« ホビージャパン | トップページ | 容疑者 室井慎次 »

2005/09/30

また修理

これでしばらくケースは開けない、と思っていたPCから、異音がしてきました(涙)。
どうやらビデオカードのファンがおシャカになりつつあるみたいです。

ビデオカードのチップクーラーを外して…と思いましたが、外せず、思い余って固定用のピンをニッパーでちょん切りました。ちょん切ってから気がつきましたが、どうやらロックピンを抜かないと外せない仕様のようです。
で、外して愕然としたのが、RADEON9600proのチップはAthlonXPみたいにコアむき出しだった事。クーラーを外して、熱伝導両面テープでチップクーラーをくっつけようと思ったのですが。コアむき出しだと接着面が小さすぎてテープじゃ固定できそうにありません。ピンで留めるタイプのチップクーラーがいるようです。で、ジャンク箱をあさって昔買ったBlue Orbというチップクーラーを引っ張り出してきました。ファンの周囲にフィンがついた、青い、きれいなチップクーラーです。きれいだったので衝動買いしたのですが、けっこう大柄でもてあまし気味でした。こいつのピン穴の間隔があつらえたようにぴったり。で、これを装着しました。
ただ、Blue Orbは背が高いので、AGPの下のPCIスロットが使えなくなります。ただでさえ3本しかない939Dual-SATA2のPCIスロット、使えるスロットが2本になりました。M-ATX並みの拡張性です。音もつけようと思っていたチップクーラーより少々大きめ。
ま、今度秋葉原に行く時に、新しいチップクーラーを探しましょう。ほんとはビデオカードも新調したいけど。

で、ついでだったので、キャプチャカードGV-MVP-GXWのXcodeⅡエンコードチップにつけてあったファンつきチップクーラーをヒートシンクに張替え。夏場、けっこう熱を持つのでファンつきのチップクーラーをつけていたのですが、ファンのモーターのノイズとかが画質に影響しないかなと気になって。元々は裸のチップでしたから、ヒートシンクをつけただけでもいいかなと。でも、基板を見るとヒートシンク用の空きパターンがあるんですよね。これもちょっと大き目のヒートシンクが欲しいところ。これも次に秋葉原に行く時に探そうと。

実は、10チャンネルと12チャンネルにけっこうノイズが乗るのです。それで困っていて。で、思い立って、以前室内アンテナのアンテナ線を延長するのに使っていた太目のアンテナ線を使ってみることにしました。同じくジャンク箱をあさってコネクタを探してきてアンテナ線に取り付けます。私はアンテナ線を外部-ビデオデッキ-PCという風に接続しているのですが、ビデオデッキ-PC間のアンテナ線をこいつに変えてみます。なんと!驚くほど画質が向上しました。やっぱりアンテナ線は大事な物です。まぁ、PCというノイズの塊みたいな代物につけるわけですし。

量販店に発注していたプリンタのプリンタヘッドが入荷したとの事で受け取りに行きました。4千円弱。インクも買わなきゃいけなかったのでちと痛いです。量販店で買ったので、ポイントがつくのが救いですが。他のモデルはどうかはわかりませんが、使っているCANONのPIXUS320iはワンタッチでヘッド交換できます。交換して、テストプリントもOK。

という訳で修理完了。
もうしばらくはケースを開けず、夜は飲んだくれるための時間にします。

|

« ホビージャパン | トップページ | 容疑者 室井慎次 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/6181500

この記事へのトラックバック一覧です: また修理:

« ホビージャパン | トップページ | 容疑者 室井慎次 »