« 初台ヂパング・ボーイ | トップページ | 内藤ルネ展 »

2005/08/12

オールドスパイス

さて、今時分の季節、いちばん悩むのは汗の臭いです。自分で自分が汗臭いのが分かる時も時々あってうんざりします。防臭剤とかたっぷり使ってるんですがね。ここ数年は「おっさん臭い」という言葉の意味を身をもって知りました。

古きよき時代、人々が一生懸命額に汗して働いて、きっちりと生きていた時代、汗の臭いは普通だったのでしょうが。今みたいにあぶく銭にまみれた時代とは違って。だから、汗の臭いを嫌がるのは、ある種の傲慢かもしれません。が、やっぱり何とかしないとと思います。で、ちょっとコロンを使ってみることにしました。

ただ、香水とかコロンの類は基本的に苦手です。たぶん、親父の影響でしょう。
朝食の時、朝、髪を整えて朝食につく親父の整髪料の匂いが、味噌汁の匂いと混じるととてつもない悪臭になって。朝ごはんは苦痛でした。

香水プンプンのオバハンは嫌いです。電車とかで近くに乗ってくるとうんざりします。嫌煙権があるのなら、嫌香権もあっていいと思います。
まだ、お化粧慣れしてない若い女の子が香水をつけ過ぎてプンプン匂いをさせているのはほんのちょっとだけ好意は持てますが。お化粧なら鏡を見ながらあるていど按配はわかるでしょうが、匂いってのは慣れると鼻がバカになるし、思わず多くつけてしまうものだろうということは解ります。

いい匂いは嫌いじゃないです。部屋ではお香を使っています。インド製のサンダルウッドのお香です。まぁ、男のひとり暮らし、臭い消しに使ってるんで すけど。灰野敬二さんがライブで使っているのと同じ品。いい香りだったので、ライブのスタッフの方に「何を使ってるんですか」って訊いて買いました。そう 高くはない品物ですし、愛用しています。時々シャツとかにお香を炊き込んで遊んだりしますが、あまり効果はないようです。

ただ、化粧品店というのはやはり敷居が高いです。アメ横の中田商店なんかに行く道すがらよく見かける、昔ながらのお店なんかだと安いんじゃないだろうかとも思ったのですが。
それに、男性用コロンとかどういうのがあるかよく知らないし。

薬局でオールドスパイスのコロンを見つけました。オールドスパイスなら知ってます。むかし読んだ探偵小説か冒険小説に出てきたような記憶があります。ただ、どんな臭いか知らないんですが。お値段は3千円少々。やっぱりコロンは高いですが…。買ってみる事にしました。

白い陶器製のシンプルな瓶にオールドスパイスは入っています。キャップを外して匂いを嗅いでみると…。昔ながらの、なつかしい、床屋さんの匂いですねい。で、つけてみます。瓶から嗅ぐ時と、実際につけた時と、ちょっと匂いが違うような感じがします。

しかし、どのくらいつけるのがいいか按配がよく分りません。いやらしいほどプンプン匂わせるのもいやだし、まぁ、汗の臭いをちょうどカバーするくらいの量、そして、どこにつけたらいいかも。
そういえば昔読んだエロ小説に、陰毛に香水を振り掛けるというのがありました。陰毛から香らせる、エロいです。と言うか、もともと香水ってのは発情期にフェロモンを香らせていた、動物だったころの名残りのものなのでしょうが。

まぁ、コロンも少しいろいろ試してみて、いい感じのやつを探してみましょう。
でも、これで、昔読んだ小説の、オールドスパイスの匂いってのがわかりました。

|

« 初台ヂパング・ボーイ | トップページ | 内藤ルネ展 »

コメント

昔たしか茶色の瓶の丸い凸凹のコロンがありました
わたしはとても好きでした今はないのでしょうか?今でも探しています

投稿: ぶっこ | 2011/01/12 18:56

昔たしか茶色の瓶の丸い凸凹のコロンがありました
わたしはとても好きでした今はないのでしょうか?今でも探しています

投稿: ぶっこ | 2011/01/12 19:01

◎ぶっこ様
う~ん、心当たりがないですね。
昔からある男性用コロンっていうとそう種類はないかと思うのですが。

投稿: BUFF | 2011/01/13 12:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/5433134

この記事へのトラックバック一覧です: オールドスパイス:

« 初台ヂパング・ボーイ | トップページ | 内藤ルネ展 »