« 世田谷文学館 | トップページ | ホワイトブレス・フィギュア・コレクション2 »

2006/02/14

居酒屋の春

何度か書いていますが、寒い間はアパートの近所にある、おじいさんとおばあさんがやってるおでん屋さんによく行ってます。大きなおでん鍋が窓際に据えられていて、持ち帰りもできるおでん屋さん。さすがに夏場はおでんはやめて普通の居酒屋さんになってるのですが。
やっぱりおでん屋さんはおじいさんやおばあさんのやっているお店がおいしいような気がします。

まぁ、そう高級っぽくない、普通のおでん屋さん。塩垂れたおやぢがお銚子傾けてるのがぴったりな感じ。あたしも塩垂れたおやぢの仲間入りしつつありますから、居心地いいです。まぁ、お店の人ともほとんど話さないし、常連仲間もいませんが。ただ、黙っておでんとか肴をつまんでいるといい気分です。

そう、そう高級店ではないのですが、ちょっと変わった肴が時々あります。京野菜の万願寺唐辛子なんかはじめて食べました。そういうちょっと粋なセンスがいい感じです。たぶん、おじいさん、実はちょっとした料亭にいらっしゃたりしことがあるんじゃないかと思ってます。

で、先日は春の肴のオンパレードでした。鰆の西京焼き、タラの芽の天ぷら、菜の花のおひたし、竹の子の煮付け、etc。さすがに全部は頼めないので、竹の子の煮つけを。シャキシャキとした歯ざわりがいいです。

春はもうすぐでありましょうか。

|

« 世田谷文学館 | トップページ | ホワイトブレス・フィギュア・コレクション2 »

コメント

 引っ越して、よかったこともいろいろあるけど、悲しいのは近所にろくな飲み屋がないこと。養老の滝とかすらないのよ。営業してる店はあるけどあるとき入ってみたら品書きにあるつまみはまったくできなくて、一週間煮込んでるようなおでん鍋の中身しかなく、またそれがトラウマになりそうなくらいまずかった。

投稿: こばゆ | 2006/02/14 23:09

こばゆ様
うん、私の住んでいるところはいわゆる下町。
たぶん、地元の人相手の小さな居酒屋が生き残れていたのだと思います。お互い知っている関係だからむちゃくちゃうまいとかむちゃくちゃまずいとかはなくて、ちょうどいい感じのお店になったのかと。
こばゆのお住まいの場所はたぶん、人の入れ替わりがずいぶんあって、だから地元の人相手の居酒屋とかはなくなってしまったのかもしれませんね。
と言いつつ私の地元も再開発が進んでいて、商店街の個人商店、好きだったお店もだいぶなくなってしまっていて。たぶん、そういう居酒屋とかも風前の何とやらなのでしょう。

投稿: BUFF | 2006/02/15 18:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8655139

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋の春:

« 世田谷文学館 | トップページ | ホワイトブレス・フィギュア・コレクション2 »