« ペンギンハウス | トップページ | 笑いと音楽 »

2005/07/08

骨肉歌謡祭

で、昨日は骨肉ビール企画『骨肉歌謡祭』に行ってきました。骨肉ビールは独唱パンクを主宰されているチバ大三さんと斉藤睦さんのバンドです。
会場はペンギンハウスだったのですが、昨日の日記に書いた通りペンギンハウスは火事があって使用不能、急遽会場を無力無善寺に移しての開催となりました。無力無善寺はちょうど大将の無善法師さん、三上寛さん、敬敬さんたちが青森ツアー中という事で空いていたのです。私は4日の無力無善寺の三上寛さんたちのライブも行ったし、なんか変な偶然で妙な気分です。

ちなみにチバ大三さんの話によるとペンギンハウスの火事はボヤ程度で、1週間くらいで営業再開できるようです。ひと安心です。

定時に会社を飛び出して高円寺へ。ライブ開始は繰り下げられて8時からという事で、時間に余裕はあったのですが。床屋さんに行きたくて。高円寺に安い床屋さんがあって、ライブ前にそこで髪を切ろうと思っていたのですが…。無くなってました。んで、仕方がないので呑み屋で時間をつぶしました。

で、無力無善寺へ。
主の無善法師さんのいない無力無善寺というのも不思議な感じ。あの「お○○こ」連発トークが聞けないのはちょっとさみしいです。
骨肉歌謡祭の動員人数では無力無善寺のキャパはちょっと苦しいみたいで、お客さんすし詰め状態。熱気ムンムンです。

最初のバンドはウシトラさん。ドラムスの方の目が何か強い光を持っているようで、印象的でした。
2番目は真黒毛ぼっくすさん。大勢のにぎにぎしいバンドです。小さな女の子もいました。
真黒毛ぼっくすの平魚 泳さんをとても尊敬しています。平魚さんは体の中に自然に音楽が流れている人、その音楽で自分と、周りを楽しくさせてくれる人だと思っています。“No Music,No Life.”なんて物言いを軽やかに超越しています。“I am Music.”な方です。
まったりとしたナンバーで。
トリが骨肉ビールさん。ちょっと短めの演奏で残念。聞きたかったナンバーもあったのですが。

今回アクシデントで、それでもがんばってライブを開催してくれたチバ大三さんほか皆さんに感謝、であります。

そして今回、短冊を書いて笹?に飾り付けるイベントがありました。私の願い、かなえばいいんですが…。無理っぽいね。

|

« ペンギンハウス | トップページ | 笑いと音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/4876446

この記事へのトラックバック一覧です: 骨肉歌謡祭:

« ペンギンハウス | トップページ | 笑いと音楽 »