« 幻想に生きる親子たち | トップページ | そうなっていく »

2006/02/17

高円寺ShowBoat

昨日は高円寺ShowBoatである方面の知人のバンドのライブを見に行きました。
高円寺はライブハウス通いを始めてよく行くようになった街ですが、ShowBoatに行くのは初めてです。
定刻とともに会社を飛び出し高円寺へ。駅そばの鯛焼きとか売ってるお店へ。ここはソーセージとかツナとかけっこう食事代わりになる鯛焼きを売っています。そこでツナ入り鯛焼きを買い、食事代わりに大急ぎでぱくつきます。そして開演時間の7時丁度にShowBoat着。

その方のバンドを聞きに行くのは初めて。その方が音楽をつけた舞台を拝見したことはあるのですが。そのバンドの演奏も楽しんだのですが、そのバンドも含めて当日ご出演4バンド中3バンドが知ってるバンドか知ってる方のいらっしゃるバンドでした。

ばるうむ、さん。仙台から。女性AG&Voと男性EGのバンドなんですが。その、女性の方は“ろみ”さん。ろみさんは無力無善寺で2度ほど三上寛さんの対バンで拝見しています。その歌の世界はまさしく女・三上寛。怨歌の世界。ラストの曲など私の事を歌ったような曲。あたしだって会社の女の子から「きも~い」とか言われているんでしょうねぃ。
で、ステージを降りたろみさんはとてもかわいらしい、素敵な方。たぶん、心にドロドロとしたものを抱えつつ、時にそれを発散しつつ、ふだんは素敵にしていられるという事ができる方なのだろうと思います。私も心にドロドロとしたものを抱えていますし、それを持ちつつ、それを時にはいい形で発散しつつ、普段はにこやかにしていたいと思っております。ろみさんには少々惚れましよ、私ゃ。

水晶の舟さんも三上寛さんや他のミュージシャンの方の対バンとして何度か拝見しています。幻想的な轟音、それを貫いて聞こえてくる朗々としたボーカル、いい感じです。
水晶の舟さんは吉祥寺駅前のハモニカ横丁でガネーシャというカレー屋さんをなさっています。徹底的に煮込まれたカレー、サフランを入れて炊き上げたインディカ米のライス、お勧めです。

というわけでまたちょっと不思議なご縁のあったライブでした。

|

« 幻想に生きる親子たち | トップページ | そうなっていく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8700705

この記事へのトラックバック一覧です: 高円寺ShowBoat:

« 幻想に生きる親子たち | トップページ | そうなっていく »