« 召使いたちの大英帝国 | トップページ | RAKUGO BON-BA-YE Vol.3 »

2005/07/23

アンファンテリブル~第4章~

昨日は渋谷・RUIDO K2へヴェクサシオンさん達のライブを見に行きました。
ご出演は
アムの解散さん、
ヴェクサシオンさん、
青い花さん、
黒色すみれさん、
でした。
今回のライブではヴェクサシオンさんのCDの先行発売がありますが、ライブ自体は青い花さんの企画みたいで、正式なレコ発はまた後日のようです。

RUIDO K2は地下のライブハウス。天井が高くて客席後方に宙2階のフロアがあります。
天井の高い場所は気持ちいいですね。
遠隔操作式のピンスポットがあるのですが、ミリタリーマニアとしてはなんか機関銃のターレットみたいな感じがして、ライトがこっち向くとちょっとびびりました。そういう風に感じるのは変とは思いますが、これもミリオタの業でありましょうか。

まず、ヴェクサシオンさんと黒色すみれさんが口上ついでに演奏をひとくさり、でした。
ユニット名が何かあるそうなんですが、ちょっとド忘れ。

そしてアムの解散さん。
今回緞帳代わりにスクリーンが舞台の前に下りるようになってるのですが、そのスクリーンにアニメの1シーン。『新世紀エヴァンゲリオン』のいちばんえぐいシーン、培養槽の中のたくさんの綾波レイが溶けていくシーンと、「男の戦い」で暴走した初号機が使徒を食べるシーン。
培養槽の綾波レイって、乳首が描かれていましたっけ?テレビ版だと許されないはずですが、ヴィデオ版だとありなのかなぁ。
アムの解散さんはヴォーカル&アコーディオンの女性とヴォーカルの男性、そしてバックバンドという編成のバンドみたいです。今回皆さん白装束、一部の方は白塗りまで。

お次がヴェクサシオンさん。
ヴェクサシオンさんのライブは本当に久しぶりです。だいぶ間が空いてしまいました。
レコーディングという事でライブ活動はちょっとお休みしていたみたいだし、6月25日の東京ダークキャッスルでライブがあったみたいですが、ちょっと行かなかったし。
男子三日会わずば…と言いますが、ヴェクサシオンさんも前回聴いた時とやっぱりちょっと変化した感じです。いい感じでした。
いつもの如く球体関節人形が何体か。ライブが進むにつれ、感じが少し変ったように見えるお人形もあって。ライティングなんかのせいでしょうが。可愛らしかったです。
ライブが終わってあれっと思ったのですが、その謎は後で。

3番目が青い花さん。
青い花さんのライブは2度目。最初はGoth&Loli Heavenさんの企画でした。
青い花さんは女性ヴォーカルと“光るギター”の男性、サポートにトランペットの男性の打ち込み系バンドなのだけど。初見の時はヴォーカルの女性が何か激しているものを必死に押さえ込んでいるような感じがしました。一瞬後、その激しているものが爆発しそうな感じで、見ているこっちもハラハラでした。
ヴォーカルの諸刃要さん、今回は黒のタンクトップにエナメルブラックのミニスカート、ガーターベルトで黒のストッキング、黒の厚底靴、それに桃色の襦袢をはおった姿。両手には銀色に光るブレスレットや指輪。襦袢に綾波レイの人形がぶら下がっていたのですが。アムの解散さんといい、実はエヴァ系バンドなのかもしれない…。
今回諸刃さんは前回拝見したほど激したものを必死に押さえ込んでいるという感じではなかったです。
曲調はそうですね、アニメ曲とかゲーム曲のような感じです。

トリが黒色すみれさん。
黒色すみれさんの名前だけはちょくちょく伺うのですが、ライブを実際に拝見するのは初めてでした。
アコーディオン&キーボード&ヴォーカルの女性とヴァイオリンの女性おふたりのバンドみたいです。おふたりとも黒いドレス姿。
印象からダークな曲を演奏される思っていましたが。明るめの、愉快な曲が多かったです。

ラスト、ヴェクサシオンの皆さんも加わってヴェクサシオンさんの曲、「私はヲ人形」。
実は、ヴェクサシオンさんのライブの時、定番曲で私の大好きな曲、「私はヲ人形」を演奏されなかったので、今回は演奏しないのかとちょっと淋しかったのですが…。大喜びです。「私はヲ人形」黒色すみれさん入りver、見事でした。この1曲のためにでもこのライブに来てよかったです。
そして、23日が黒色すみれさんのおひとりがお誕生日だというので、ケーキに蝋燭。

終演後、ヴェクサシオンさんのアルバムと青い花さんのマキシシングルを購入して帰宅。一杯やりながら聴きました。
ライブももちろんいいのですが、CDで、歌詞カード片手に歌詞を追いながらじっくり聞き込むのも素敵です。ライブだとなかなか歌詞を追うのも大変ですし。

日比谷カタンさん、そしてヴェクサシオンさん、好きなミュージシャンが次々とCDを出してくれるので嬉しいです。

|

« 召使いたちの大英帝国 | トップページ | RAKUGO BON-BA-YE Vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/5104475

この記事へのトラックバック一覧です: アンファンテリブル~第4章~:

« 召使いたちの大英帝国 | トップページ | RAKUGO BON-BA-YE Vol.3 »