« 晦日 | トップページ | 死体とご遺体 »

2006/09/01

エアガンを買いました

脇でギターも買っちゃいましたが、もともとヤフーオークションで探していたのは東京マルイのCAR-15という電動エアガンでした。

ベトナム戦争当時、米軍はM-16という小銃を使っていました。『ゴルゴ13』でゴルゴの愛銃として出てくる品物ですね。ほんとうはM-16は狙撃銃とは正反対の品物なんですが。
CAR-15は、通信兵や車両部隊の兵士、そして特殊部隊の兵士用に、そのM-16の全長を短くして、取り回しが楽なように開発された銃のひとつです。CAR-15はその短縮型M-16シリーズの最初期の品物にあたります。

大学に入って家を出て下宿暮らしを始めて。プラモデル作りは諦めました。置き場所の問題もあるし、接着剤や塗料とかのシンナーの臭いをプンプンさせるプラモデル作りは狭い下宿だと近所迷惑になると思ったからです。
それで始めたのが軍装品とモデルガンのコレクションでした。もともと戦車のプラモデルとか作るのが好きだったし。

軍装品コレクションはベトナム戦争ものが中心でした。ベトナム戦争。ベトナム戦争反対運動も含めて、社会的にも大きな影響がありましたし。やっぱり子供心に強烈な記憶がありました。それでまぁ昭和40年代は強烈な印象があって。だから昭和40年代風バンドとかにも興味を持つのかと思います。

ベトナム戦争に従軍したアメリカ兵たち。物資だけは豊かだけど、母国では反戦運動渦巻き、孤独を感じながら、己の正義も信じられず、命のやり取りをしなければいけない過酷な状況に叩き込まれた人たち。シンパシーを感じます。

兵士にとって母国の人たちの応援、そして、“正義“の名の下に自らの行為が認められているという認識は大切なもの。もし、それを失えば、彼らは単に地獄に叩き込まれ、殺人鬼と化しなければ生きていけない事になりますもの。そういうのになぜかシンパシーを覚えるのですが。

で、米軍のベトナム軍装品、そして当時使われた銃のモデルガン、基本的なアイテムで、自分の懐具合で揃えられる範囲の品物は大体揃いました。まぁ、私がコレクションを始めた頃はベトナムものもまだまだあったし、比較的安かったですから。たとえば第2次世界大戦中のドイツ軍ものとか、レプリカであっても結構しますし。

パソコンを始めて軍装品とかモデルガン関係のコレクションからは離れました。色々できるほど懐具合も暖かくないし。
それから東京マルイからCAR-15が出ました。CAR-15自体ドマイナーな銃で、ほとんどトイガン化される事はなかったのですが。
CAR-15は好きな銃だったので、欲しかったのだけど。万年金欠で見逃しつついると、いつの間にかCAR-15は絶版になっていました。

どうもM-16系のベトナム戦争ものの銃はほとんど絶版にされたみたい。軍装品屋をたまに覗きますが、やっぱりベトナム物はだいぶ姿を消しています。ほんと、ベトナムも遠くになりにけり、ですな。と思ってると、どうもアメリカ我執国もベトナム戦争の教訓を忘れてイラク戦争にどっぷりはまっているし。どうせベトナム戦争と同じくイイ加減に手を引いて、戦争をイラク人に押し付けて、イラクの人たちはひどい目に遭い続け、そして混沌の中、イラクは反米政権に奪取されるのでしょうが。しかし東南アジアの小国ならシャレになるけど、油田地帯のど真ん中の産油国だとシャレにならないと思いますがね。

いや、閑話休題。

で、ヤフオクを時々覗いたりしてCAR-15の出品を探していました。
それで先日それを見つけ、値付けも手ごろだし、入札してみました。

その出品者の方のほかの出品も見てみようと思って、もしかしたらミリタリーの掘り出し物があるかもしれないと思って。前にも書いたけど、どうやらその出品者の方は質屋系の業者さんらしくて。で、先日紹介したギターを見つけて落札した次第。

しかし、このCAR-15につけてあるキャプションもそこそこ知識のある方のような感じがしますし。ギターのキャプションもそこそこツボを押さえてあるような感じですし。どういう方なのでしょう。質屋さんとして必要なジャンルの知識を幅広くもっていらっしゃる方か、それともたまたまギターと銃に強い方なのか、それともそれぞれのジャンルに詳しい店員さんがいらっしゃるのか、社外ブレーンがいらっしゃるのか。ちょっと不思議です。

060901 さて、これが届いたCAR-15とほかの私のM-16系トイガンのコレクションです。
真ん中が今回落札したCAR-15、左がフルサイズのM-16A1(MGC製モデルガン-銃身が折れたのを繋いだのでちょっと曲がっています)、そして右がベトナム戦争当時に使われたM-16短縮型としては最終型になるXM-177E2(マルシン製モデルガン)です。CAR-15とXM-177E2の肩当ては縮めた状態、撃つ時は少し伸ばしてM-16の肩当てと同じくらいの長さになります。

このM-16をそのまま短くしたようなフォルムはCAR-15独特のもの。それが好きです。ただ、CAR-15の肩当ての伸縮メカニズムは泥とか埃とかが詰まりやすかったそうで、それでXM-177タイプの肩当てになったそうです。このタイプの肩当ては改良されつつ現用のM-16A2短縮型にまで受け継がれています。

コンディションは良好です。少し擦れたようなところがありますが、ほとんど新品同様です。少し遊んだけど、サバイバルゲームとかには使ってない感じです。
バッテリーは東京マルイ純正品ではないのが付属していました。最近は純正より安くて高性能なバッテリがたくさんあるみたいですね。説明書は付属していませんでしたが。東京マルイのM-16系の電動エアガンは扱ってきたのでそう問題はないかと。破損してパーツ注文の時は困りますが、だいたいもう絶版品みたいだし、パーツがあるかどうか…。

で、試射。バッテリに充電して、マガジンにBB弾をこめます。いや、充電器とBB弾を探すのが大騒ぎでしたが。引越し荷物、手当たり次第に梱包するのはあとで苦労します。
で、試射、なんか変です。まともに弾が出ません。こりゃ壊れてるかなと一瞬あせりました。

ちょっと落ち着いて。オイル切れかもしれないと思い、オイルを探したんですが、見当たりません。オイルが見当たらないので、翌日オイルを買いにショップへ行きました。で、給弾口からオイルをさして。それで再び試射。今度は大丈夫っぽいです。

オイル切れでこれだけ調子が悪くなるんだとちょっと驚きました。自分のエアガンはオイルはこまめにさしているほうでしたし、かえってさしすぎと言われたりしてましたから。やっぱり他人の手元にあった品物なんだなぁと思いました。

しかし、前のオーナーさんが、オイルが切れたと判らずに故障したと思って、この品物を質屋さんに売り払ったのなら、ちょっと残念な話であります。

しかしやっぱり新しいエアガンを買ったとなるとまたサバイバルゲームに行きたいですが。でも、昔の仲間と今はほとんど行き来がありません。

|

« 晦日 | トップページ | 死体とご遺体 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/11682572

この記事へのトラックバック一覧です: エアガンを買いました:

« 晦日 | トップページ | 死体とご遺体 »