« ライブ初め | トップページ | ライブ行、新年2発目。 »

2006/01/06

人体模型のガチャ

YUJINのガチャポン、人体解剖図鑑Ⅱというのを回してみました。1回200円のガチャです。
文字通り人体模型をガチャポンにしたものみたいです。人体模型の老舗、京都科学とのコラボレーション製品とか。
わたしは人体解剖図とか見るの大好きでした。理科室の標本とか人体模型とかも好きでした。機械モノも好きだし、そういう内部のメカニズムに興味を惹かれる性格のようです。
昔、人体模型のプラモデルというのを買ってもらったことがあります。外国製だったと思いますが。むちゃくちゃパーツの合わせの悪いモデルで、まともに組み立てられなかった記憶があります。

この人体解剖図鑑Ⅱというのは面白い仕様になってます。
ラインナップは「人体骨格模型」「男性人体模型」「目の構造模型」「胃模型」「骨盤付き正規妊娠」「手の筋肉と前腕」「歯列発育順模型」「頭蓋骨構造模型」(これがシークレット)とあるんですが。「人体骨格模型」と「歯列発育順模型」と「頭蓋骨構造模型」は彩色版一種類のみ?(クリア版もあるのかなぁ)みたいなのですが、他の「男性人体模型」「目の構造模型」「胃模型」「骨盤付き正規妊娠」「手の筋肉と前腕」はそれぞれ、パーツ構成によって2種類あります。パーツ自体は共通で、カラーが彩色版とクリア版のミックスなんですが、おのおの彩色パーツとクリアパーツが互い違いになってます。つまり、全パーツ彩色版(あるいはクリア版)で欲しかったら、その2種類を両方入手しないと彩色版なりクリア版なりのパーツがフルに揃いません。アイディアであり、風変わりであり、ちと意地悪を感じる構成であります。コスト面を考えるとこうするしかなかったのかと思いますが。
現役モデラーだったら自分で塗っても良いなぁとも思いますが。

で、9回まわして2千円行く寸前に我に返りました。で、出てきたのがこちら。
060106「人体骨格模型」「男性人体模型」「目の構造模型」「骨盤付き正規妊娠」「手の筋肉と前腕」「頭蓋骨構造模型」です。「骨盤付き正規妊娠」がダブりましたが、胎児の模型はちょっと遊んでみようかと思います。「男性人体模型」「骨盤付き正規妊娠」は2種類両方出たので彩色版とクリア版にしてみました。
「頭蓋骨構造模型」ですが、クリアパーツを芯にして頭蓋骨の各パーツを組み合わせていくようになってます。その芯になるクリアパーツが2種類ついていて、頭蓋骨に組みあがった状態、各パーツを分離させた状態、2つの状態を選べます。なかなか芸が細かいです。

パーツの合いは事後に変形したのかあまり良くない部分もあります。しかし、値段なりと考えるとこんなもんかなぁともいう感じ。分解組み立てを楽しめるようにはなってますが、飾るなら接着しておいたほうがいいような気がします。無くなりそうな小さなパーツもあるし。

惜しむらくは添付のリーフレット。製品写真と何の標本であるのかの紹介が1行だけ。それから全種共通で京都科学についての紹介記事のみ。模型の各部位の解説とか、もうちょっと品物に絡めて「人体豆知識」みたいなコーナーとか、京都科学の紹介もそれぞれ別のを付ける、例えばある品物には京都科学の歴史、またある品物には人体模型の製作過程、とかしてくれたら面白かっただろうと思うのですが。特にこの手の品物はそういうのが欲しかった様な気がします。「ワールドタンクミュージアム」とか「世界の艦船」とか「新江ノ島水族館~」とかみたいに、ある種のアカデミズムを感じさせる品物ですから。

しかし、こういう人体模型、本物を買うとすれば数十万円以上の世界かと思います。そういうのを気軽に楽しめるこういうガチャ、良いと思います。

|

« ライブ初め | トップページ | ライブ行、新年2発目。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8016338

この記事へのトラックバック一覧です: 人体模型のガチャ:

« ライブ初め | トップページ | ライブ行、新年2発目。 »