« 東京心中 | トップページ | 投票しました »

2006/02/27

発情期

もうすぐ春、ではあります。で、昨日は良く眠れませんでした。

発情期の猫の声がうるさいです。それで昨夜は夜中にたたき起こされました。あの声は赤ん坊の泣き声を思いっきり不気味にしたようである時もあり。たぶん、人は赤ん坊の泣き声に敏感にできてると思います。だから、赤ん坊の泣き声に近い猫の発情期の声は耳につくのかと。
いや、うるさいのと、こっちは懐寒くて風俗もゴブサタ状態なのにぃという感じであります。
しかし、昨夜はほんとにうるさくて、コンチクショーと思わず愛用のエアガンなど取り出しそうになりましたが。

私は動物好きなほうと思いますが、でも、不快にさせられるとそれだけ敵意を持ってしまいます。私は子供も好きなほうと思いますが。でも、たぶん、子供が夜泣きしたりぐずったりするとすぐブチ切れてしまって、虐待してしまうんだろうなぁと思います。家庭を持たないのは正解かも。いや、持てなかったんですがね。

ちなみに、ある方のお話によると、猫のペニスの根元にはたくさんのトゲが生えているそうです。たぶん、交尾中に抜けないようにという進化の工夫でしょう。ちなみに犬は交尾中、ペニスの根元が膨らんでメスのヴァギナから抜けないようになってるそうで。だから、交尾中の犬に水をぶっ掛けると簡単には抜けなくて、繋がったままヨタヨタと逃げようとするわけです。また、獣姦で、人間の女性がオス犬とまぐわった場合、そのせいでペニスがなかなか抜けなくなって救急車を呼ぶ羽目になったりするそうです。いや、閑話休題。
で、メス猫にとってそのトゲはとても痛くて、メス猫にとって交尾は苦痛であるとのその方のお話しでした。生物にとって交尾は無上の快楽、だから生物は進んで交尾しては増えるものだと思っていた私には少々ビックリのお話しでした。

メス猫は、本能の声に従い交尾しないといけないのですね、それが苦痛であっても。まぁ、「痛みが快感」の世界もありますが。
だとすると、あの悲鳴のような猫の発情期の鳴き声も解るような気もします。

|

« 東京心中 | トップページ | 投票しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8858715

この記事へのトラックバック一覧です: 発情期:

« 東京心中 | トップページ | 投票しました »