« 観られなかったお芝居 | トップページ | 訃報 »

2006/04/26

劣化

月曜の話の続き。

で、まぁ、お芝居を観損ねたての帰り道。
山手線、高田馬場から新大久保を過ぎるくらいノロノロ運転で。なんか工事の影響で線路が歪んだとか。線路際に厳しい表情をした保線員さんたちいて。
原因は工事ミスみたいだけど。

唐沢俊一さんが最近のこの国のありようを“劣化”とちょくちょく表現されていて。
あたしもそう感じています。
残念だけど、この国の“劣化”は止まる所がないと思っています。

そういう“劣化”。ニート、少子化、そしてこういう工事ミス。ぜんぶ同根だと思っています。
日本製品はこれからどんどん低品質化していくでしょう、商品事故も増えるでしょう。鉄道もこういう工事ミスからダイヤの乱れも日常茶飯事になり、そして人死にが出るような事故も増えるでしょう。飛行機も整備不良は当たり前で、そして、いつか墜ちるでしょう。
ニートは増えるでしょう。人口はどんどん減っていくでしょう。
だから、ニート対策、少子化対策、なんて個別対応は意味がないと思っています。

問題はこの国の人々の“劣化”にあるのであって。その“劣化”を何とかしないとどうしようもないと思っています。
しかし、それはでも、決して悪くはないような気もします。ある種の“呪縛”から日本人が抜けつつあるんじゃないかという部分もあるのではないかと。

岸田 秀の言葉を借りれば、“強姦”されるように無理やり国を開かされた日本。
そして、その“強姦”ゆえかパラノイア的にこの国は欧米化しようとした。欧米の“進んだ”文明を取り入れようとした、と。で、勢い余って戦争を起こし、敗戦。さらにその屈辱から立ち上がろうとこんどは経済をパラノイア的に進めてきて。今度はバブル崩壊という第2の敗戦を迎えて。

そして、今の日本は、開国からずっと引きずってきた、その、“強姦”の呪縛からやっと脱却しつつあるのではと思っています。今はその“呪縛”から抜けた、ある種の虚脱状態じゃないかと。
そこからどう回復するか、どう立ち上がるかが問題なのだろうけど。

しかし、また経済をパラノイア的に進めるのが決していい方向だとは思いません。
確かにこの国は豊かになったけど、犠牲にしたものも多いような気がします。交通事故で死ぬ人の3倍の人が自殺してしまう国になってしまいましたし。
豊かになるためにストレスを溜め込んで働いて、自分を犠牲にして働いて、さらに溜め込んだストレスを解消するために買い物で物欲を発散して、さらにその“買い物”のために働く…。そういう循環がいわゆる“先進国”の状態ではないかと。

とりあえず衣食住に事欠くことはないくらいのレベルで、それでのんびりとやっていくか、それともまだまだ“先進”国の競争に混じって走るか。選び時じゃないかと思います。どちらを選ぶにしても中途半端は惨めになると思いますが。一生懸命働いているのに貧しいとか、のんびりやりたいけど仕事が大変、とか。
そうなったらつらいと思いますが、そうなってしまうんだろうなと思います。

|

« 観られなかったお芝居 | トップページ | 訃報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/9758167

この記事へのトラックバック一覧です: 劣化:

« 観られなかったお芝居 | トップページ | 訃報 »