« こんな週末 | トップページ | 何はさておき »

2006/01/24

DVD-ROMドライブ交換

-R焼き用のDVD-RドライブとROM読み用のDVD-ROMドライブは分けて2台で使っています。高価な-Rドライブはなるべく使わずに長持ちさせようという意図もありましたし、DVD-ROMドライブとDVDは読めないCD-Rドライブと両方使っていた時のなごりでもあります。
もうDVD-Rドライブも十分安価になったし、別にDVD-Rドライブを普通の読み用ドライブとしてもガシガシ使って、壊れたら交換するって体制でもいいかとも思いますが。

で、今使っている東芝のDVD-ROMドライブ、SD-M1912の調子がだいぶ悪くなってきました。ディスクを入れても認識せずにトレイがまた開いたりして。とうとう最近は普通に使っている最中に突然トレイが飛び出すようになって来ました。
買ったのが2005年3月下旬ですから10ヶ月くらいしか使ってません。寿命と考えるとちょっと短すぎます。一度途中でトレイに挟まったディスクを無理やり引っ張り出した時があって。その時にどこか壊れたのかもしれません。

仕方がないので新しいDVD-ROMドライブを秋葉原で購入しました。

今までDVD-ROMドライブは東芝製を愛用していたのですが、今回はBenQ製の品物を買ってみました。DVP1650Vという品物です。BenQは液晶モニタとかドライブとか、色々製品を出してるみたいですが、BenQの製品を買うのは初めてです。

DVP1650VはCD-ROM読み込み最大50倍速、DVD-ROM読み込み最大16倍速とか。M1902はCD-ROM読み込み最大48倍速、DVD-ROM読み込みは最大16倍速ですから、スペック的にはそう変わりません。お値段はバルク、バンドルソフトなしで3千円弱でした。お店によってはDVD再生ソフトが付いていたりバンドル版を安く別売りしているところもありますが、私の買ったお店ではそういうのはなかったみたいです。3千円、今時のDVD-ROMドライブの相場は大体そのくらいみたいです。

しかし、お店でもDVD-ROMドライブ自体あまり見かけなくなりました。DVD-Rドライブがでんと並べられている棚の片隅にちょっとだけ、しゃがまないと見えない場所に置いてあるくらい。DVD-Rドライブもだいぶ安くなって、今時は特に焼く用事がなくてもとりあえずDVD-Rドライブ積んどけという感じだし、仕方ないとは思います。

まぁほんとうにDVP1650Vは特に何の変哲も無いDVD-ROMドライブであります。ベゼルも地味だし。
ちょっと面白いと思ったのはトレイが黒っていうところ。レーザーの乱反射を抑えるという効果があるそうですが。しかし劇的な効果があるのならどこのメーカーも黒トレイを採用していると思いますが。どこかの特許なのかな?
それとちょっと便利と思ったのがドライブにメディアが入っている状態だとアクセスLEDが点きっぱなしになるという点。ドライブにメディアが入っているかどうか一目で判るのが便利かと。

東芝製ドライブを愛用していた理由のひとつはNero CD-DVD Speedのディスク品質テストに一部を除き対応しているのも理由のひとつでした。サポートドライブリストを見る限り、DVP1650Vは対応していないようです。しかし、リストにあるDVD-ROMドライブはもう店頭ではほとんど見かけませんし。まぁ、物は試し。ちょっとチェックしてみました。

060124_1 M1902と同じでジッタが出ませんが、あとの数値は出るようです。



060124_2 これは同じディスクをM1902でチェックした結果。上のグラフと比べてみると読み取り能力はM1902よりDVP1650Vの方が優れているようです。ただ、M1902はしばらく使っていた上での状態ですが。
まぁ、DVP1650Vは悪くないドライブだと思います。買って満足です。値段も手ごろだし。後はどのくらいもつかという所です。M1902みたく1年使えずに故障というのはちょっと困ります。そう言えばDVD-RドライブのGSA-4082Bも1年ちょっとで壊れたんだよなぁ。お値段は安くなってるんだけど、その分壊れやすくなってる訳か…。

実はパイオニアのDVD-123というDVD-ROMドライブも売られていて。それは6千円位したんですよね。普通のDVD-ROMドライブの倍。余裕でDVD-Rドライブが買える値段。たぶん、その分とても品質がいいんだろうなと思いました。買おうかどうか悩んだんだけど。DVP1650Vがあっさりと壊れたらそれを買おうと思っています。

で、今回も秋葉原でガチャポンを回してきました…。
…いや、回したんだけど引っかかったか何かで出てきませんでした。ギャルフィギュアのガチャだったんで店員さんにも言えなくて。ガチャベンダーってのは結構出てこないことがあるみたい。ハンドルを定位置にしてからゆっくりとお金を入れて、ゆっくりと回してやらないと結構引っかかりやすいそうです。
ガチャベンダーってのはコンパクトサイズで電源も不要、だから店頭とかに気楽に置けて。それで市場を広げてきたのだろうと思います。たぶん価格もそう高いものじゃない、気楽に置けるくらいの価格だろうと思います。しかしもうちょっとしっかり作って欲しいなと思います。
せめてお金を入れても出ない故障とお金を入れなくても出てくる故障と半々にして欲しいぞ。

|

« こんな週末 | トップページ | 何はさておき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/8298237

この記事へのトラックバック一覧です: DVD-ROMドライブ交換:

« こんな週末 | トップページ | 何はさておき »