« あっちの空っていいな | トップページ | 短歌絶叫コンサート »

2005/12/19

デリシャカーニバル

土曜日は青山の月見ル君想フにデリシャスウィートスさんの企画ライブを見に行きました。
題して『デリシャ●カーニバル とびだせ人間!第11回目 チムニーのラブレターでアタックしよう!』とか。
ご出演は
母檸檬さん、
THE PILLOW TALK 4さん、
演劇実験室◎万有引力さんより、井内俊一、金川和彦、飛永聖、森陽子、 高橋優太さん。
山田広野さん、
そして、デリシャスウィートスさんでした。

母檸檬さん。今回でEBのチョロギさんが脱退だそうであります。残念です。
母檸檬さんのライブに通い始めてしばらくして、メンバーの方々がぽつぽつ脱退されて。どうなるんだろうなぁと心配しながら拝見していました。しかし、宇津さん、水仙丸さん、チョロギさんという編成で復調して、毎回ライブを楽しく拝見することができるようになりました。
今回チョロギさんは最後という事なのか、素顔を出しての演奏でした。

THE PILLOW TALK 4さん。ガレージサイケバンドだそうです。フルートとボーカルの女性の方、あと男性でEG、Dr、KeyB&EBという編成のバンドでした。インストメイン、入る歌は外国語の歌詞のようでした。

山田広野さん。活弁、つまり無声映画の台詞を語る活動弁士さんです。デリシャさんご出演の作品とか自作の短編を幕間に何本か。語りを変えることで同じ作品が別物になるという趣向、楽しかったです。

万有引力さん。幕間のコントとかサポートのほうに回ったようです。できたらワンステージ、万有のお芝居で歌われた曲をやって欲しかったのですが。ちょっと残念。ただ、開演前、万有式で役者さんたちが客席をもぞもぞうごめいていらっしゃいました。

そして、デリシャスウィートスさん。なんて言えばいいのかな、昭和40年代風セクシーパフォーマンスグループです。沢たまきの「プレイガール」とか昔の11PMとかのイメージ。小さいころ、親に隠れてこそこそ見ていたエッチ番組のイメージです。
だから、懐かしい感じです。そして、そんな感じだから、デリシャの皆さん、私よりずっと年下で、あのころはもちろん生まれていない方がほとんどと思いますが、なんか私よりずっと年上の、大きいお姉ちゃんという感じがします。
キーボードの音がいいです。エレクトーンの音。あのころ、テクノロジーが人類を幸せにすると無邪気に信じていられた時代。エレクトーンはそのテクノロジーの産物、モダ~ンな、新しい時代の音でした。懐かしいです。

カウンターに寄りかかって立ち見していましたが、ちょっと腰が痛くなって。やっぱりなんとかせんといけないなぁと思います。腰周りに筋肉をつけて、筋肉で腰を支えるようにしないといけないのですが。億劫です。

今回、万有さんの歌が聞けなかったのがちょっと残念でしたが、楽しいライブでした。デリシャさんは年明け1月6日に新宿・レッドクロスでライブ、対バンに日比谷カタンさんのようですので、そちらも見に行きたいと思っています。

|

« あっちの空っていいな | トップページ | 短歌絶叫コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/7692218

この記事へのトラックバック一覧です: デリシャカーニバル:

« あっちの空っていいな | トップページ | 短歌絶叫コンサート »