« 彼はとてもいいことを書く | トップページ | 18日は »

2005/09/09

かみちゅ!DVD第1巻

数日前、アマゾンにオーダーしていた『かみちゅ!』DVDの第1巻が一緒にオーダーしていたコミックス版ローゼンメイデン5巻と共に届きました。注文を入れたのは発売から10日ほどしてだったんですが、初回限定版が届きました。

かみちゅ!は80年代の尾道を舞台にある日突然神様になってしまった中学2年生の女の子とその周りの人々が引き起こすエピソードを描くハートフルコメディ、であります。
第1巻にはテレビ放送第1話「青春のいじわる」と第2話「神様お願い」が収録されています。

前にも書いた通り、かみちゅ!は今いちばん楽しみにしているテレビ番組であります。時代は80年代、懐かしく(いや、歳をとったもんだわサ)。大林映画でお馴染みの尾道が舞台、という事で、空気もとてもいい感じです。

メインの登場人物は、神様になった女の子、一橋ゆりえ。ゆりえの友達の四条光恵。ゆりえが神様になったと知って近づいてきたクラスメイトの三枝 祀(まつり)。ゆりえの弟の章吉。祀の妹のみこ。そして、ゆりえが片想いしているクラスメイトの二宮健児。

三枝 祀の家は神社なんだけど、父親が神職にやる気がなくて神社も潰れかかっています。(説明はないのだけど、よく見ると祀のお弁当のおかずが家の畑で採れた?野菜だけっていう芸の細かさ。本作ではそういうディテールの凝り具合あちこちに見受けられます。それがいいです。)だから、神様になったゆりえがまさしく救いの神に見えて近づいたという訳。

ゆりえのお父さんとお母さんも出てきます。お母さんはかわいらしくて優しくて、お父さんにぞっこん。お父さんはちいと太めでなんか親近感がもてます。たぶん私と同じかちょっと上くらいの歳になるかと思いますが。ほんとにこんな家庭が持ちたかったと思わせるような家庭であります。

(以下ネタバレゾーンにつき)

第1話「青春のいじわる」。冒頭、お昼休みにお弁当を食べながら、光恵に「あたし、神様になっちゃった。」と話すゆりえ。オーディオコメンタリーにもあるけど、この冒頭シーンでこのアニメにはまるかどうか分かれると思います。日常的な風景に何の前振りもなく唐突にシュールな台詞。私ははまったクチです。

そう、この感覚がとてもいいです。
懐かしさを感じさせる街、尾道を舞台に、神様になった女の子と、この世ならざる八百万の神様・もののけたち、それが自然に同居している感覚が大好きです。シュール&ナチュラルな世界観。
そう、私の感性の根っこにはアニミズムがあるみたいで。だから、物を捨てられない性質なのだろうと思います。
印半纏を羽織ったサメ兄貴、惚れましたぜ。

深夜アニメはDVDとかで制作費を回収するという賄いになっているそうですが。だから、DVD特典として本放送と比べて何をおまけにつけるかというのがあって。
今回DVD特典として、放送回にはカットが追加され、あと、DVDオリジナル回が追加されるようです。放送は全12話、DVDオリジナル回は4話追加されるとか。放送だけ見る人とDVD買う人、ちょうどいい差別化じゃないかと思います。「最終回はDVDで」とかいうんじゃなけりゃ。(かつて最終回はDVDか有料放送でしか見られないというアニメもあったそうですが、それはいけないと思います。)

詳しく比べてはいませんが、気付いた限りでは、第1話では来福神社でのシーンがいくつか追加されています。祀が妹のみこをゆりえと光恵に紹介するシーンがありました。みこが神様とかが見える霊感少女らしいって事が解説されるのここが初めてみたい。(テレビ放送分だけ見てるとみこの霊感について語られるのは第2話になるのですが)

第2話では、テレビ放送分ではお話の最初のほうで唐突に、祀がゆりえたちに、じぶん家の神社で「ゆりえちゃん祭り」をしようと持ちかけるようになってますが、DVD版だとゆりえが神様になったのをクラスメイトや教師がからかっている感じで、それを巻き返すためにお祭りをしようと持ちかけるようなお話の流れになっています。それと“神様ご休憩センター”のシーンが少し追加になっていて。このくだりが大好きな私にはコタエられません。

あと、DVD特典としてオーディオコメンタリーというのがついています。音声にスタッフによる解説が入っているっていう形。最初のほうだけちょっと聞きましたが、監督さんと脚本家さんのようです。トークショーっぽいというか、雑談形式っぽい感じです。まぁ、まだ見るならオリジナル音声で楽しみたいので、コメンタリー入り音声はあとでまた聞きたいと思います。

ちょっとしたパンフレットが付いています。キャラクターやもののけたちの紹介、スタッフからのイラストメッセージとか。今まで買ったDVD自体でこういうのが付いていたのは『王立宇宙軍』以来でしたから、ちょっと嬉しかったし、DVD版買ってよかったという感じです。
あと、初回限定版の特典としてキャラクター原案の羽音たらくさん描き下ろしのピンナップ。ゆりえの全身像でした。ちょっと嬉しいけど、初回限定を入手し損なって購買意欲が著しく下がるという程のおまけじゃないのでいい感じです。『ローゼンメイデン』だと初回限定がピクチャーレーベル(DVDのレーベル面が多色刷り)で、第1巻初回限定の全巻収納ケースの台座の絵柄にぴたりとはまる仕様だったので、初回限定を買い逃すと購買意欲が著しく下がるんじゃないかと思ったのですが。(私は『ローゼンメイデン』は全巻初回限定で揃えました)

かみちゅ!のDVDは1巻2話入り一時間分弱の尺で、アマゾンのディスカウント価格で4,200円。やっぱりちょっと高いと感じます。まぁ、音楽CDがそのくらいの尺で3,000円弱だからそれと比べればとも思いますが。でも、やっぱり、もうちょっと安くなるか、4話で4,200円くらいにして欲しいなぁというのが本音です。ほんとにOVAってどのくらい売れて、どのくらい儲けがあるのかはぜんぜん分からないんですが。安くしたら数が出てもっと儲かるかどうかも分からないし。この値段で売れる数がいちばん儲かるパターンなのかもしれませんが。

で、第1巻の第1話と第2話は放送分でももう見た回。でもまぁ第1巻ということで。あとは見逃した3話と8話の入っている巻を優先的に買って、次はDVDオリジナル回の入っている巻。あとはもう放送で見た回が入っている巻、っていう感じでぼちぼちと買っていきたいと思っています。全巻揃えたいけど、やっぱりちょっとカイショがないよぉ。
でも揃えちゃうんだろうなぁ…。

|

« 彼はとてもいいことを書く | トップページ | 18日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/5840828

この記事へのトラックバック一覧です: かみちゅ!DVD第1巻:

« 彼はとてもいいことを書く | トップページ | 18日は »