« 規則正しくある事 | トップページ | 2度目の歌会 »

2006/06/04

銭湯値上げ

6月1日から銭湯が値上げになりました。今まで大人400円だったところ、430円。
ただし、私は回数券を使っていますが、回数券ですと10枚綴り3800円つまり@380円だったのが、10枚綴り4000円、@400円でありますから、実質20円の値上げです。

数年400円時代が続いていました。最初に東京に越してきた時、20年位前はいくらだったかなぁ。340円とか360円とかそのくらいだったと記憶しています。430円となるとほか弁でもミドルレンジのメニューになりますね。

まぁ、仕方ないかなぁと思います。私が今住んでいる所に越してきた時、気楽に歩いていける場所に銭湯は3軒ありましたが、今残っているのは1軒だけです。銭湯なんて夜中まで働かないといけないから大変だと思いますし、銭湯つぶしてゴージャスなマンションにでも建て替えたほうがずっとたくさん儲かると思いますし。

あと、組合の規定により、6月1日から銭湯の脱衣場は禁煙になったみたいです。例の“健康増進法”のとばっちりですが。
小谷野敦さんの指摘によると、健康増進法は公共の場所での分煙を定めているだけで、禁煙は定めていないそうですが。でも、分煙設備を整えられる銭湯はごくごく少数派でしょう。それもまた仕方ないかと。ただ、ここら辺は銭湯の店主の裁量でフレキシブルにやって欲しいものです。

“健康増進法”なんてくだらねー、余計なおせっかいと思っていますし。喫煙者のせいで医療費がという物言いにも反発します。まず、国庫の事を考えるなら、政治家や役人と癒着している御用業者への無駄遣いをまず何とかしろといいたいです。やらずもがなの“公共”工事とか。それをやめれば医療費なんてもっと使えると思いますが。自由診療扱いの高い薬とか医療行為も保険がきくようにできると思いますが。

それに人間は必ず死ぬものですが。
タバコのみはずるずると医療費を無駄遣いして死んでいき、健康な人はあまり医療費を使わずにぱっとクタバルものなのでしょうか?健康なひとはポックリ死ぬのかなぁ。どうなんでしょうね?

|

« 規則正しくある事 | トップページ | 2度目の歌会 »

コメント

BUFFさん

BUFFさんの言っている事をみて知り合いの人を思い出しました。この人、私よりふた周り以上も年上で84才、現在もお元気です。煙突と称されるくらいのチェーンスモーカー。私がタバコは止めた方が良いですよと言っても聞きません。逆に止めるくらいなら死んだほうがマシだと本気で言っていました。

ある日胸に軽い痛みが走って病院へ。医者から軽度の心筋梗塞と言われ薬だけの治療。タバコを止めないと死ぬぞと言われ、その日からキッパリ止めて現在に至っています。会うと私はそれをネタにカラかっておりまする。

投稿: よっちゃん | 2006/06/04 09:52

◎よっちゃんさん
私は、死というものはいつも自分と隣り合わせにあるものだと思っています。死から逃れるよりも死をどう受け入れるかの方が問題であると思っています。

思っていますが、やっぱり身についていないのでしょうね。
私もたぶん、死を身近に実感するような出来事があって、○×しないと死ぬぞ、と言われれば、そうするだろうなと思います。

しかしまぁ、生きていても特にこれと言ったことも無い人生ではありますが。


ところで、よっちゃんさん、ひょっとしたら親戚関係にお医者さんとかいませんか。最近病院を替わったような。
ちょっと引っかかり事があります故。いや、考え過ぎなんでしょうが。

投稿: BUFF | 2006/06/06 11:16

BUFFさん

誰でもそうですよ。医者から死ぬぞと言われれば大抵の事は守ります。特にタバコなんて吸っている人自身良くないと思いつつ吸っているんですからね。

親戚に医者は居ません。但し最近(3月末日)私が通っている循環器科の主治医が転勤しました。女性で森田先生って名前です。何でも以前いた病院へ戻ったと窓口のおばさんが言っていました。その以前いた病院ってのは分かりません。お世話になったので3月20日すぎに花束を持ってお礼とお別れに行ったのですが丁度不在でナースステーションにいたナースに渡すようお願いして退散してきました。

BUFFさんの引っかかる事を教えてください。

投稿: よっちゃん | 2006/06/07 07:21

◎よっちゃんさん

いや、実は、もう長い事お世話になってるある方の主治医さんがよっちゃんさんと同姓で、もしやと思いました。

何度か書いていますが、不思議なご縁というのを多々経験していまして。別方面の知り合いとばっかり思っていた人同士が実は知り合いだったとか。会いそびれていたある人に電車の中でばったり会って気まずい思いしたとか。
ひょっとしたらひょっとしたらと思いました。

しかし、私にとって偶然とは、想像外のところから来るもののようです。こうなってるんじゃないかと思う偶然は起こらず、常に思いがけないところから偶然はやってきます。
だから、ひょっとしたらと思った時点で違うだろうと思ってはいました。

お騒がせ、申し訳ない。

投稿: BUFF | 2006/06/07 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10383983

この記事へのトラックバック一覧です: 銭湯値上げ:

« 規則正しくある事 | トップページ | 2度目の歌会 »