるって思ったら、寺山修司の実験映画『ローラ』みたいな映像でした。スクリーンから観客を挑発する女性たち。
で、『ローラ』だと偏陸さんにあたる方がスクリーンに飲み込まれ、舞台がスタート。
彼が迷い込んだのは、虚構の中を走る電車の中、という趣向です。

大所帯のバンド。三味線が入ってます。それと、パフォーマンス担当の方も入れ替わり立ち代り。
そう、テラヤマ系というか、寺山修司トリビュートバンドでした。

4番目がおじょう、さん。
Vo&KeyB、EG、EB、Dr、KeyBという編成のバンド。
Vo&KeyBの女性が真ん中。チャイナドレスに着物を幾重にも羽織った姿。
着物はだんだん脱ぎ捨てていって、最後はチャイナドレス姿になります。

楽曲は、そうですね、あたしの知ってる(そう広くない)範囲だと、椎名林檎っぽかったです。
椎名林檎は『無罪モラトリアム』とか『勝訴ストリップ』あたりしか知りませんが。

そして5番目がJinmoさん。EGソロの方。長髪、くるぶし丈の黒のロングコート。ゴス系のファッションになるのかなぁ。
得物のEGをノートPC(パワーブック?)につないで、うんと加工した音です。最初のほうの音はまるでオーケストラみたいな、ギターとはぜんぜん違う音。ギターは楽器というより、PCシンセサイザーのインプットデバイスです。
そのエレキギターもボディの極端に小さい、面白いモデルでした。

こちらもdryfishbutterfryさんみたいに、静かに、熱く、盛り上がっていく感じの演奏でした。

そしてトリが三上寛さん。
三上さんのライブもだいぶ間が開いてしまいましたが…。
ライブ定番曲、それから『レスボス』『1979』『BACHI』曲あたりを中心に。
『戦士の休息』はもちろん入っていました。
『crew』が久しぶりで嬉しかったです。
「誰もが風になりたがっていた…」
あたしも風になりたいです。

会場左右壁、入り口から下りていくところ、に、絵画や写真の展示がありました。
会場入り口脇のスペースに占いコーナー。
あたしも占ってもらいたかったけど…。
業績不振の中小企業のリーマン、これからの身の振り方など。

劇団小川亭さんは、ライブハウス後ろでメインステージの幕間にお芝居。
障子に映ったシルエットと役者さんの掛け合いという面白い趣向でした。

タイムテーブルを見ると10時前には終演しそうな感じでしたが…。
しかし、じっさいの終演は11時直前。
今回、大所帯で凝った舞台のバンドも多かったし、転換にだいぶ時間をとってました。
たぶん、主催者の側もそれには気がついていて、幕間にお芝居を入れたりしたのでしょうがでも、やっぱり転換に時間がかかるとダレます。ちゃっちゃとできるような体制を作って欲しいと思います。
お芝居コーナーも人通りとかでちょっと見辛い感じでしたし。
ここらへん、ひと工夫が必要かと。

いや、面白いライブでした。楽しかったです。
三上寛さんと母檸檬の対バン、母檸檬さんが現行メンバーになってから初めてだったそうで。私は何度か対バンしているような気持ちになってました。
またいつか対バンして欲しいものです。

こうして、ちょっと大変だったけど私の週末は終り。
そしてまたひとつ歳をとっちまいました。

実は先週後半あたりから、ちょっと熱っぽい感じがしていて。風邪を引きかけているのかなぁと感じていました。で、サプリメントなんかめったに買わないのですが、ビタミンCのサプリとか飲んでいました。
しかし、週末を過ぎてしまうと、あれはたぶん週末の色々を前にしての興奮状態じゃなかったんじゃないかと思います。
微熱中年…。

|

« 忘年会とお墓参りと追悼展の日 | トップページ | オーブントースター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/13026062

この記事へのトラックバック一覧です: 第悟回地下室「胎動畑」:

« 忘年会とお墓参りと追悼展の日 | トップページ | オーブントースター »