« このミス | トップページ | 第悟回地下室「胎動畑」 »

2006/12/11

忘年会とお墓参りと追悼展の日

9日は月刊テラヤマ新聞◎私設掲示板の忘年会でした。
掲示板仲間のなつみさんのご尽力で、ほんと大勢来て頂けました。

テラヤマ新聞の稲葉さん、カネコさん。昭和精吾事務所の昭和精吾さんたち、先日『田園に死す』公演を終えたばかりのAPB-Tokyoの皆さん、母檸檬の花女さんなどなど。ほんと大盛会でありました。
ちなみに昭和精吾さんは寺山修司の劇団、演劇実験室◎天井棧敷のOBでいらっしゃいます。そして、あの、力石徹の葬儀で、弔辞を朗読された方であります。

いやほんと楽しくて。4時間超の盛会で、散会は11時を回った頃、終電に滑り込みセーフでありました。
なつみさん、皆さんどうもありがとうございました。

で、翌10日、寺山修司の誕生日、高尾霊園に寺山修司のお墓参りに行きました。
5月4日、寺山修司の命日。そのころの新緑の高尾霊園もきれいですが、今時分の高尾霊園も良いです。高乗寺さんの紅葉がきれいで。

墓参の皆さんと別れて、三鷹へ。

木村龍人形教室・いおぎい国天使商会の蓮子さんの追悼展へ。
9月に事故で亡くなられた蓮子さんの追悼展です。
蓮子さんとはあまり面識はなかったのですが…。

会場は「わすれな草」という喫茶店。お隣りが天使商会の教室でした。
天使商会さんの教室を、外からですが、初めて拝見しました。

展示されていたのはヲ人形、デッサン、そしてノートに細かい字で綴られた詩など。

紫の薔薇を口にくわえたヲ人形、目を見るとすっと持って行かれそうになりました。
ヲ人形に持って行かれそうになる経験は久しぶりです。
いや、どうせなら持って行って欲しいのですが…。重過ぎ?(爆)

アニメーション作品の準備中だったのでしょうか、紙人形。
舞台装置?のスケッチなどあったりして。
形にならなかったのが残念です。

蓮子さん、22歳だったとか。
あたしが22歳の頃…。

チンタラ学校へ行って、焼き鳥屋でオダを挙げ、ゲーセンにたれこめ、テレビを見ながらバカ笑いをする。そういった日々だったかと思い出します。そういった頃、蓮子さんは作品をたくさんこしらえていたのだなぁと思いました。

「時を待たずに死んだ人 時を待たずに死んだ人
南の島で眠りたかろうに 赤い着物で踊りたかろうに」
(三上寛『五百子先生と山羊』)

わすれな草を辞去し、初台へ…。

|

« このミス | トップページ | 第悟回地下室「胎動畑」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/13023832

この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会とお墓参りと追悼展の日:

« このミス | トップページ | 第悟回地下室「胎動畑」 »