« 嫌な動き | トップページ | かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 »

2006/08/28

母檸檬さんレコ発!

25日、金曜日は渋谷屋根裏へ母檸檬さんのレコ発ライブに行ってきました。

ご出演は
廻天百眼さん、
ゾンビロリータさん、
双葉双一さん、
母檸檬さん、
黒色すみれさん、
でした。

日比谷カタンさん、VEXATIONさん、レコ発ライブに行った事があります。
レコ発ライブはいいものです。おめでたいです。

母檸檬さん。日記を紐解くと最初に母檸檬さんのライブに行ったのは2003年3月24日。無力無善寺でのライブでありました。
それ以前に無力無善寺で三上寛さんのライブを観た時に、母檸檬の御手洗水子さんが共演でした。で、それで興味を持って、母檸檬さんのライブに行った次第。

そのライブで寺山修司の『書を捨てよ町へ出よう』の挿入歌、曲名は判らないのですが、「私が娼婦になったら…」という曲をカバーしたのを聴きました。あの曲、好きでしたから、びっくりしました。それから母檸檬さんのライブに行くようになりました。

ただ、ライブに通い始めてからぼつぼつとメンバーが抜けていって。活動休止してしまうかなぁとか心配していたのだけど。でも、新規メンバー参入して。ほっと胸をなでおろして。

そしてファーストアルバムリリース。レコ発ライブであります。
BUFFメ踊ることはねること。

ライブ開始は6時半から。6時半渋谷はちょっときついです。案の定、6時半少し回って屋根裏着。廻天百眼さんのライブ中でした。

廻天百眼さん、石井飛鳥さん率いるお芝居とかパフォーマンスのユニットです。
今回はライブバンドで。ヴォーカルは月蝕歌劇団でもご活躍中の大島朋恵さんでした。
最初から観られなかったのが残念です。

お次がゾンビロリータさん。
ゾンビロリータさんはおにゃん子クラブとか制服向上委員会みたいな女の子グループです。ゾンロリさんのライブは数回拝見していますが、いろいろな展開形態があるみたいですが。大勢でレビューみたいにとか、数人固定で普通のバンドみたいにとか。今回は数人づつ入れ替わり立ち代りでというスタイルみたいでした。

3番目が双葉双一さん。今回ソロは双葉さんだけ。双葉さんも日比谷カタンさんの胎盤とかで数回拝見しています。
ステージに立った双葉さん、だいぶイメージが変わっていました。長い髪を後ろでまとめて。
ちょっとびっくりしました。

4番目が母檸檬さんでした。
今回、母檸檬さんはいつも以上にすばらしいステージでしたよ。
あたしも片輪、たぶんドテカボチャか何かの片輪。相方はいませんがね。

トリが黒色すみれさん。
黒色すみれさんも何度かステージを拝見しています。素敵です。
今回、母檸檬さんと黒色すみれさんの対バン、ちょっとびっくりしたのですが。
でも、乙女系、少女系ということにおいては互いに引けをとらないバンドであります。

ラストから2番目曲は、黒色すみれさんのテーマ曲でありましょうか。
あれほど、かっちょ良くて、威勢が良くて、そしてかわいらしい曲、私は他に知りません。

ライブの後、ちょっとだけ打ち上げにも混ぜてもらいました。
終電が気になって中座してしまいましたが。
引っ越し後、終電の時間をチェックしてなかったんですが、ぎりぎり終電で帰れました。

ああほんたうに、楽しいラヰブ、楽しい一夜でありました。

0660828 そしてこれが母檸檬初アルバム『愛孕哀歌』であります。
ジャケットイラストは市場大介さんという方。そして、本でいえば腰巻なんでしょうか、それをなんと!三上寛さんがお書きになっています。

今までもライブ音源とかライブビデオとか、母檸檬さんの手作り、手売りの物はあったのですが。これはプレスCDです。若者レコードというレーベルで流通にも乗ります。日本中、いや、世界中の人に買って欲しいです。

私は耳が悪くて。だから、ライブの時は歌詞がほとんど聞き取れません。だから、こうしてCDで歌詞カード片手にじっくり歌詞を味わいながら聴き込めるというのは本当にありがたいです。
まだあまり聴いてませんが、「あ、ここはこういう詞なんだ!」とびっくり再発見をしつつ聴いています。

最後のなりましたが、母檸檬さん、本当にアルバム発売おめでとうございます。

|

« 嫌な動き | トップページ | かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/11632273

この記事へのトラックバック一覧です: 母檸檬さんレコ発!:

« 嫌な動き | トップページ | かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会 »