« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006/07/31

文化的生活

日曜日には洗濯機と電子レンジが届きました。
これで引っ越し関係の騒ぎも一区切り、かなぁ。

電子レンジ。20年くらいの作品でしょうか、村上たかしの『ナマケモノが見てた』というマンガに「うちは電子レンジを買う踏ん切りがつかないほどのビンボーなのよ」という台詞がありました。そのビミョーな貧乏に笑いました。

親戚が電子レンジを買ったというので家族で見に行った事があります(笑)。サツマイモをふかしイモにして感激しました。あの頃の、昭和40年代の、テクノロジーが人を幸せにすると無邪気に信じていられた頃の話です。

ま、今時だったら、電子レンジなんて安いのを探せば1万円でおつりが来ますし、そう無理せずに買える代物ですが。欲しかったのだけど。ただ、四畳半一間では置き場所がありませんでした。引越しでこの度やっと買える事になった次第。

続きを読む "文化的生活"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会第2回

土曜日は南阿佐ヶ谷のギャラリー・煌翔へ。かわなかのぶひろ&萩原朔美、月例上映会の2回目。

上映作品は
映像書簡2(1980 かわなかのぶひろ&萩原朔美)
paper weight(山本圭太)
徒波に独り(木村和代)
風は木を忘れる(萩原朔美)
酒場#2ホワイト(かわなかのぶひろ)
でした。

続きを読む "かわなかのぶひろ&萩原朔美 月例上映会第2回"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/29

寺山修司と実験演劇

昨日は江古田ストアハウスへ。
九條今日子さんを迎えてのトークショー、『寺山修司と実験演劇』を観に。
実は先日、洞窟曼荼羅さんの公演をストアハウスに観に行ったのですが。この催しの告知が掲示板にあって、観に行く事にした次第。これも何かの不思議なご縁でしょうか。

道すがら日刊ゲンダイを購入。「人生万才」のコーナー。新宿ゴールデン街のニューウェーブ系の酒場紹介の小特集がありました。黒色すみれさんのお店の紹介があってびっくり。さちさんの写真が出てました。
宝探しはちょっと見当もつかないし、今日はとても動けないなぁ。

開演ぎりぎりにストアハウス着。前回、初めて来た時は入り口とか分からなくてちょっと迷ったのですが、今回は迷わず。

続きを読む "寺山修司と実験演劇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/28

ギター紛失

引っ越しして数日たって、ギターがなくなってるのに気がつきました。
バーゲン品で2万ちょっとくらいの品物だったのだけど。

ギターが無くなったの、自分でもちょっと信じられないのだけど。

ギターは専用のソフトバッグに入れて荷物置き場に使わせてもらっていた場所に置いたのを記憶しています。住んでいた部屋と荷物置き場にしていた場所は空っぽにしたのを大家さんと確認しています。
ゴミに出した記憶はありません。小さな荷物なら、他の梱包に混じるか、間違えてゴミに出すって可能性もありますが。

引っ越し屋さんに問い合わせました。向こうも心当たりがないとの事。ゴミ出しサービスも頼んでおけば、そっちに紛れた可能性もあるかもしれませんが、それも頼んでないし。
考えられるパターンとしては、引っ越し屋さんがいったん外に持ち出してから、脇に置いたのを積み忘れたか。

盗難はありえるか?ちょうど私や引っ越し屋さんが目を離したスキに盗られたっての、ありえるかなぁ。引っ越し泥棒ってのはありえると思うけど。引っ越しのどさくさに紛れて金目の荷物を盗んでいくの。
ま、ソフトケースに入ったギターってのはひと目で判るし、いい品物に当たれば中古楽器屋にそこそこの値で売れるし。しかし、ギター抱えて逃げ出せるかという問題があるけど。車の荷台に放り込んだり、自転車とかで素早くその場を立ち去るようにすれば。

あるいはトラックの荷台から落ちたか。トラックの荷台は幌で、荷台がアルミ箱になってるトラックみたいに完全には密閉されてないから、隙間から荷物が落ちる可能性はありそうなんだけど。満載だったみたいだし。ただ、そんなにそういう可能性もありえないしなぁ。

