« “劣化”のかたち | トップページ | はめ殺し »

2006/05/18

xxxHOLiC

今期始まったアニメの話。
積読アニメの中からxxxHOLiCというのを見てみました。CLAMP原作とか。
CLAMPさん、おひとかたの漫画家さんの名前ではなく、複数の漫画化集団さんのようですが。漫画自体は拝見していません。

以前、マリアに心臓に天野可淡さんの球体関節人形の展示があるというので行ってみました。現在日本でトップクラスの球体関節人形作家・恋月姫さんの展示もあったのですが。CLAMPさんから恋月姫さんに送られた生花がありました。お好きなのだなぁと思いました。

CLAMP原作のアニメ、有名な「カードキャプターさくら」は再放送だか再再放送を、いちおうほぼ全話見ました。ある意味“基礎教養”だと思って。で、ちょっと前NHKでやった「ツバサクロニクル」は第1話を見てAパート終わらないうちに切りました。CLAMP作品登場キャラクターが一堂に会する作品、というコンセプトは面白いなと思いましたが。

だから、「xxxHOLiC」も期待半分くらいでした。

まぁ、そんなだから積読状態が長くて。で、先日やっと見たんだけど。
見てびっくり、キャラクターが異様にひょろ長いです。ちょっと画を停めてみたんですが、10頭身以上あります。いや、体も心もいびつな私。そのせいか、いびつな物には惹かれます。だから、ちょっと見てみようと思いました。ヒロインの壱原侑子もいい感じでしたから。

(以下ネタばれにつき)

主人公四月一日君尋(ワタヌキ・キミヒロ)。高校生くらい。“アヤカシ”が見えて、“アヤカシ”を呼び寄せる体質。で、ある日、いつものようにアヤカシから逃げ惑って、ふと気づくと見た事もない洋館に迷い込んでいた、と。そこは壱原侑子の“ミセ”であったと。

侑子はなんて言えばいいのかなぁ、一種の霊媒師みたい。で、彼女は君尋のアヤカシを払うかわりに、彼女のミセでバイトすることを君尋に承知させる、と。そういう形で、あとは一話完結で君尋と侑子たちの活躍が描かれるというお話しみたい。

どことなく「GS(Ghost Sweeper)美神 極楽大作戦」を思わせる作品です。「GS美神」は、単行本を20巻ちょっとまで買って、アニメを少し見た事があるくらいですが。
侑子が凄腕の霊媒師であり、少々妖しげな美女(三の線がちょっと入ってるけど)であるところ。そして性格がちょっとエグくて高飛車で、君尋をパシリでこき使う様子。「GS美神」のヒロイン、霊媒師である美神令子と高校生バイトの横島忠夫の関係を連想させます。まぁ、元ネタなのかなぁ。
ただ、忠夫が「うる星やつら」の諸星あたる系の、可愛い女の子というとあたり構わず向かっていくタイプなのに対し、君尋は片想いの女の子はいるけど、そういう部分はないキャラクターです。

オープニングテーマ、なんか聞いた事のある感じでした。クレジットを見るとスガシカオとか。それで膝を叩きました。日比谷カタンさんのライブで、スガシカオ風という曲、「スガスガしい休日」を聞いていました。しかし、元ネタを聞くのが後からというのも、あたしってほんとに音楽的素養がないですな。

こちらも継続視聴しようかなと思います。お話的には、ハマれるって部分は弱い感じがしますが。でも、十頭身超キャラがクネクネと動く様子は見ていて面白いです。かなり技術力があるところじゃないとすぐに不自然になってしまうと思いますが。顔が小さい分、表情も出しにくいと思いますが。…と思ってたら、製作はProduction IGですな。納得。

|

« “劣化”のかたち | トップページ | はめ殺し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10124123

この記事へのトラックバック一覧です: xxxHOLiC:

« “劣化”のかたち | トップページ | はめ殺し »