« 正しい言葉 | トップページ | FireFox1.5 »

2005/11/30

狂った未来信者のための音楽

昨日は初台・ドアーズへ。「狂った未来信者のための音楽」と題する企画。
日比谷カタンさんご出演という事で。

当日のご出演は
 arepos(ゲスト:梅津和時(sax,cl)&太田惠資(vo,vl))さん、
日比谷カタンさん&梅津和時さん、
新大久保ジェントルメン(ゲスト:亀正司(バグパイプ、クラリネット))さん、
でした。
どのご出演者もユニットだったりゲスト参加ありだったりという感じです。

areposさん。女性Vo(&Dr)と男性KeyB(というよりEPかな?)のバンド。
サイトを拝見すると谷山浩子トリビュートバンドみたいです。私が聞いた感じでは矢野顕子っぽい感じもしました。そういう感じのバンドです。谷山浩子はオールナイトニッポンをたまに聞いていて、LPのテープ版(CD普及前、レコードプレーヤーは持ってないころ買った物です)を1本持ってるくらい、矢野顕子はCDを1枚持ってるくらいですが。

日比谷カタンさん&梅津和時さん。10月のリトアニア&ハノーバー公演ユニット仕様なので楽しみでありました。
まず日比谷さんソロで「いびつな月のはからい」「ウスロヴノスチの切符切り」「スキゾフレニイアパルトメント」(例によって例のごとく間違っていたらごめんなさい)。それから梅津和時さんを迎えて、「逆牴牾参る(さかさもどきまいる)」からのメドレーセッション。RCサクセションの曲とかもあったようでした。
梅津さんはサクソフォンの長いの(サクソフォンではない、ようですが、こういう説明のしかたしかできない)、サクソフォン、それからクラリネットが木じゃなくて真鍮なのみたいな楽器、とかをお使いでした。ここらへん私の基礎教養ができてないのがまる解りですな。ちなみに漠然と金属でできたのが金管楽器、木でできたのが木管楽器、と理解していましたが、改めて調べてみてそうじゃないと知ってびっくりでした。

トリが新大久保ジェントルメンさん。
今回、入場してステージを見てびっくりしました。ドラムセットが2組、それからキッズドラムが1組設置されていました。ツインドラムのバンドまでは見たことがありますが。ひとつはキッズドラムとはいえ3組ドラムが設置されているのを見たのは初めてです。で、新大久保ジェントルメンさんは3つ同時にお使いでした。
新大久保ジェントルメンさんは3人編成。KeyBにDrとかも叩かれる方、金管/木管楽器各種にDrも叩かれる方。ヴァイオリン2丁(片方はビオラだったかも)、ホーミー?にDrも叩かれる方、でした。セッションバンドらしく変幻自在でした。出演の時は通しで1セッション、アンコールで1セッションでした。
そしてゲストに亀正司さん。客席後方からバグパイプの音が聞こえてきた時は度肝を抜かれました。ご衣裳もスコットランド軍の盛装のようでした。突撃の時はあの格好でバグパイプ鳴らしながら進軍するんですよね。砲弾や銃弾がバンバン飛び交う中でも平然と。

新大久保ジェントルメンさんはアンコールがあったのだけど、ゼヒ梅津さんや日比谷さん、そしてareposさんも交えてのセッションにして欲しかったです。

楽しいライブでした。

|

« 正しい言葉 | トップページ | FireFox1.5 »

コメント

ヴァイオリンの大田さんすきです。声もすばらしいですよね。mixiのコミュ入ってるよーん。

投稿: 敬々 | 2005/11/30 21:58

高校時代、芸大の教授という方がヴァイオリンの演奏にお見えになりました。ほんとに弦に弓を当てた最初の一音で蜜を耳に流し込まれた感触を感じた経験でした。その教授の方はあとで楽器屋からリベートを受けたとして吊るし上げを食らった方なのですが。
敬々さん、ご存知ですか。びっくりです。インディーズの世界は深いですね。「野に遺賢あり」なんて言葉さえも裸足で逃げ出します。

投稿: BUFF | 2005/11/30 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/7392192

この記事へのトラックバック一覧です: 狂った未来信者のための音楽:

« 正しい言葉 | トップページ | FireFox1.5 »