続きを読む "ギター紛失"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/27

お洗濯

引っ越し先には洗濯機を置くスペースがあります。
これもひとり暮らしを始めて初めての事態なのですが。

引っ越し先は普通の住宅地の中にあって、気楽に行ける範囲でコインランドリーもないみたい。で、洗濯機を発注しました。しかし、洗濯機が届くのは日曜、洗濯物も溜り、下着類も日曜までもちそうにないし。で、コインランドリーに行く事にしました。

東京都浴場組合のサイトによると、アパートから少し離れた所に一軒、コインランドリーつきの銭湯があるようです。銭湯の回数券も残っている事ですし、広いお風呂に入りたいし、洗濯かたがた行ってみる事にしました。

狭い道に入って、ホテホテ歩いていると銭湯の煙突が見えてきました。が、しかし、煙突の見える方角に行こうとすると道は行き止まり。アパート近辺の道はちょっと歩いてみましたが、入り組んでいてややこしいです。たぶん、田んぼとかあった頃の名残なんだろうと思いますが。煙突が見えるのに銭湯にはたどり着けない、どこか不条理小説の登場人物のような気がしてうろちょろ。

で、ふと気がつくと、どうもコンクリのフタをかぶせたドブが道路になっているようです。横須賀のドブ板通りというのを思い出しました。で、そこを通って、さらにぐるりと巻きながら煙突のある場所へ。
…、しかし、銭湯はもうつぶれたらしく、解体工事中でした。汚れ物を入れたダッフルバッグを抱えて途方に暮れました。

続きを読む "お洗濯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/26

買収

引っ越しでじたばたしている間に旧聞になってしまいましたが、AMDがATIを買収したようですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0724/amdati.htm
GPU統合チップセットも出すとか。
Athlon64シリーズはもう今までチップセットにあったメモリコントローラまで統合されているから、GPU統合CPU+サウスブリッジという構成になるのでしょうか。
そのうち手を出してもいいかなと思っています。
PCの3D性能なんてそこそこで充分、PCゲームやるよりコンシューマ機ゲームの方がたくさん出ている、エロゲはPCの方で出てるけど、エロゲはそう3D性能必要じゃないし。ビデオカード買うより早くPS2とか買えと、落ち着いてる時は思うのですがね。

まぁ、昔ほどPCには熱くなってないですし。

続きを読む "買収 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/25

百円ショップ

まぁ、新しい暮らしを始めると細々としたモノが必要になるわけで。
トイレつきだからトイレブラシも買わなきゃ、お風呂もついているから風呂椅子も買わなきゃ…という感じです。
ほんとはセンスを感じさせるちょっと高級な品物で固めたいと思うのですが、懐具合を考えても、なかなかそれもままならず、です。

以前、かわなか先生が「ひとり暮らしを始めるならドンキと百円ショップに行け」と話していたのを思い出して。ちょうどアパートからちょっと歩いたところにある商店街にダイソーを見つけて、覗いてみる事にしました。

実のところ、百円ショップというのは少し苦手です。旧居の近くにも小さい百円ショップがあったのですが。何度か利用した事もありますが、やっぱり安かろう悪かろうという品物が多くて、使っているとちょっと気持ちが荒んできました。

続きを読む "百円ショップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

乙女花園

21日、金曜日。引っ越し作業の合間を縫って新宿RedClothにライブを観に行きました。
母檸檬企画「しゅみぃず一枚でツッカケて乙女花園」とか。

ご出演は
姫さまさん、
情念さん、
日比谷カタンさん、
母檸檬さん、
そして特別ゲストが真珠子さんでした。

しゅみぃず一枚。懐かしいです。
昔、私が小さかった頃、夏場なんか近所のおばさんのシミーズ姿なんて普通でした。シミーズ一枚で打ち水をしたり、洗濯物を干したり。同級生の家に行くと、同級生のお母さんがシミーズ一枚で出てきて、「よく来たね」と言ったり。

