« 四季柑 | トップページ | 笑う、という事 »

2006/03/08

ヒトリシバイナイト MAX3

昨日は渋谷のTAKEOFF7へ『ヒトリシバイナイト MAX3』を観に行きました。
ひとり芝居だけを集めた寸劇集という趣向です。soma組さんがご出演というので。
6人の役者さんがおのおの10分弱ぐらいの寸劇を順繰りに演じる、というスタイルでした。主催者の海原さんは3本、他の方は2本のお芝居を演りました。

TAKEOFF7、残念ながらちょっとお芝居には不向きのようで。前のお客さんの間を縫うように舞台の様子を見ないといけません。ちょっと忙しかったです。もっとも私の後ろのお客さんのほうがもっと見づらかったと思いますが。ここらへん、新宿ゴールデン街劇場とかは小さなコヤなのに客席はひな壇になっていて、見やすかったのですが。まぁ、音楽系のハコだからしょうがないのでしょうが。

ひとり芝居ですし、舞台上も大道具といえば椅子とか台とかちょっと。シンプルです。

印象に残ったお芝居は、
“やまざき はくち”さんの『四季』『宝塚』。自殺癖のある男と、男の依頼で庭に池を造りにやってきた造園業者の男 とのやり取りのお芝居なのですが。同じシーンを『四季』では自殺癖のある男の側から『宝塚』では造園業者の男の側から演じています。“ひとり芝居”という 趣向を活かした作品でした。

岩ゲントさんの『悪魔 上』『悪魔 下』。『悪魔 上』では「なんか話が見えない」って印象だったのが、『悪魔 下』では、主人公が多重人格だと 解ってきて。これもひとり芝居というスタイルを活かしているなぁと思いました。で、その多重人格の中には自分の多重人格を研究する心理学者の助手というの もあって、自分の多重人格について考察するというのが面白かったです。しかし、その人格分裂の原因になったある事件については心理的なロックがかかってい て、無意識レベルでそれを無視するというのもそうだろうなぁと思いました。

で、somaさんのお芝居。演目は『2100年の井戸端会議』と『さくら2132号』でした。両方ともSFです。『2100年の井戸端会議』は、人 体パーツ工場の女工さんたちの休憩時間を描いた作品。『さくら2132号』は和風メイドアンドロイドに扮するsomaさんとご主人様とのやり取りを描いた 作品。うん、やっぱりsomaさんはうまいです。両作品はsomaさんオリジナルかどうかは判らないのですが、somaさんは“SFマインド”のある方の ように見受けられます。
そういえばご出演者の中でsomaさんだけが女性でした。

あと、『ショートショートショート!!!』と題してのコント。テーブルの上に唐草模様の風呂敷が一枚、というシチュエーションで各人がショートコントを演じる、というコーナーもありました。

そういうわけで、会場はちょっとどうかな?という部分がありましたが、ひとり芝居、楽しんできました。
なんかあたしって、万有のお芝居にしろ、こういうひとり芝居にしろ、なんかオーソドックスなお芝居は観なくて、特殊なのばっかり観ています。

・・・しかし、ホント、お客さんみんな笑うなぁ。笑うことが何かの集団アリバイみたい…。

|

« 四季柑 | トップページ | 笑う、という事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8997644

この記事へのトラックバック一覧です: ヒトリシバイナイト MAX3:

« 四季柑 | トップページ | 笑う、という事 »