« かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 | トップページ | 日本プラモデル興亡史 »

2006/08/29

ギターを買いました

引越しの時、ギターが無くなったんですが。
あのあと、引越屋さんから少しお詫びのお金を頂きました。ほんとに引越屋さんのせいなのか、いまだに判らないのですが。
それと別件であぶく銭が入って、ギターを買いなおそうかなと思いました。

しかし、どのギターが良いかよく判らなくて。
三上寛さんがお使いだからグレッチにしたいのですが。目利きができないからブランドで選ぶしかないし。でも、グレッチのメインストリームモデルだと大体20万以上します。エントリーモデルもあるけど、3万台半ばから、これがいいかなと思ったモデルだと5万します。
失くしたギターを買ったときみたいに、2万円くらいでグレッチブランドがあったのは奇跡だったんでしょうか。

それに、またギターを触るようになるかわからないもの。
弾けるようになりたいという気持ちはありますが…。あまり高いのを買える経済状態じゃないし。高いの買いました、弾けませんでした、オシマイ、というのではシャレになりませんですし。
そういう感じでいました。

実は、ちょっと探しているトイガンがあります。もう絶版品なのですが。
で、ヤフーオークションをときどき覗いて探していたりしてます。
久しぶりにその品物の出品を見つけました。
で、まぁ、そこそこ安いっぽいし、入札しようかなと思いました。

その出品者、ほかにどのような品物を出しているか見ようと思って。
どうもその方、質屋系の業者さんらしいです。で、何でもあり、しかも山ほどというような出品でした。
で、その出品の中に、ギターを見つけました。
なかなか良さげだし、値段的にもこのくらいなら良いかなぁという感じです。
ただ、私はギターの目利きなどできないんで、ちょっと迷ったんですが。

質屋さんやリサイクルショップの店先でギターを見かけることはよくあります。ただ、質屋さんがどれほど楽器について詳しいか。プロとして値踏みはできるのでしょうが。でも、たとえば、コンディションに関しての知識はあるのかとか、保存方法とかきちんとしてるのかとか、ほんと、それはどの程度なのでしょう。どうもそういった質屋さんとかリサイクルショップのギターを見ると、埃まみれでほっぽりだしてるようなのがよくありますし。
そして私は目利きができないし。だったらやっぱり少々高くてもきちんとした中古楽器屋さんで買ったほうがいいかなと思っています。

まぁしかし、出品者の紹介文を見ると知識のある方のようです。ある程度のメンテナンスもしているようですし。で、入札してみることにしました。
無事落札して、品物が届きました。

060829 これがそのギターです。レスポールタイプ。レスポールぐらいなら私でも知ってます。フェンダーのストラトキャスター、テレキャスターとか、ギブソンのレスポールとか、オリジナルも他社メーカーのタイプ品もライブでもよく見かけます。昔、文庫本のレスポールの本をなぜか買ったことがあります。

メーカーはヤフオクの紹介文によるとAriaProⅡとかいうみたいです。ヘッドにAriaProⅡというロゴが入っています。で、トラストロッドカバーにCustomという文字が入っていますが、スタンダードモデルのカスタム品なのでしょうか?
はっきり言って詳しい事はわかりません。ざっと眺めても型番とか入ってないみたいですし。分解したらどこかに入ってるかもしれませんが。
紹介文によると70年代初頭の品という話ですが。だとすると30年位前のモデルですね。

花村萬月さんの小説とかエッセイを時々読みます。花村萬月さんはギターとかのブローカーをなさっていた時期があるみたいで、ギターとかの薀蓄が小説とかエッセイにちりばめられていて、それも面白いです。
で、その薀蓄のひとつに、古いピックアップは使われている磁性体の経年変化で音が枯れて丸くなっている、というのがあります。このギターのピックアップも枯れているのでしょうか。

オークションの紹介文によると、オリジナルとの違いは、ピックガードとボリューム類のつまみが交換されているらしい事と、それからピックアップカバーが外されているらしいという事。

コンディションは良いかと思います。傷はボディー裏面に擦り傷(バックル傷とか言うそうです)、あと、ボディとネックに数ヶ所傷がありますが、大きな傷、演奏に差し支えそうな傷はないみたい。ボディの傷は演奏中にストラップが外れて落ちたような感じです。

仕上げはクリアのようなものが塗られています。ネックはセットネックとか。セットネックってのはボディとネックを接着剤で繋いだものとか。私の前の安グレッチはネックがボディにボルト留めでしたが、それより上のつくりだそうです。

ヘッドとか指板の象嵌細工とか、結構高級っぽく見えるのですが、もともとどの位のグレードだったんでしょうか?高級品だったのかなぁ、「豚に真珠」という言葉が頭をよぎります。

つまみが4つ、トグルスイッチが1つついてます。
オリジナルのレスポールだとつまみはフロントとリアのピックアップ用のボリュームとトーンが1組づつ。で、計4個。トグルスイッチは3ポジションで、フロントピックアップのみ、フロント&リアピックアップ、リアピックアップのみと切り替えられるという仕様のようですが。ただ、そう考えるとちょっと挙動が変に思われる部分もあり、です。

ま、鳴ります。それは問題ないです。音とかはオリジナルのレスポールと比べてどうか判らないけど。まだ耳が治ってないし。
練習用としてはこれで充分、かなぁ。

前のオーナーさんにこのギターはどう扱われていたのでしょうか。
少なくとも弾ける方だったのでしょうね、もちろん。
やっぱりロックなのかなぁ。スタンダードなロックだったんでしょうか。パンクとかだったんでしょうか。パンクにしては傷みが少ないと思うけど。それともジャズとか。

なぜ手放してしまったんでしょうか。プロを目指して諦めて、か。もう若くはないと音楽をやめちゃったのか。それとももっといいギターを手に入れて手放したのか。
いい別れであった事を祈ります。

しかし、買った以上今度はきっちり練習しないとあかんね。
あと、傷もできたら修理するか目立たなくしてやりたいです。

ネットで修理方法を紹介しているところがあるかなぁ。あと、知り合いのバンドの人に聞いてみようと思います。いや、ほんと一度知り合いのバンドの方の見て貰えたらと思っているんですが。

|

« かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 | トップページ | 日本プラモデル興亡史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/11644567

この記事へのトラックバック一覧です: ギターを買いました:

« かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 | トップページ | 日本プラモデル興亡史 »