いつからそんな風景がなくなったのかな?70年代の半ばごろでしょうか。
たぶん、日本人が持っていた大切な何かが無くなるのと同時だったような気がします。
ひとつの時代の終わりと共に、だったような気がします。

「しゅみぃず一枚でツッカケて」、深い言葉であります。

続きを読む "乙女花園"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

家の匂い

ま、たいてい人ん家ってのは独特の匂いがします。
転居先のアパートも先住の匂いがしてて、何とかしようとお香など焚いておりますが。
そのうちその先住者の匂い+あたしの匂いで新しい匂いになり、そして、あたしはその匂いに気がつかなくなると思います。

金曜日、引っ越しをして。
土曜日、最後の片付けに旧居に行きました。
部屋の扉を開けて驚きました。
もう、違う匂いがしました。

大家さんに最後のご挨拶。
引っ越しごみの多さにちょっと文句を言われて。
まぁ、もう少しお金を出せば引っ越し屋さんのごみ片付けサービスを頼めたのでしょうが。

部屋の状況、擦り切れた畳とか。普通の引っ越しならちょっともめたかもしれません。
取り壊しなのでそこらへんは助かりました。

ただ、14年半住んだ場所です。
あちこち痛んでもしょうがないとも思いますが。
こちらも14年半分痛んでるんだろうなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/21

とりあえず終了

引っ越し、とりあえず終了。
住民票も移したし、免許の住所変更届も郵便の転送届けも終了。
電話の移転も終了。ネットも接続できる、と。
段ボールの谷間でしばらく寝なきゃいけないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/20

引越直前

という訳でもうすぐ引っ越し。
ここ2日ほど涼しい夜が続いてのでよく眠れるかなぁと思ったのですが、なんか気もそぞろで眠れず。
おまけに荷造りだけで腰が痛くなりました。
腰は何とかしないと、腰痛が持病になると辛そうです。腰周りに筋肉をつけて支えを強化するというのが正攻法なんだろうけど、体を動かすのも億劫だし。

引っ越し当日せめて雨が降らないのを祈るばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/19

寒いよ!

昨夜は寒くて目が覚めました。で、マーフィーの法則じゃないけどこういう時に限ってパジャマ類はもう荷造りしています。毛布を引っかぶって震えてました。
風邪ひき状態で引越にならなきゃいいけど。

しかし、熱帯夜でうだっていたその直後にこれだけ寒いとはね。

引越先で楽しみなのは、備品でエアコンがついていることです。
エアコンのある暮らしなんて当分は無理だと思っていましたが、ありがたい限り。
ただ、いい気になって冷房かけすぎで風邪ひいて、電気代の請求書を見て目を回しそうですが。

しかし、物件紹介サイトとかで見ると、四畳半トイレ共同風呂なし物件でもエアコンがついているのが結構あります。
もはや東京とか都会暮らしだとエアコンは必携品なのかもしれません。

続きを読む "寒いよ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

引越話その6~思い出を捨てる~

はやいとこ部屋をギャランドゥ、もとい、がらんどうにせねばいけないのですが。
やっぱり思い出の品がぞろぞろ出てきます。

ひとり暮らしをはじめた時、親父から買ってもらったラジカセ。
動かなくなってからだいぶになるのですが、なんとなく捨てられなくて。こいつも処分。
一度壊れてから修理に出して、でも直ってなくて、修理屋に怒鳴り込みに行ったのも思い出です。
しかし、昔の家電製品って持ち重りがします。

中学時代に買ってもらった時計つき電卓。そういう品物のはしりだったと記憶しています。
これも動かなくなってからも捨てずにいられた品物ですが、思い切って処分。
中学の修学旅行のときから使ってた旅行ポーチも出てきました。これもだいぶ汚くなったので思い切って処分。

