« 死は隣にあって | トップページ | M/世界の、憂鬱な先端 »

2006/11/29

新宿 LOVER MAN 落語会

昨日は新宿のライブハウス・ウルガへ。
柳家獅堂さんのイベントを観に。題して『新宿 LOVER MAN 落語会』とか。

ウルガには何度かライブを聴きに行ってます。母檸檬さんとか。ウルガさんはどっちかというと轟音系のライブハウスだと思います。帰る時には耳がつーんとしているような。
しかし、落語関係とも接点もあるというのが驚きです。こうやってライブハウスで落語会というのが普及するといいと思います。ライブハウスはたくさんあるから、色々できるんじゃないかしら。キャパもホールとかより小さい分、色々できると思うし。
まぁしかし、昔はライブハウスのある如く街々に寄席があったのでしょうね。

ご出演は
柳家獅堂さん、
柳家こみち さん、
柳家ごん坊さん、
ガッポリ建設さん、
そして、スペシャルゲストがプロレスラーのアレクサンダー大塚さんでした。

開口一番が柳家ごん坊さん。お題は『牛ほめ』かなぁ。与太郎がおじさんの新築の家に行って家を褒めようとするお話し。

柳家こみちさんは女流の落語家さん。お題はなんていうのか解らないんだけど。幇間の家に住み付いてる蚤の子供がその幇間のお座敷についていってしまうと。そこで見つかって、捻り潰されそうになるんだけど。その蚤は幇間がいつも家で稽古している「かっぽれ」を見て憶えていて。その「かっぽれ」を踊るんで見逃してくださいと蚤が頼むという趣向のお話し。
蚤と人間で会話してしまうというのがちょいとシュールでおかしみのある話でした。

たぶん、話のヤマは落語家さんがそのカッポレを踊るところにあるんだろうけど。ここんところを柳家こみちさんはカンツォーネを歌うというのにアレンジしています。これは獅堂さんのスタイルに合わせた趣向のようです。

しかし、こみちさん、まくらで「萌え落語」というのをなさっていましたが…。あれじゃあ「ぶりっ子落語」であります。“萌え”とは違うよぉ…。ま、あたしも“萌え”をどれだけ理解しているかは判りませんが…。

女流落語家さんも拝見するのは三人目です。三遊亭歌る多さん、川柳つくしさん、そして柳家こみちさん。
こみちさんのお召し物は女物の着物でした。つくしさんは袴姿。歌る多さんはどうだったかなぁ…。ここらへんの違いも面白いです。

柳家獅堂さん。風太郎さんから真打昇進されて獅堂さんとなってから舞台を拝見するのは2度目。最初は浅草演芸ホールでの真打昇進お披露目の寄席でした。
今回、獅堂さんのお着物はお獅子が大書された柄。『新宿ゴールデンガイ』のクマのぬいぐるみ柄も素敵でしたが。

ネタはその寄席の時と同じ、木の精たちの会話という趣向のお話でした。またまた多段オチ。
まぁしかし獅堂さんの落語って、フリージャズみたいです。

ガッポリ建設さんはおふたりのコンビ。
えぇと…。おふたりでお笑いとなると漫才になるのでしょうか、それともふたりでコントユニットというのもありえるのかなぁ。ここらへんちょっと難しいね。ボケと突っ込みという要素がなければコントになるのかなぁ。

アレクサンダー大塚さんを迎えてのガッポリ建設のお二人と柳家獅堂さんの4人のトークショー。
アレクサンダー大塚さん。愛嬌のある、優しい感じの方。もちろん体は鍛えぬかれて筋骨逞しく。カッコ良い方です、ああいう風情でありたいと思う方です。
バトラーというプロレス団体に所属していらっしゃるとか。ただ、ほんと格闘技には疎いので…。

会場が少人数のライブハウスということ、お客さんが身内系メインだったせいか、今回、ネタというよりもトークショー、フリートークの部分が多いイベントでした。あたしとしてはもうちょっとネタ多目の方が嬉しかったのですが。

しかし、かわなか先生からのご縁で、三遊亭あし歌さん、柳家獅堂さんという、ふたりの落語家さんに出会って。
あし歌さんは古典派、獅堂さんは新作、というより前衛派。対照的です。やっぱりそこらへんが、かわなか先生の懐の深さなのでしょうか。

ほんと、楽しまさせて頂いてます。

|

« 死は隣にあって | トップページ | M/世界の、憂鬱な先端 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/12864626

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿 LOVER MAN 落語会:

« 死は隣にあって | トップページ | M/世界の、憂鬱な先端 »