« 人生はデーヤモンド | トップページ | 引越し話その5~PCパーツを捨てる~ »

2006/07/14

寺山修司という世界

昨日は芝居屋・羊のしっぽ公演『寺山修司という世界』を観てきました。
寺山修司物、そして三上寛さんご出演ということで。

(私、天井桟敷のお芝居は見た事がありません。天井桟敷の衣鉢を継ぐ、万有引力のお芝居は見てます。でも、他の桟敷系のお芝居はあまり見た事がありません。だから、どうしても万有引力のお芝居との比較になってしまいます点にご注意)

会場は神楽坂シアターIWATO。スタジオ形式のコヤみたいです。
ステージはメインステージに一段高くなったステージ、ベランダみたいになってるステージ、いくつかしつらえてあります。万有とかでお馴染み、たぶん、天井桟敷と同じ形式。ステージの隙間に客席がしつらえられているような感じでした。
壁面にはいくつかの柱時計と風車、天井からは藁人形がぶら下がっています。

これも万有のお芝居で見慣れた風景ですが、客入れの時、もうすでに役者さんたちが舞台上でうごめいています。

7時、拍子木が打たれ、開演。
(以下ネタばれゾーンにつき)

お芝居の内容は、寺山芝居の一部とか、詩の詠唱とか、断片的なイメージを見せていく形式です。私が判っただけでも、『毛皮のマリー』『犬神』『田園に死す』あたりから採られている部分がありました。

これも万有とかで見慣れていますが、普通のお芝居に慣れたお客さんはどうだったかなぁ。
ただ、話によると現在のようなストーリーを見せるお芝居というのは近代に入ってからのもの、ということですが。いや、お芝居にはそう詳しくはないのですが。

ストーリーベースのお芝居なら、それに基づいて構成を決められますが。こういう断片の積み重ねだと、構成の呼吸というのがたぶん、とても難しくなると思います。そして、ストーリー型のお芝居なら、主人公、あるいは特定の登場人物に視点を置いて観客は見られますが、そういうのもできなくなるし、そういった部分でも難しくなるのではと思います。

私だったら、そうですね。テラヤマワールドに迷い込んだ少年の物語とするか、それても寺山修司役の役者さんを置いて、彼の語りをベースにするか。

役者さんたち。若手が中心で、それからお歳を召した方が何人かご出演という形です。
劇団員さんなのか、客演かはわかりませんが。オリジナルメンバーでいらっしゃるとすると、かなり年齢層に幅のある劇団って、よほどの大手じゃないと珍しいんじゃないかしら。
お歳を召した方々は、天井桟敷に在籍していらしたとしてもおかしくないくらいのお年です。

三上寛さん。まず、語り。あの、下北半島はマサカリの形…、というの。あと、カラスをアコギで。三上さんのアコギを聞くのは第1回か第2回のテラヤマバスツアー以来のような気がします。その、アコギの音が震えるほどに絶妙でありました。それからあとも三上さん、チョコチョコとご出演。顔見せくらいのご出演かなぁと思っていたので嬉しかったです。

今回、万有と同じく、闇を効果的に使った演出、いい感じでした。
もっと闇を!であります。

お芝居の終わらせ方も、万有式、たぶん桟敷式の、役者さんがはけてから客電が点いて、ややあってお芝居が終わった事を知る、という感じ。舞台の構造上、緞帳を降ろしたりはできませんし、カーテンコールもありません。

今回、ちょっと客筋が悪うござんした。公演中にぼそぼそ私語をしたり。
身内でカラオケボックスに行ってるんじゃないんだよぉ。

作者の方の、寺山修司への想い、オマージュ、受け取りました。

ところで、あのハプニングはほんとの事だったのでしょうか?お芝居だったのでしょうか?
いや、あれぐらいやってくれるなら、観客としても日本刀持って来るぐらいの事はするべきだったかなぁとか。邪宗門みたいに。

|

« 人生はデーヤモンド | トップページ | 引越し話その5~PCパーツを捨てる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10930683

この記事へのトラックバック一覧です: 寺山修司という世界:

« 人生はデーヤモンド | トップページ | 引越し話その5~PCパーツを捨てる~ »