« イメージフォーラムフェスティバル~5~ | トップページ | 若者殺しの時代 »

2006/05/08

8ミリフィルム

イメージフォーラムフェスティバルの会場で、8ミリの存続を求める署名がありました。私も署名してきました。
来年の3月で日本最後の8ミリフィルムメーカー、富士写真フィルムが8ミリフィルムの販売を終了、9月に現像サービスも終了だそうです。

う~ん、仕方ないと思う部分もあります。
もちろん私は8ミリの世界でも作品を拝見するだけの部外者ですが。
でも、サラリーマンとして、会社は利益を上げなければいけない、利益の出ない事業から撤退するのは仕方がないという理屈はわかります。

もちろん企業というのは文化の担い手たるべしという理屈もわかります。しかし、いまどきのリストラ・エイジ、ディスカウント・エイジ。企業は不採算な事はどんどん切り捨てていかないと生き残れないのも理解しています。

あたしは存続を求める8ミリ愛好家側より、“企業”としての富士写真フィルム側にシンパシーを覚えます。しかしやっぱり8ミリが消え行くのはさみしいと思うし、8ミリで作品を撮り続けていってる映画愛好家さんや映像作家さんが困るのも大変だなぁと思います。

何か、道が作れないものでしょうか?

例えば、海外では8ミリはどうなってるんでしょうか?海外の8ミリメーカーと提携するとかはできないのでしょうか。代理店みたいなのをこしらえて、効率的に海外の8ミリフィルムを輸入・販売し、現像も依頼する、とか。

あるいは8ミリフィルム専門の会社を作って、富士写真フィルムに、損を出させない程度の価格で8ミリフィルムを作ってもらって、それを仕入れ、富士写真フィルムが赤字にならない、迷惑をかけない体制でいくとか。
もちろん製造機材の老朽化とか、職人さんの高齢化とか、もろもろの問題が発生すると思うけど。

8ミリフィルムの生産ラインを譲ってもらって、職人さんとかにも来てもらって、8ミリフィルム工場を作るというのは無理かなぁ。

そういう会社ができたら、さらにカメラとか映写機とかの機材のレストアも請け負うようにしていって、トータルで8ミリそのものを存続させる環境を整えるとか。
そして、8ミリ上映会を主催されたりするとか。
シネヴィスさんはそういう部分をやっていらっしゃるようですが。

ほんとうに残せればいいのだけど。

|

« イメージフォーラムフェスティバル~5~ | トップページ | 若者殺しの時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/9958400

この記事へのトラックバック一覧です: 8ミリフィルム:

« イメージフォーラムフェスティバル~5~ | トップページ | 若者殺しの時代 »