« 安物買いの… | トップページ | ここを見ているかどうかはわからないけど »

2005/09/22

939Dual-SATA2

GA-K8U-939のリセット現象にうんざりしていました。そうしょっちゅうではないものの。
リセットが起きるのは激しいディスクアクセスが起きる時、例えばTMPEG ENC MPEG Editorで編集した動画ファイルを書き出している時とかでした。
原因ははっきりしないのだけど、K7S8XE+とAthlonXPでは起きなかった現象だし。電源がへたれてきてるのか、チップセットが高負荷に弱いか、マザーの問題か、マザーの問題としたら個体レベルの不良か設計そのものが不良か、BIOSのバグか、ドライバの問題か、もちろんデュアルチャンネルメモリーでメモリーモジュールを混載しているという私の環境の問題もあります。MEMTEST-86では大丈夫っぽいけど、MEMTEST-86で大丈夫でもWindows上で不安定っぽいという事例も経験したし。
まぁ、考えられる要因は色々あって、もちろんその複合が原因であるやも知れず。それを分析するほどのスキルはないし。
で、とりあえずマザーを交換する事にしました。

交換するマザーは前から欲しかったASRock939Dual-SATA2です。PCIeX16とAGPを裏技的な方法じゃなくて、チップセットレベルできちんと両対応、来年出るというDDRⅡ対応Athlon64のSocketM2にもCPUドータボードで対応、PCIe配下にSATAⅡコントローラーオンボード搭載、という変則的なマザーです。AGPとPCIeX16両対応というのがいちばん魅力に感じるところ。PCIeビデオカード移行もスムース、移行してから手持ちのPCIeビデオカードより高性能なAGPビデオカードを中古とかで入手できてもあっさりと付けられます。

ASRockのマザーはAthlonXP用のK7S8XE+を1年ちょっと使っていました。安い割には悪くないマザーだったと思います。ただ、1年ほどの使用でコンデンサが膨らんできてしまいましたが。オーバークロックで負荷が高かったのが原因だったかもしれませんが。

最近PC関係の作業をするタイミングに悩みます。TV録画にパソコンを使っているので、録画予定のない日を選んで作業しなきゃいけません。昨日なら録画予定の深夜アニメとかないので、作業しました。
夜、秋葉原へ。利用地下鉄駅そばのパーツショップに飛び込みました。閉店間際、ぎりぎりセーフ。ほんとは底値つけてるショップから高いショップへと探し回りたかったんですが。ま、しょうがないです。

で、帰宅。さっそく作業…、とはいかず、まず、最新BIOSに書き換えるためのFPDとSATA2のドライバの入ったFPDを作成。必要なファイルのバックアップをとって。
それからおもむろにPCをばらします。

まずケーブル類を外して、カード類を外して、取り外し式のドライブベイを外して。それからCPUクーラーを外して…、といこうとしたのですが、CPUクーラーがなかなか外れません。CPUのヒートスプレッダとシンクの密着面が広いせいか、かなり強くくっついています。こじろうにもCPUクーラーのガイドが邪魔でこじれません。で、強く引っ張ると外れました…が、クーラーにCPUがくっついてきました。ひええっ!!!ピンが折れたり曲がったりしてはないようでしたが。慌ててCPUを付け直し、チェック。CPUは破損はしてないようでしたが。またクーラーを外す時CPUがすっぽ抜けやがりました。再度チェックは諦めて、939Dual-SATA2にCPUとクーラーを移植します。さらっとしたサーマルグリスを探さないといけないかなぁ。つーか、よほどの事がない限りもうヒートシンクは外したくありません。

で、ビデオカードとFPDを繋いだ最小構成でBIOSの書き換え。939Dual-SATA2のBIOSROMはGA-K8U-939と違って直付けでなくソケットなので、ROM焼き大丈夫も使えます。しかし手元のROM焼き大丈夫、何枚のマザーの間を渡り歩いたことになるのでしょうか。

で、カード類を組み付け、コネクタ類を繋ぎ、HDDも繋ぎます。939Dual-SATAとGA-K8U-939はPCIe対応かどうか以外はほとんど同じ構成のULiチップセットマザー。GA-K8U-939でインストールしたHDDをそのまま同じように繋ぐと認識できないデバイス類はNIC以外なく起動しました。さらに再起動しないとビデオカードはきちんと認識されないようですが。あと、NICが違うみたいです。K8Uの方はREALTEKのNICがオンボードで搭載されていたようですが、939Dualはチップセット内蔵のNICを使っているようです。ULiのIntegratedドライバーのセットアップ時、NICドライバの選択肢がでてきました。

まぁ、上がるには上がるけど、念のためクリーンインストールすることにしました。
で、ちょっと考えて。今までは
PATAプライマリマスター:Cドライブ(OS&アプリ、一時使用ファイル置き場)
PATAセカンダリマスター:DVD-R スレイブ:DVD-ROM
SATA1:Dドライブ(データドライブ)(PATA-SATA変換基板使用)
SATA2:Eドライブ(録画ドライブ)
という構成だったのを
SATAⅡ:Cドライブ(PATA-SATA変換基板使用)
SATA1:Dドライブ(データドライブ)(PATA-SATA変換基板使用)
SATA2:Eドライブ(録画ドライブ)
PATAプライマリマスター:DVD-ROMドライブ
PATAセカンダリマスター:DVD-Rドライブ
という風に繋ぎ直してみました。

