« パソコンは爆発かぁ! | トップページ | 少年の叫び »

2006/06/23

ジム・ビーム

近所のスーパーでジム・ビームが千円弱で売られていたのでホクホク顔で購入。最近は廉価版のバーボンでさえあまり呑めません。
なんかキャンペーンでショットグラス付きで売られていて、それもありがたかったです。アパートの近所の商店街、どうもショットグラスを置いてあるお店がないみたいで。ショットグラスが必要な時は、高円寺のライブハウスに行くとき、ついでに高円寺のお店で買っていました。

ストレートのウィスキーが飲めるようになったのは数年前。たまたまショットグラスを手に入れる機会があって。で、それで飲んでみたらけっこう飲めました。広口のグラスだとアルコール臭が鼻についてストレートは駄目だったみたい。

いや、酒飲みなんだけど、アルコール臭は苦手です。小さい頃、注射がほんとに嫌で、そのせいか今でもアルコールの臭いを嗅ぐとなんかやるせない気持ちになります。体育館で注射の列に並んでいた時の怖かった気持ち、充満していたアルコールの臭い。
痛いから嫌というのもありますが、異物を体に挿入される恐怖もあったと思います。

んで、そのジム・ビームのキャンペーン版には、ジム・ビームの新しい飲み方として、冷凍庫でうんと冷やしてトロリとなったジム・ビームをショットグラスで飲ろうというのが提案されていました。やってみましたが、悪くはないかなぁ。もちろん凍らせる事で香りとか鈍くなるんだろうけど。

度数の高い蒸留酒は冷凍庫でも凍らなくて。冷凍庫で冷やしてトロリとなったのを飲むというのは、ウォッカやジンでやった事があります。だから、そういう飲み方、ウィスキーでも可能な訳なんでしょうが。

しかし、ストレートウィスキーとなるとつまみが少々難しいです。
食事に合わせる訳にもいかないし。せいぜいチーズとかナッツ類くらいになるでしょうか。
つまみなしでもいいかもしれませんが。それはさすがに胃に悪そうだし。

あ、そういえば。「シャドウ・ダイバー」に出てくるアル中の元レック・ダイバーの人が飲んでいたのって、ジム・ビームじゃなかったっけ。

もうひとつそういえば、昨日紹介した『杉浦日向子の江戸塾』によれば、もう江戸時代にはウォッカが江戸で売られていたとか。樺太あたりでは、ロシアの漁師にとっては、昆布は漁具に引っかかったりする海の雑草扱いで、日本の漁船が昆布取りをすると、雑草を取ってくれたというので、お礼にただでアラキ(ウォッカ)を貰えたとか。
しかし、ウォッカを飲む江戸っ子、ちょっと想像つきませんが。

|

« パソコンは爆発かぁ! | トップページ | 少年の叫び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10619199

この記事へのトラックバック一覧です: ジム・ビーム:

« パソコンは爆発かぁ! | トップページ | 少年の叫び »