« 負ける時もあるだろう | トップページ | 痴情小説 »

2006/06/12

早朝寄席

昨日は上野の鈴本演芸場へ。三遊亭あし歌さんご出演の早朝寄席へ。
深夜寄席ってのは行った事がありますが。早朝寄席ってのは初めて。鈴本演芸場へ行くのも初めてです。
だいたいの場所の見当はついてると思って上野広小路。しかし、ちょっと迷いました。やっぱり地図とかプリントアウトしておきゃよかった。

鈴本演芸場、新しい感じのする場所です。寄席というよりホールといった感じ。フロアを目いっぱい使うためか、3階に演芸場で4階がトイレ、2階が売店と自販機コーナー(3階にも売店がありますが)。あと、喫煙コーナーが1階、ちょっと不便だけど、時節柄しょうがないか…。
座席の前には小さな折りたたみ式のテーブル。お弁当とか飲み物とか置けるようになっていて便利です。ここらへんの気配りも新しい場所だからでしょうか。

ステージはお芝居にも使えそうな感じ。天井が高いです。ただ、そのせいか、残響がだいぶあって、落語とかの話芸だとちょっと聞き取りにくい感じ。もうちょっと天井を下げて、吸音材を貼っておくといいかもしれない。まぁ、小さい頃から中耳炎がしょっちゅうで、だいぶ耳が悪くなっているあたしの感想ですが。

早朝寄席、10時開演でだいたい11時半くらいまで。ご出演は4方ですから、だいたいひとり20分少々の勘定になります。
お客さん、たくさん入っていました。雨降りでこのくらいですから、お天気が良ければ満員札止めになりそうです。

この日のご出演と演目は
柳家初花さん『宗論』、
鈴々舎風車さん『佐々木政談』、
三遊亭あし歌さん『ちりとてちん』、
三遊亭天どんさん、『ドライブスルー』
でした。
(こういう寄席関係&落語関係の用語をPCのかな漢字変換に一括登録できるようなファイルはどこかにないかなぁ)

『宗論』。浄土真宗を信じてる大店のご主人と耶蘇教にはまったその息子のやり取りというお話。宗教がらみというのはものすごくびみょーなネタだと思いますが、落語はそういうのまで取り上げているんですね。
ここらへんアレンジして、大旦那がキリスト教福音主義、つまりブッシュとかと同じで、息子がイスラム原理主義とかにアレンジしたりすると面白いかもしれない。いや、寄席に爆弾仕掛けられても困りますが。連中、洒落がわからないだろうし。

『佐々木政談』。御奉行様がお忍びで町中を視察の最中、お裁きごっこをしている子供たちを見かける、と。で、その御奉行様役をやっている子供に興味を持ったほんものの御奉行様が、その子を呼んで、とんち問答をする、というお話。風車さん、子供を演じるのにぴったりの方で、はまっておりました。

三遊亭あし歌さんは『ちりとてちん』。『酢豆腐』という題でも知られる噺みたい。ちょうど梅雨時、物の腐りやすい時期、という枕からこのお話、うまいです。

ちょっと思うのですが。その、「ちりとてちん」を食わされる人。どれだけいやらしい奴か、そういう目に遭わされてもかまわない奴か、観客を納得させるのが大切かと思います。
植田まさしの『フリテン君』だったかなぁ。上司にいたずらを仕掛けるフリテン君を描いた4コマ漫画なのだけど。
ふと気がつくと、フリテン君がものすごく嫌な人物に見えて。で、何でそう感じるのかなぁと考えてみたら、上司がそういういたずらのターゲットにされるような、嫌な人物であるという描き方が足りないせいだと気がつきました。まぁ、作者的には、上司は上司であるだけでデフォルトで嫌な人物である、いたずらを仕掛けて構わない人物である、という考えがあったのだろうけど。

しかし、腐った豆腐に唐辛子たっぷり。ぜったい大下痢でしょうな。んで、唐辛子入り水便というのは悲惨でしょうな。と、ちょうどお腹が下り気味だった私は思いました。
その、「ちりとてちん」を一気に飲み込むところのあし歌さんの百面相が面白かったです。

しかし、寄席とかでお弁当を広げている状態で『ちりとてちん』は難しいでしょうね。迫真の演技になると食欲が…。

トリが『ドライブスルー』新作落語であります。なぜかドライブスルーに勘違いされてしまったしもた屋の主のお話。

で、改めて気がつきましたが、落語ってひとり芝居なんですな。新作を聞いたせいかそう気づかせてくれます。このお話もひとり芝居仕立てにしても面白いかもしれない。もちろん落語ゆえのやりやすさと不自由さ、ひとり芝居ゆえのやりやすさと不自由さがあるのでしょうが。

で、早朝寄席が終わって。1階に下りてみると、今回の出演者と演目を書いたホワイトボードを持った方がいらっしゃいました。だからこうして演目とか書けるのですが。
こういうちょっとした心遣いが嬉しいです。落語振興も考えていらっしゃるのだなぁと思いました。昼の部のお客さんもぼちぼち行列ができ始めていました。

で、久しぶりの御徒町、アメ横とかちょっと流してみました。シャケの切り身とかなん切れもあって一山千円とかで、ちょっと欲しかったのだけど、ひとり暮らしだともてあましそう。
久しぶりに軍装品の老舗、中田商店などひやかして見ました。中国製レプリカの北朝鮮軍リュックサックなど売られていて、中田商店元気です。しかし、北朝鮮軍タイプのリュックを米軍タイプの迷彩生地とかでこしらえるのが中田商店のセンスですなぁ。

|

« 負ける時もあるだろう | トップページ | 痴情小説 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10484245

この記事へのトラックバック一覧です: 早朝寄席:

« 負ける時もあるだろう | トップページ | 痴情小説 »