« 全国大会の動画 | トップページ | 焼けない! »

2006/04/06

ろみさんのライブ

昨日は高円寺ShowBoatにろみさんのライブを見に行きました。
当日のご出演は
カジノロワイアルさん、
波流乱満(はるらんまん)さん、
ろみ さん、
そして、愚弁さんでした。

カジノロワイアルさん。初見になりますでしょうか。
「カジノロワイアル」と言えば007のパロディ映画を思い出します。あの、「水上の音楽」のような楽器同士の掛け合いのテーマ曲を思い出しますが。カジノロワイアルさんはロックバンドでありました。

波流乱満さん。拝見するのは2度目かな。
お香を炊き込め、小卓にはしゃれこうべと花、赤い蝋燭。
呪詞のような、歌うような、語るような言葉。携えたエレキギターもメロディを奏でるためではなく、ノイズを生み出すため。

ろみさん。何度目になるのかなぁ。
今回、やっと気がついたけど。ろみさんの奏でるフォークのメロディーがいい感じです。
そして、それに「くそ」とか「げろ」とかの歌詞が乗っかって、ろみさんワールド。
「くそ」とか「げろ」という言葉が入っていても、ろみさんの奏でるメロディーの相乗効果で下品という感じはしません。怨歌ワールドへ昇華されています。

「くそ」とか「げろ」とかの言葉が飛び交うパワフルなステージ、でも、ステージから降りたろみさんは、むしろおとなしい方の女性のような感じがします。でも、その中にあのパワフルな怨歌の世界があって。

ろみさん、最後の1曲は新曲でした。御巣鷹山のジャンボジェット墜落事件を扱った歌。正式な名称はわからないのだけど、サンプリングした声を重ね合わせるエフェクターをお使いでした。

愚弁さん。
愚弁さんのステージを拝見するのは3回目になるかなぁ。
最初は母檸檬さんの対バン、2回目は三角みづ紀さんの上映会で他のバンドと共にユニットを組んだ形で。
こちらも語るような、歌うような、そして、舞踏も入った世界。
いや、ボーカル(と言うか語りか)&舞踏の方の肉体が何よりも圧倒的で雄弁でした。
痩せ型だけど筋肉のついた、無駄をそぎ落とした肉体。ボディカスタマイズの世界は興味がありますが。そういう肉体を作るボディカスタマイズはベーシックでありながら、いちばん大変なのだろうと思います。

ライブが終わり、中央線で新宿へ。京王線が踏み切り事故で不通とか。
仕方がないので歩いて帰りました。

|

« 全国大会の動画 | トップページ | 焼けない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/9455800

この記事へのトラックバック一覧です: ろみさんのライブ:

« 全国大会の動画 | トップページ | 焼けない! »