« 廻天百眼『極楽鳥』×『変身前夜』 | トップページ | 『田園に死す』 »

2006/11/20

展覧会ふたつ

土日にひとつづつ、合計ふたつ展覧会に行ってきました。
土曜日はビックリハウスアゲイン仲間のるりらさんこと橋本尚美さんの展覧会。
日曜日は綺朔ちいこさんの展覧会でした。
橋本尚美さんのサイトはこちら
綺朔ちいこさんの作品紹介サイトはこちらで、日記はこちらです。

橋本尚美さんの個展、銀座の画廊。単発の作品と『カルメラさんの普通の一日』という連作。
作品、なんかスタンドランプをモチーフにしたのが多かったです。黄色を多用した、明るい感じの作品群。
『カルメラさんの普通の一日』。カルメラさんのちょっとふしぎな一日。

前にもちょっと思ったけど、橋本さんの作品が似合うような家で橋本さんの絵を飾って暮らすのはとてもいいだろうなと思います。日光のさんさんとあたる明るい家。

綺朔ちいこさんの個展は谷中の団子坂にある『乱歩』という喫茶店。たぶん、乱歩ファン、ミステリファンにはおなじみの場所なんでしょう、江戸川乱歩の大ファンという方の喫茶店。私は初めての場所でした。
本や仮面とかのガジェットに埋め尽くされた店内。その店内のあちこちに綺朔さんの絵が飾られていて。

綺朔さんの描く少女達、世界観、色遣い、好きです。
少女達、ちょっと釣り上がった、大きな目をした少女達。その、ふしぎな、乙女ならざる私にはふしぎとしかいえないんですが、その、ふしぎな表情、好きです。何か惹かれます。
彼女達を取り巻く小物達。今回は、『乱歩』という事で、新作は『乱歩』の店内風なモチーフも描かれていました。
そして少しセピアがかった色遣い、好きです。

綺朔さんと知り合ったのは母檸檬の花女さんからだったか、あるいはテラヤマ系のイベントだったか。綺朔さんはメディカルイラストレーターもなさっていて、幻想の少女解剖図とか、印象的でした。女の子の中に詰まっているもの。

綺朔さんとちょっとお話して。そうか、それで綺朔さんの世界が好きになったのかという事がちょっと解ったような気がします。
綺朔さんの作品、もっともっと拝見したいです。

という訳で、土日の展覧会の話。日曜日についてはもっと書かないと。

|

« 廻天百眼『極楽鳥』×『変身前夜』 | トップページ | 『田園に死す』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/12751973

この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会ふたつ:

« 廻天百眼『極楽鳥』×『変身前夜』 | トップページ | 『田園に死す』 »