« xxxHOLiC | トップページ | 桐生祐狩ファンの集い »

2006/05/19

はめ殺し

都営地下鉄新宿線の新型らしい車両に乗りました。
窓が大きくて、外見はいい感じなのですが。
ふと気がつくと、全部の窓がはめ殺しになってます。思わず息が詰まりそうになりました。
閉所恐怖というか。

帰省で新幹線に乗ることもありますし、全国大会で熱海に行く時とかにロマンスカーに乗る時もあります。新幹線とかロマンスカーの窓もはめ殺しになってますが、別段どうって事はありません。
だから、閉所恐怖症というより一種の慣れの問題かとも思いますが。

それと、満員電車の蒸れた空気が嫌いです。
乗り込んだ電車がムンムンしてる時、結構自分から窓を開けたりするほうです。
それができないのがつらいです。

もちろん、冷暖房かけてるときに乗客が窓を開けて効率を下げるという事もあるでしょうし、地上に出て、雨が降っていて、雨が吹き込んでくるという事もあるでしょう。何かの拍子に窓から物を落とすお客さんもいるかもしれません。あるいは誘拐事件で身代金を窓から落とせと指示される可能性もあるかも。

車両コストを考えても、窓を開閉式にするとその機構で車両価格が上昇するかもしれませんし、ガタがきたりして、メンテナンス費用がかかるかもしれません。強度を上げるために車両構造が改良されて、窓の数を減らすかわりに大きめにして、窓が大きくて開閉しづらいから開閉機構をオミットしたのかもしれません。

しかし、こうなると本当に空調周りは車掌さん頼みです。
私鉄とかとの相互乗り入れで郊外からやって来る地下鉄など、郊外のガラ空きの状態に合わせたままなのか、暖房入れっぱなしですし詰めで、ほんと暑い時もあります。
そういうのもこまめに調整してくれるのなぁ。
そのうち技術が発達したら、気温とかせいぜい湿度だけじゃなくて、お客さんが寒がっているか暑がっているか自動的に識別して冷暖房の調整をしてくれるような空調機が登場しないかしら。

|

« xxxHOLiC | トップページ | 桐生祐狩ファンの集い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/10137634

この記事へのトラックバック一覧です: はめ殺し:

« xxxHOLiC | トップページ | 桐生祐狩ファンの集い »