バイク道具も一切合財処分予定。またバイクは乗りたいけど、都内では乗りたくないです。
林道とかオフロードが近いところに住むような事があればまた乗りたいと思うけど。

続きを読む "引越話その6~思い出を捨てる~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/16

引越し話その5~PCパーツを捨てる~

引っ越し前、不燃ごみ収集最後の日だったので、PCパーツ類を処分しました。
これもまた購入価格にすればけっこうなお値段になるので、ちょっと惜しかったのですが。
ヤフオクあたりでうまく売りさばけば小遣い銭ぐらいにはなったかもしれませんが。

IwillのSide RAID66も処分。思い出深いパーツでしたが。
いや、日本語Win9X上では使い物にならないジャンクではありました。
でも、BBSとかでこうすれば使えそうだああすれば使えそうだとやり取りしていたのは楽しい思い出です。

しかし、もうHigh Point Technology社の製品もIwillの製品もほとんど見かけないような気がします。こちらもPCショップにあまり行かなくなったせいもあると思いますが。

続きを読む "引越し話その5~PCパーツを捨てる~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/14

寺山修司という世界

昨日は芝居屋・羊のしっぽ公演『寺山修司という世界』を観てきました。
寺山修司物、そして三上寛さんご出演ということで。

(私、天井桟敷のお芝居は見た事がありません。天井桟敷の衣鉢を継ぐ、万有引力のお芝居は見てます。でも、他の桟敷系のお芝居はあまり見た事がありません。だから、どうしても万有引力のお芝居との比較になってしまいます点にご注意)

会場は神楽坂シアターIWATO。スタジオ形式のコヤみたいです。
ステージはメインステージに一段高くなったステージ、ベランダみたいになってるステージ、いくつかしつらえてあります。万有とかでお馴染み、たぶん、天井桟敷と同じ形式。ステージの隙間に客席がしつらえられているような感じでした。
壁面にはいくつかの柱時計と風車、天井からは藁人形がぶら下がっています。

これも万有のお芝居で見慣れた風景ですが、客入れの時、もうすでに役者さんたちが舞台上でうごめいています。

7時、拍子木が打たれ、開演。
(以下ネタばれゾーンにつき)

続きを読む "寺山修司という世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/13

人生はデーヤモンド

引越で本の整理の話の続き。

書き忘れていましたが、篠原勝之さんも手持ちはぜんぶ残す本にしました。
と言ってもいちばん面白く読んだ『人生はデーヤモンドシリーズ』はもうだいぶ前に処分してしまいましたし。手元のあったのは『アイアンチャイルド』『蔓草のコクピット』、それからあとケンカの思い出を綴ったエッセイかな、それくらいしかないのですが。

おススメのオトコの安アパート暮らしエッセイを挙げよ、と言われたら、
椎名誠の『哀愁の街に霧が降るのだ』シリーズ、
篠原勝之の『人生はデーヤモンド』シリーズ、
そして、時代は下がりますが高野秀行『ワセダ三畳青春記』、
を挙げます。
しかし、『ワセダ三畳青春記』はどう考えても80年代の終わりから90年代を舞台にした本とは思えないんだけど。10年以上は時代がずれているような感じがします。

続きを読む "人生はデーヤモンド"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/12

引越話その4~本の整理~

やっと本の整理がつきました。
結局引越に持っていく本は段ボール箱大小取り混ぜて15箱くらい。
もうちょっと減らせたかもしれないという思いと、もっと持って行きたいという思いと。まぁ、まず小説の類は再読しないし、もっと大鉈振るえば良かったかもとも思います。

しかし、今回は段ボール箱の選択を誤りました。
小さい方の段ボール箱はあまり本が入らず、大きい方に本を詰めるとちょっと重過ぎます。
ちょっとしか手に入らなかったのですが、A4のコピー用紙の箱が文庫本を詰めるのにけっこうぴったりで便利でした。

しかし、ユニット式の本棚とか出ないかなぁ。
箱を積み上げる形式で、引越の時は箱にばらしてフタをすれば荷造り完了。横積みで本棚風、フタをつけて縦積みにして積み重ねるのも可。空いた箱は重ねて置ける、あるいは折り畳めてもいいかな。そういうのがないかなぁ。
私の残りの人生、あと数回は引越する事になると思うので、そういうのが欲しいです。

