« ここを見ているかどうかはわからないけど | トップページ | おでん始まる »

2005/09/24

日比谷さんとURiTAさんのライブ

昨日は神楽坂のDimensionへ。日比谷カタンさんのライブを観に。
飯田橋から地下鉄一駅くらいと思って神楽坂へ。いや、神楽“坂”っちゅーのに気がつきませんでした、上り坂を汗かきながら登り。
Dimensionは不思議な場所。普通のライブハウスっぽい、黒を基調にした荒っぽいかんじの内装なのですが、ライブハウスによくあるように天井はパイプとかむき出しで。でも、床が小石を混ぜたコンクリで、ステージには踏み石が埋め込んであって、なんかコンクリ造りの和風料理屋のような風情。この場所の前身がそうだったのでしょうか?

ライブのご出演は
Jugger nortさん、
Blancreamさん、
日比谷カタンさん、
そして、
URiTAさんでした。

最初がJugger nortさん。男性3人、EG&EB&Drのオーソドックスなスリーピース編成のロックバンドでした。バンドの巧拙はあまりよく判らないのですが、ほんとに上手い、手堅い感じのバンドでした。

お次がBkancreamさん。男性3人のEG&EB&Drのバックバンドに女性ボーカルのバンド。
ボーカルの女性の方のキュートな歌声が印象的でした。
Blancreamさんはこのライブを最後に活動休止とか。寂しい事ではあると思います。しかし、私は、みんなで力を合わせて何かに打ち込んで、そしてそれが終わる、という経験がほとんどないものですから、ちょっとうらやましく思ったり。変かな?変でしょうね。

賑々しいバンド2組の後はギターソロ弾き語りが2組。

3番目が日比谷カタンさん。
最初に「ヲマヂナイ」、それから「畸形認メ申ス」とつながるのかなぁと思ったらちょっと違う感じになって。「スキゾフレニイアパルトメント」でした。それから「キッチンレアリヅム」。トークをはさんで「逆牴牾参る」。「逆牴牾参る」は「ウスロヴノスチの切符切り」ともう一曲、曲名が判らない曲とのミックスバージョンみたいでした。「対話の可能性」。そしてもう一曲「あっちの空っていいな」。「キッチンレアリヅム」と「あっちの空っていいな」久しぶりに聞けてうれしかったです。それと今回はちょっとシャープな感じがして、それもよかったです。

そしてラストがURiTAさん。
URiTAさんは日比谷カタンさんの対バンで数ヶ月に1度くらいの割合で拝見していますが。
いつもは白い生成りの衣装、というイメージだったのですが、今回は赤い衣装。
ちょっとトラブルの多かったステージだったのですが、雰囲気がとてもよくて、楽しめました。そういう機微ってのもちょっと面白いと思います。
以前のライブで聴いていて、好きで憶えていた「さくら」がラスト、と思ったら、歌い忘れの歌を一曲。

で、Dimensionを後にしました。飯田橋へ。今度はちょっと下り坂。ふと思い立って、市ヶ谷まで歩いてみることにしました。法政大学の脇を通って。天井棧敷が「盲人書簡」で杮落としをして、演劇実験室◎万有引力もたびたび公演を行った学生会館大ホール。そして真利子哲也さんの映像作品「マリコ三十騎」で描かれていた学生会館。それらはやっぱり取り壊されていて。お高い、ピカピカの、ご清潔な新校舎が高くそびえ立っていて。それを見届けて市ヶ谷駅から帰宅。

|

« ここを見ているかどうかはわからないけど | トップページ | おでん始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/6097017

この記事へのトラックバック一覧です: 日比谷さんとURiTAさんのライブ:

« ここを見ているかどうかはわからないけど | トップページ | おでん始まる »