« Battlefield Vietnam | トップページ | mixi1年 »

2006/10/06

ライオン丸G

この前の日曜の深夜から始まった特撮物、『ライオン丸G』を昨日見ました。
ライオン丸Gの公式サイトは
http://www.starchild.co.jp/special/lion-marug/
です。

『怪傑ライオン丸』『風雲ライオン丸』は毎週楽しみに見てました。もうどんなお話だったかも憶えてないのですが…。
昔のアニメとか特撮物のサイトで、お話しとかも詳しく書いてあるのがたくさんあります。そういう人たちの記憶力、ほんとうに凄いなぁと思っています。

私の憶えてるのは主題歌の断片くらい、そして、ライオン丸の敵役、タイガージョー役の役者さんが事故で亡くなって、そのことにずいぶんショックを受けた事ぐらいです。ブラウン管の向うで親しんでいた方が亡くなった記憶は、これが初めてでした。
新聞の三面、下のほうに小さく記事が載っていたのは憶えています。確か「タイガージョー、死す」とかいうタイトルだったと記憶していますが。ロケのあと、酔っ払って旅館の大浴場で足を滑らせて、ガラス戸に突っ込んで大怪我して、出血多量でお亡くなりになったと記憶しています。なんか、そういう事の方しか憶えてないね、私って。

で、今回のリメイク。う~ん、私は基本的にリメイク物はあまり好きじゃないです。全面的に嫌いじゃなくて、ついつい見てしまったりしますが。でも、そのついついにちょっと忸怩たる思いを抱きます。
先日、テレビで『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』がありましたが、あの作品に込められた物が私の言いたい事ぴったり言い当てているような気がします。

しかし、ヲタク系サイトで平成ライダーの放送期間が昭和ライダーを超えたとかいう話を読むと、一種の感慨を感じます。

いや、閑話休題。
(以下ネタバレありにつき)

で、『ライオン丸G』。いや、一見してひっくり返りました。

旧作は時代劇仕立てだったんですが、新作は近未来、といっても現代の延長、現代よりも人心が荒廃しているくらいの変化。舞台はネオ歌舞伎町。といっても現代の歌舞伎町と変りません。で、歌舞伎町ロケだから見覚えのある場所がたくさん出てきます。ゴールデン街も出てくるのですが、深夜+1の看板はどうも見つかりませんでした。

で、獅子丸(変身前のライオン丸)はなんとネオ歌舞伎町のホスト。軽佻浮薄タイプ。お店では営業成績最下位。で、ヒロインはキャバクラのお姐さん。獅子丸をライオン丸に目覚めさせる老師は浮浪者。ほんと、ひっくり返りました。

ただ、オープニングは旧・ライオン丸の映像が出てきますし、主題歌も旧作のカヴァーverです。旧作をリスペクトしつつ、思いっきり換骨奪胎というスタンスかと理解します。作品のコアは残しつつ、道具立てをまったく変えるというスタイルでいくのなら、「お手並み拝見」と思います。

着ぐるみはスマートでかっちょいいです。ここら辺の素材や加工の技術の向上が、旧作に比べていちばん進歩した部分かもしれません。
それとCGIですね。CGIのおかげで深夜枠でもこういう特撮ものができるようになったかと思います。なかなかにかっちょいいです。

『ライオン丸G』、継続視聴しようと思います。「お手並み拝見」という部分も含めて。
そう言えば、同じ特撮物の『餓狼』も録画してDVDに焼いてあるんだっけ。第1話も見てないのだけど。あっちも早く見なきゃいけないです。

|

« Battlefield Vietnam | トップページ | mixi1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/12169923

この記事へのトラックバック一覧です: ライオン丸G:

« Battlefield Vietnam | トップページ | mixi1年 »