« 炬燵火入の儀 | トップページ | 『ふとっちょばい』のDVD-R »

2006/12/07

ココログメンテ

ココログ、過去最長となる約53時間のメンテナンスを実施
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/12/06/14156.html
だったそうで。やっと終ったみたいで。
今回はほぼ予定通りで良かったです。

…と思っていましたが。
http://info.cocolog-nifty.com/info/2006/12/127125127_114b.html

昨夜の負荷テストにて、負荷が高まりレスポンスが悪化するという現象が発生いたしました。当初は改善できる項目であると判断し、修正/検証作業を行いましたが、本日になっても原因の特定ができず、問題の解決には更に長時間を要すことが予想されたため、一旦メンテナンス前の状態に戻させていただき、12月7 日(木)15時にサービスを再開いたします。

駄目だこりゃ…。

今、ココログのほうとこちらのmixi日記のほうと、2つ日記をアップしているのですが。
何度か書いているように、ココログとmixi日記、ほぼ同一の文章を書いています。つうかコピペなんですが。若干の仕様違いの関係で少し文面を変えているくらい。

で、そのココログが月曜からメンテに入った訳なのですが。
最初は半日ぐらい、それが伸びて翌朝程度と思っていたのですが。思ったより長くて。
あまりメンテ告知など見てないのですが、改めて見てみると月曜の10時から木曜の3時まで、予定通りでも53時間とか。

まぁ、ユーザーの不興をかう、最悪ユーザー離れ覚悟でこれだけのメンテに入るのってのは、担当者の英断であろうと思います。ほんと、皮肉じゃなくてね。やるべき事はユーザーの不興をかってもやるって勇気は必要だと思います。

で、mixiの方だとタイミングよく、ブログ引っ越しソフトの紹介など出ていますが…。
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=127172&media_id=19
(mixi)
http://software.transdigital.co.jp/press/news2006/20061205blogcopy.htm
(メーカーニュースリリース)

しかし、Web2.0とか言っても、IT業界はカツカツなのかなぁと思います。IT企業としては老舗のNiftyにしても。
資金力さえあれば、新システムと旧システムを並存させて、ちょっと切り替え作業だけすればメンテもすぐ済むんじゃないかしら?

まぁ、Web2.0なんて言葉、IT山師が投資家サマの財布を開かせる呪文に過ぎないと思ってます。ネットテクノロジーの進歩は日進月歩だし、色々便利になってることは認めますが、それをもって、Web2.0というくくり方をするのはどうかなぁと思ってます。
「オ○ンコ」「キン○マ」と口にする方が、「Web2.0」と口にするより、恥ずかしさが少ないです。

まぁそういう耳障りのいい、凄そうな言葉を操って投資家から金を集め、上場という錬金術をやるってのがIT山師の常套手段で。で、数年前はネットバブルという現象が起きたのだけど。
まだ懲りてないのかしら?

|

« 炬燵火入の儀 | トップページ | 『ふとっちょばい』のDVD-R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/12959783

この記事へのトラックバック一覧です: ココログメンテ:

« 炬燵火入の儀 | トップページ | 『ふとっちょばい』のDVD-R »