相性とか起したパーツはないようですし、あまりトラブルは起きませんでした。
いちばんのトラブルはクーラーごと引っこ抜けたCPUですが…。

これでしばらく様子を見て、リセット現象が起きないかどうか。起きない事を祈ります。

しかし2枚目のGIGABYTEマザーも短いお付き合いになってしまいました。最初に買ったGIGABYTEマザーみたく、数日でなんかむしょうにいやになって交換、というほどじゃなかったけど。変な因縁があるような気がします。
私の前世がGIGABYTEの中の人の前世でも殺めたとかいうんですかねぃ。

|

« 安物買いの… | トップページ | ここを見ているかどうかはわからないけど »

コメント

BUFFさん

書き換えたBIOSはOC用のBIOSですか?
関係の掲示板ではOpteronがOCできそうなCPUなので、私は先に2万円以下のOpetron144を
先に調達しようかと不要パーツをオークションで売って資金を貯めています。
まずはOpetronをS1689で動かしてみて、それから939Dual-SATA2へ逝ってみようかな・・・と妄想中。

BUFFさんのAthlon64はベニスコアでしたっけ?
私のはウインチェスターコアですのであまり回らない(マザーの問題かもしれませんが)ようです。
と石のせいにしています。

投稿: よっちゃん | 2005/09/23 08:00

よっちゃんさん

BIOSはオリジナルROMに純正1.2と「ROM焼き大丈夫」に某所の1.21を入れてあります。
「ROM焼き大丈夫」が使えるのはほんとにありがたいです。非公式BIOSがそう心配せずに使えます。
(もちろんバギーな非公式BIOSでHW破損という危険性もあるのですが)

オーバークロック耐性はVeniceコアよりWinchesterコアの方が高いようですが。
ただ、M1689チップセットはAGPとかPCIクロックがCPUクロックに追従して上がるそうですから、そっちの方からめげるようです。K8U付属の OCツール、EasyTuneでも、ソフトの仕様上はCPUクロックとPCIクロックとかが別個に設定できるようでしたが、K8Uだとシンクロしてしまい、別個設定ができないようでした。

ざっと試しましたが、メモリを166*2設定して2.6G、133*2設定して2.7Gくらい行くようです。メモリ133*2でCPU2.8Gで固まったからCPUクロックの限界は2.7G強といった感じです。
メモリクロックはCPUのベースクロックの分周比になると理解していますが。メモリクロック133*2設定でCPU2.7Gですとメモリクロックが 180*2くらいになるのかな。Memtest86+でメモリスピードを見ると遅くなっている感じです。ここらへんのバランスの兼ね合いが難しいですね。
高耐性メモリが欲しいですが…。

BIOSの項目を見るとCPUクロックとPCIeクロックは非同期設定できるようです。またサウスのM1567はM1689とほぼ同じチップセットぽいですが。それらを考え合わせて見ると、どうやらノースのM1695はCPU-M1695間のHTクロックと下流のチップセット間のHTクロックを(そして、PCIeクロックも)非同期にできるような気がします。ULiえらい!

そしてなおかつCPU-ノース間をジャンパで強制的に切り替えて、スロット式のCPUボード対応という939Dual-SATA独自の機能のせいで、CPU-ノース間にかなりの余裕がある設計をしているんじゃないかと睨んでいます。それが本作のオーバークロック耐性のミソじゃないかと。

いや、あまり知識がない上での、妄想に近い推察ですが…。

投稿: BUFF | 2005/09/24 01:16

あとそれとOCならCPUクーラーの強化ですが。CPUすっぽ抜けが怖くてちょっと交換する気になれないです。(苦笑)

投稿: BUFF | 2005/09/24 01:19

BUFFさん

BUFFさんが書いているCPUのすっぽ抜け、私も怖いです。特に今回、手持ちで使っていなかった銀ベースのグリス(硬め)を使ったので余計にガクガクブルブル。ソケットのレバーは全然見えてないし、ヒートシンクのファンを先に外してからヒートシンクを左右にゆっくり廻しながら外すような事しか出来ませんね・・・。

投稿: よっちゃん | 2005/09/24 08:48

OCユースなら、電圧上げなし、メモリをDDR166*2モードにセットして、定格2..0Gを2.5~2.6Gくらいにして使うのがバランスいい感じだと思います。これならメモリもついてこれるかなと。
ちょっと試しましたが、今時分ならリテールクーラーでも大丈夫っぽいし。

そうですね、クーラーを今度はずすときは、クーラーガイドをはずして、必要ならニッパか何かでベキベキ壊してでも、CPUとクーラーの間に竹べらか何かを差し込んでこじれるようにして。買うクーラーも外す時はクーラーとCPUの間の隙間ををこじれるような物を買おうかなと思います。

まぁ、ほかでこういう話は見かけた事ないし、K8UのCPUソケットがええ加減な代物だった可能性が大ですが。

投稿: BUFF | 2005/09/24 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/6061009

この記事へのトラックバック一覧です: 939Dual-SATA2:

« 安物買いの… | トップページ | ここを見ているかどうかはわからないけど »