« 弱り目にかすみ目… | トップページ | 手作り絵本展2005 »

2005/12/05

コウソクさんの展覧会

金曜日はコウソク10792512さんのインスタレーション展示初日を見に行きました。
場所は高田馬場のタナトス6というところ。雀荘とか入っている雑居ビルの6階。
こういう雑居ビルって、上階はオーナー家族の住居とかになっていることが多いですが、たぶん、タナトス6さんはそういうオーナー家族用の住居スペースを改造したギャラリー風の施設みたいです。ビルの階段とは別に階下に繋がる階段があったり。インスタレーションのスペースも板の間に続いて八畳ほどの座敷があるような不思議な感じの空間でしたが、和洋折衷家屋の仕切りの襖か何かを取っ払ったもの、と考えると普通です。ただ、その畳の間が不思議な雰囲気をかもし出していたのも事実です。

で、展示初日ということでコウソク10792512さんと母檸檬の御手洗水子さんのパフォーマンスがありました。コウソク10792512(この数字の意味は未だに教えてもらってないのだけど)さんが水子さんにリボンを巻きつけていくというような感じのパフォーマンス。

それからオープニングパーティーということでお酒とお料理など頂きました。どうもありがとうございます。おいしかったです。やっぱり何かやってる人のこういう晴れやかな場っていうのは、余方の私でもいい気分になれます。たぶん、実際おやりになってる方になるともっといい気分のものなのでしょう。私も何かしなきゃしなきゃと思うのですが、思ってるうちは何もしないなぁということも理解しています。

インスタレーション、テーマは「人を閉じ込める部屋」だそうです。どんなものかはご覧になってのお楽しみという方向で。
閉じ込められること。しかし、それを人は求める時もあり。そうですね、私もそう指向する時もあるかもしれませんね。「女の子映画」のひとつのスタイルを見せてくれた和田淳子さんの映像作品『閉所嗜好症』を思い出します。もう10年位前になるかなぁ、イメージフォーラムの卒展でこの作品を拝見した時はずいぶんショックを受けたものです。

こういった事をもっと掘り下げれば「人はほんとうに“自由”とか“平等”とかを心の底から望んでいるのか?」という命題にぶち当たると思いますが。

|

« 弱り目にかすみ目… | トップページ | 手作り絵本展2005 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/7473631

この記事へのトラックバック一覧です: コウソクさんの展覧会:

« 弱り目にかすみ目… | トップページ | 手作り絵本展2005 »