続きを読む "引越話その4~本の整理~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/11

引越話その3~立ち退き~

大家さんからアパートを建て替える、ついては立ち退いて欲しいという話を受けたのは5月の末でした。期限は秋まで、時間的余裕もあるし、立ち退き料も出すという話ですから、良心的だとは思います。

実のところ、立ち退き話を聞いても「来るべきものが来た」という感じでした。最近、アパートの周囲でどんどん建て替えが進んでいますし、大家さんが建て替えするかもしれないという事をぼつぼつ話していましたから。それでも引越に備えて貯金とかしてなかったのですが。

今住んでいる場所は、都心ですが、奇跡的に安アパート群が残っている町です。どうやら建て替えになると道路に土地をごそっと削られる事になるみた い。だから、建て替えが進んでいなかったのですが、さすがにそろそろ限界なのか、そして、臨界状態だったのか、一気に建て替えラッシュが起きています。

まぁ、だから、今住んでいる安アパートもいつまで住んでいられるかなぁとはいつも思っていました。

続きを読む "引越話その3~立ち退き~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/10

ちょっとお休みします

ココログ、明日午後から48時間のメンテに入るみたいです。
で、今もどうも調子がおかしいです。
書いた記事が飛んだりしました。
で、メンテ明けまでこちらはお休みします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未來のイヴ

未來のイヴ(ヴィリエ・ド・リラダン:著 齋藤磯雄:訳 創元ライブラリ)
読了。

演劇実験室◎万有引力公演『未来のイヴ』を観たのはいつだったか。もうどんなお芝居だったかも忘れているのですが。やっとこさ元ネタ本に手を出してみました。

英国の青年貴族のエワルド卿、彼は恋人アリシヤを熱愛しているのだけど。外見は申し分ないアリシヤ、しかし、その心は卑俗で、彼はその事に苦悩し、自殺を考えるほど思いつめている。
そのエワルド卿に窮乏の時を救われたエディソンは、その恩返しに、アリシヤと外見寸分たがわない人造人間をエワルドのために拵えようとする。
というようなお話です。

ちょっと手を出しかねていた本でした。ひとつの理由は旧漢字・旧仮名遣いという事。で、パラパラとめくってみましたが、旧漢字・旧仮名遣いではありますが、古語は出てこないようなので、何とか読めそうです。しかし、旧漢字が扱えるところに特注したりしたのでしょうか?そのせいか、余り売れ行きが見込めそうにない本と判断されたせいか、500ページ弱の文庫本なのに千五百円とチトお高くなっています。それも手を出しかねていた理由なのだけど。

しかし、「人間と人造人間との恋」は、『ブレードランナー』から最近のゲーム・アニメまで良く取り上げられているテーマですし、そのルーツとして読めるかもしれません。それに、しろはたさんでも紹介されていますし。で、買ってみる事にしました。

(以下ネタばれゾーンにつき)

続きを読む "未來のイヴ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/07

引越話その2~大家さん~

引越に向けて本の整理中。心を鬼にしてだいぶ本を捨る予定。
やっぱり整理しながら本をパラパラと読み返したり。特に捨てる本はこれが最後だとパラパラパラと。ちっともはかどりません。

高野秀行さんの『ワセダ三畳青春記』を思わず読みふけりました。三畳間。部屋をぐるりと見渡して、あと畳を一畳半削った広さを想像して。まぁ、荷物が少なくて、収納スペースがそこそこあれば何とかなりそうな気もします。起きて半畳寝て一畳とも言いますし。せいぜい季節の衣類とか必要最低限の家財道具なら。

続きを読む "引越話その2~大家さん~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/06

引越話その1~四畳半トイレ共同風呂なし~

(ココログの方には“'06夏引越話”というカテゴリーを作りました)

