« 腦病院へまゐります | トップページ | バースディー・プレゼント »

2006/12/15

日比谷カタンさん@紅布

昨日は新宿redclothに日比谷カタンさんのライブを観に行きました。
ご出演は
ビーグルズさん
日比谷カタンさん、
タテタカコさん、
でした。

ビーグルズさんとタテタカコさんが、共同でスプリットアルバムをこしらえて、そのレコ発ツアーの最終日、ということだそうです。で、ビーグルズさんとタテタカコさんがご出演、そして日比谷さんがゲスト、という形。

新宿はあいにくの雨。
前みたいにredclothの階段を踏み外さないように気をつけて…。
開演10分前の到着でしたが、お客さんたくさんでした。

最初がビーグルズさん。ちなみにあたし、ビーグル犬は好きですが。いや…。
長野県は松本のバンドだそうです。
EG、EB、Drのオーソドックスな編成のロックバンドです。EBの方がヴォーカルというのが少し変わっているかな?
しかし、オーソドックスな編成のバンドの方が見る機会が少ないなぁ、あたしって。
なんていうのかなぁ、“真摯”という印象のステージでした。

2番目が日比谷カタンさん。
最初の曲が『蟲愛づる姫君たち』。そしてフィニッシュホールドクラスの名曲、『ヲマヂナイ』。これはアレンジが変わっていて、冒頭の一部、アカペラでした。それが詞の世界へのいい導入になって。『ヲマヂナイ』の詞も好きだから。いや、どこまで理解しているか判らないけど。「それで構わないなら このまま 飽きるまで 空虚なお付き合いしましょう 」とか、「妄想の覚醒に 是非とも あなたの稚拙な幻想は 反作用で必要なはず」なんて部分はギクリとします。ちなみに日比谷さんはご自身のサイトのこのコーナーで持ち歌の歌詞を公開されています。日比谷さんの演奏テクニックも凄腕ですが、詞の世界も素敵です。ご興味のある方はゼヒご一覧を。

『ヲマヂナイ』から長めの間奏のあと、『畸形認メ申ス』に行って、それから『ウスロヴノスチの切符切り』へと繋いで。

MCを挟んで『ヴィリジアンゼラニウム~少女緑化計画』。この曲は初めて聞きます。えぇと…。秋葉原のメイド喫茶でバイトしてる14歳の少女がこの世の裏を知り、世を儚んで樹海で自殺しようとするけど、森林浴で元気が出て自殺を思いとどまる、というような歌だそうですが…。時々キャピキャピ(死語ですスマヌ)なフレーズが飛び出します。

それから、『ヘテロのワルツ』、そして『対話の可能性』で〆。『ヘテロのワルツ』は日比谷さんの歌でいっとう好きな曲。『対話の可能性』は中間に『畸形認メ申ス』(いつもなら『ヲマヂナイ』に続いて演奏されるアレンジのもの)を挟んで。

日比谷さんのライブも1ヶ月以上間を挟んでしまって。久しぶりって感じです。
とても楽しみました。
(以上セットリストは私のあいまいな記憶によります。間違っていたらごめんなさい)

そしてトリがタテタカコさん。長野県は飯田で活動している方。ビーグルズさんとは長野繋がりだったんですね。長野、うむむ…、某ホラー作家の出身地でもありますし、長野はなかなかに深こうござんす。

タテタカコさんは女性ソロの電子ピアノ弾き語りでした。
滔々と流れるピアノの音、朗々と溢れる歌声。素敵でした。
やっぱりパワフルな女性ボーカルはいいです。
タテタカコさんの、曲に入る前のちょっとした準備運動みたいなしぐさ、不思議な感じがして可愛かったです。

パワフルなボーカルという事で、中ムラサトコ→さんを思い出しました。
中ムラサトコ→さんのライブも行ってないなぁ。聞きたいなぁ。

という訳で久しぶりの日比谷さんのライブを楽しんで帰宅。

日比谷さんの新アルバムは春前ぐらいだそうです。それまでは生きていなくては。たとい「歩くメタボリック・シンドローム」な我が身でも…。
んで、日比谷さんも持ち歌が増えてきたのだし、そろそろワンマンライブして欲しいなぁ、なんてね。

|

« 腦病院へまゐります | トップページ | バースディー・プレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/13072792

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷カタンさん@紅布:

« 腦病院へまゐります | トップページ | バースディー・プレゼント »