« ヨコハマメリー | トップページ | ZOO »

2006/06/01

刀削麺

先日、秋葉原で刀削麺のお店を見つけたので食べてみました。

麺というのは、粉を練ってから、延ばして作る、切って作る、型から押し出して作る、の3通りくらいの作り方が主流であると思うのですが。
延ばして作るのはそうめんとか、切って作るのはそばうどん、押し出して作るのはマカロニとかあると思います。いや、いい加減な知識なので間違ってるかもしれませんが。で、刀削麺とは、練った小麦粉の塊から削りだして作る麺だそうです。前、雑誌かテレビで見たと記憶しています。ちょっと食べてみたいなとは思っていました。しかし、根が不精ですから、わざわざお店探して、という気もなくて。で、秋葉原にできたというので買い物ついでに行ってみた次第。

刀削麺劉家、というお店らしいです。感じ、チェーン店かなぁと思うのですが。他にお店があるかどうかは判りません。店の外、壁に埋め込まれた券売機。席はカウンター席。扉とか開け放って屋台風な感じです。クーラーの冷気は来ますが、盛夏の日中だと暑そうです。

券売機を見ると刀削麺のメニューは2系統。坦々麺と麻棘麺の2種類。両方とも辛い系ですね。刀削麺って四川系のものなのでしょうか。辛さは選べるみたい、あと、香菜大盛りとかあります。それとサイドメニューがご飯系。白ご飯からチャーシュー乗せ、後、何か特性っぽいのが乗ったご飯もあります。

辛さデフォルトの麻棘刀削麺の大盛りと白ご飯の食券を買いました。麻棘刀削麺680円、大盛り150円、白ご飯150円で合計980円。

カウンターの片隅に、ガラスで囲まれた刀削麺実演コーナーがあります。おじいさんがいます。なんていうのかなぁ、ちょっと枯れた感じ。ちょっと異質な空気をまとった感じのするおじいさんです。なんて言えばいいのかなぁ、昔の服を着てもらって、モノクロで写真を撮ったら、戦前の人っていっても通じる感じ。たぶん、大陸の職人さんなんでしょうね。私が生まれる前から刀削麺を作っているような。

しかし、メイド溢れる(そのお店も上の階もメイド店みたいだったんですが)秋葉原、そのおじいさんの姿は浮いているような感じがしましたが。しかし、あたしは、そのおじいさんの側につきたいです。今時の、加熱しすぎのメイドブームは嫌です。女の子にペラペラのメイド服着せて「メイド○×」でございという、今時の安直なメイド商法は嫌いです。最近は「メイド喫茶開業マニュアル」なんて物もあるそうですが。メイド物は好事家のためにひっそりとあるくらいがいいです。

いや、閑話休題。

刀削麺って実際にはどう作るのだろうと思っていましたが。
小麦粉の練った塊が、なまこ餅みたいな形に整えられ、板の上に乗せられています。それをおじいさんは片腕に乗せ、手のひらに隠れるような小さな刃物?で麺をしゅっしゅっと手際よく削り出しています。ちょうど上手な大工さんが鉋をかけた時みたいに、きれいに鉋くずが飛ぶような感じです。で、削り出された面がしゅっと飛んで鍋の中に直接落ちていきます。それを網ですくって盛り付けるみたい。

普通、麺類を出すお店では、一人前を小さな網のかごに入れて茹でますが。刀削麺では、麺をそのまま鍋に落とし込みます。一人前をひとつひとつ作るのならそれでいいでしょうが、多人数の時は面の茹で加減をどうするのかと思いますが。たぶん、麺が茹で上がると浮いてくるのでしょうね。ここらへん、ほんとあまり自炊しないから知識がないのですが。

で、削った後の塊は、いちいちおじいさんが形を整え直し、乾燥を防ぐためでしょうか、布巾で包みます。大変だなぁと思いました。

で、麻棘刀削麺大盛りいっちょうあがり。
見た目、坦々麺と変わらないような感じがします。具はひき肉ですし、唐辛子で赤っぽいスープ。あと、チンゲン菜か何かがちょっと乗っています。それから香菜。香菜、たぶん、日本人にとっては好みが分かれる物だと思いますが。あたしは香菜たっぷりは苦手だけど、少しぐらいならエキゾチックな感じがして好きです。香菜はちょっとだけ乗っていて、ちょうどいい感じ。食券に香菜大盛りもありますから、お好きな方はそれを頼めばいいようになってます。

スープは山椒が利いているのでしょうか、独特の舌が痺れるような食感があります。う~ん、本格的です。例えば麻婆豆腐も本来は山椒で辛さを出すそうです。でも、麻婆豆腐が日本に持ち込まれた時、それは日本人の舌に合わないだろうということで、唐辛子ベースの辛さになったそうです。

でかい乾燥唐辛子が一本、スープに浮いています。ちょっとかじってみましたが、歯が立ちません。思いっきりかじれば食いちぎれそうでしたが、食いちぎった瞬間、凄い事になりそうなので怖くてやめました。

で、肝心の刀削麺。やっぱり製法が製法ですから、独特の形をしています。丸刃の彫刻刀の削りくずを思いっきり細長くしたような感じかなぁ。刀削麺といいますが、麺自体も端が尖っていて、エッジがあって、刀みたいという感じもします。
う~ん、食べてみた感じですが。あたしの記憶をまさぐると、いちばん近い食感は、スイトンであります。スイトンは、私が小さい頃、祖母や母がごくたまに、ほんとにたまに作ってくれてたのですが。

大盛り+ご飯で頼んだんだけど。なんていうのかなぁ、創作系というか、おシャレ系のラーメン屋さんって、麺が少ないって印象があります。だから、大盛り+ご飯で頼んだのですが。しかし、ボリュームたっぷりです。量が多いせいか、刀削麺というスタイルのせいかは判らないのだけど。大盛りでお腹いっぱい、ご飯は少々きつかったです。でも、スープの残りをぶっかけて食べるご飯はまた格別であります。

ラーメン屋というと、流行りのラーメン屋というと、行列がトレードマークみたいな気がします。あたしは食べ物屋に行列というのが大嫌いです。なんていうのかなぁ、欲望丸出しの姿を晒しているっていう感じがして。それに、行列がはやってる証拠、看板がわりにされるって感じがして、嫌です。
だったらラブホテルで行列した方がましです。かわいい女の子連れなら。「今から俺はこんな可愛い女の子とヤルんだぞって」自慢になるし(爆)

で、刀削麺劉家さんは行列ができるほど混んではいません。お昼時に通りかかった事もありますが、お客さん満員っぽい感じがした時はありましたが、行列はほとんど出来ていません。それも入った理由なんですがね。でも、そのうちグルメ雑誌とかグルメ番組に取り上げられて、それでわっとお客さんが来て、行列店になってしまうのでしょうか。

おいしかったです。通いつめるというほどではないにしろ。やっぱり一種独特の“癖”のあるものですから、ちょくちょく行くという感じはしません。たまに行きたいお店って感じです。
あと、スープが四川系の辛いのしかないってのがちょっとさみしいです。私は具沢山、味噌味のスイトン風で刀削麺を食べてみたいと思っているのですが。祖母や母が作ってくれたスイトンみたいに。

|

« ヨコハマメリー | トップページ | ZOO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10341894

この記事へのトラックバック一覧です: 刀削麺:

« ヨコハマメリー | トップページ | ZOO »