さて、ひとり暮らしを始めてから二十年少々。だいたいずっと“四畳半トイレ共同風呂なし”の安アパート暮らしでした。途中2年ほど六畳間だったかな。あとはずっと四畳半。良くなっていったのは流し場周り。最初は共同流し場ガスなし、室内流し場ガスなし、共同流し場ガス各員用ガス栓あり、それからちょっとグレードダウンして共同流し場コイン式共同ガス。そして今住んでいる所は台所つき、ガスも来てます。ただ、台所は畳半分くらいのスペース。置けるのは一口ガスコンロですが。

松本零士の『男おいどん』みたいな暮らし。もちろん主人公の大山昇太みたいに何もない暮らしではなく、本に軍装品にトイガン、近年はPCパーツが溢れかえっているけど。

そういえば、先週から『貧乏姉妹物語』という深夜アニメが始まりました。
母親は早くに亡くなり、父親はギャンブル狂いであげくは蒸発、で、中学生と小学生の姉妹が四畳半一間の安アパートに二人暮らしというお話です。
安アパートを舞台にした物語。70年代ははむさくるしい男が主人公、そして現代では女の子姉妹が主人公になるってのに時代を感じさせます。

続きを読む "引越話その1~四畳半トイレ共同風呂なし~"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/05

a private ro0om

昨日は高円寺SHOWBOATへろみさんのライブを観に行きました。
題して『a private ro0om』。

当日のご出演は
ろみさん、
波流乱満さん、
謹成祝花さん、
でした。SHOWBOATでは数回このメンバーでのライブを拝見している事になります。

ろみさんの出順は7時からという事であわてて高円寺へ、お腹が減っていたのでできたらメシにしたいなぁと思いつつSHOWBOATへの道を。ある食堂のショーケースに「焼き飯」というのがあったので思わずフラフラとその食堂へ。チャーハンじゃなくて、ピラフじゃなくて、“焼き飯”。供された焼き飯はタマゴと細かく刻んだねぎとかまぼことハム、おぉ、これぞ焼き飯。時間が気になってゆっくりとは食べられなかったのですが、嬉しく食べました。

続きを読む "a private ro0om"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/03

放置プレイ@家電屋

引越し先のアパートは部屋の電灯がついていません。自分で購入しないといけません。
たぶん、明りも大切なインテリアだから、自分の趣味に合うのを買うという事なのでしょう。
やっぱり安下宿とは違うなぁと思いました。
私は意外な出費になるので少々戸惑ったのだけど。

で、土曜日、新宿某量販店へ。
ずっと使う事になるから思い切っていいのを買おうか、それとも安いので我慢しようか散々迷った挙句、やっぱり安いのに決めて。
ふと周りを見渡すと店員さんがいません。照明器具売り場放置プレイちう。
通りすがりの店員さんに声をかけても忙しそうにしてて相手にしてもらえません。
他にも放置されていたオヤヂ(あたしもオヤヂだけど)がぶち切れてました。

私もさんざん待たされた挙句、やっと来た店員さんに接客してもらいました。
やってきた店員さんは、元気の良い、可愛い女の子だったから機嫌も直りました。

しかし、何とかならないものでしょうか?
お店側の事情は解ります。
たぶん世間ではボーナスが出る直前か直後あたり、たとえばクーラー売り場とかお客さんも多い、大きなお金が動く売り場に店員さんを重点的に配置しようというのは解ります。向うもご商売だし。
しかし、それならそれで何か対策を立てておいて欲しいなと思います。
たとえば、ファミレスやチェーン居酒屋みたいに店員さん呼び出しボタンを設置しておくというのはどうでしょうかね?そうすればお店もお客さんの少ない売り場に人を張り付ける必要もないし、効率的に人を動かせるでしょうし。

しかし、ああいう状況では万引きもやりたい放題と思います。いや、電球とか蛍光灯とか目いっぱい万引きしてどーするとも思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

にがい蜜

昨日は渋谷の青い部屋へ。
VEXATION、黒色すみれさんご出演の『にがい蜜』企画を拝見しに。

ご出演は
Quiet Noizさん、
VEXATIONさん、
黒色すみれさん。
そして、司会はNOROさんでした。

前に観た『にがい蜜』企画も同じ出演バンドだったような記憶があります。

続きを読む "にがい蜜"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »