« イメージフォーラム付属映像研究所 2005年度 卒業制作展-2- | トップページ | はじめての歌会 »

2006/03/20

電氣猫フレーメン

土曜日の話の続き。
渋谷を後にして沼袋へ。途中、乗り換えの高田馬場で晩ごはん。ラージブートに行こうかと思ったのですが、近場で済ませてしまいました。
それから西武線で沼袋へ。
沼袋のBar&Gallery“ちめんかのや”さんへ、電氣猫フレーメンさんのライブを観に。

到着は思ったより早くて。だったらやっぱりイメージフォーラムの卒展、Gプログラムも見ておくんだったと後悔。道すがら見かけた本屋さんに入ったり、喫茶店でコーヒーとケーキで時間を潰したり。
入った喫茶店、なんか懐かしい匂いがしました。料理も出す喫茶店のよどんだ匂い。なんか懐かしくて。いや、懐かしい感じがしたけど、具体的にどういう記憶に結びついたのか良く判らなくて。

濃い目のコーヒーとチーズケーキ。食べ終わって、時間も頃合。ちめんかのやへ。

ちめんかのやさんは2度目。最初は犬吠埼ヂルさんの舞踏を観に行ったの。玄関を入るといきなり地下に続く階段があって。地下から1階、2階に上がるようになっている不思議な造りの建物です。地下2階もあるみたい。地下2階はワインセラー、地下1階はバー、1階は洗面所と楽屋、それから2階がフローリングのギャラリーになっていて、2回で公演は開かれました。

しかしつくづく不思議な家です。しかも、本来はしもた屋として作られたとか。ちょっと住んでみたい感じがします。しかし住んだら住んだで大変だろうなぁ、足腰弱ってきたら大変だろうなぁと思いますが。

今回、電気猫フレーメンさんの公演は、ちめんかのやで開かれているTAROT VISON~7人の世界~展の一環とか。

電気猫フレーメンさん。VEXATIONのピアニスト・永井幽蘭さん、黒色すみれのヴァイオリニスト・さちさん、球体関節人形作家でもいらっしゃる由良瓏砂さん、そして役者さんでいらっしゃる?常川博行さんたちのユニット、今回、マリリンさんとおっしゃる方を迎えての5人編成での公演でした。

当日は8時からの回と9時40分の回の2回。私は9時40分の回を拝見しました。遅く始まるなぁと思いましたが、よく考えたらライブハウスあたりでは最後のバンドが出てくる頃の時間ですね。遅く始まったおかげでイメージフォーラムの卒展も見られたし。

朗読劇。『姉妹』とかいうタイトル。お屋敷での、姉とハーピーになった?妹の話みたいでした。それと寺山修司の『水妖記』。それにちなんでか会場には由良瓏砂さんのハーピーのお人形も飾られていました。
歌はVEXATIONさんの曲、黒色すみれさんの曲などなど。そして嬉しかったのは『クレーター(食事のお礼)』。これは大槻ケンヂの『プカプカ』というアルバムに収められている曲(今回の歌の元ネタがそれかどうかは判りませんが)。これでもあたしはノーマン・ベイツ(筋肉少女帯オフィシャルファンクラブ)の会員でした。

マリリンさん、赤い拡声器を片手にお歌い。拡声器越しのチープに歪んだ声なのにぃあたしは何で感動してるんだろうかなぁと変なココロモチ。

という訳で11時少し回ったあたりで終演。帰宅しました。

しかし、寺山修司と少女的なものとの親和性、どこから来るのかなぁと。

|

« イメージフォーラム付属映像研究所 2005年度 卒業制作展-2- | トップページ | はじめての歌会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/9171081

この記事へのトラックバック一覧です: 電氣猫フレーメン:

« イメージフォーラム付属映像研究所 2005年度 卒業制作展-2- | トップページ | はじめての歌会 »