« GV-MVP/GXW | トップページ | みたままつり あとのまつり »

2005/07/04

GV-MVP/GXW・続

GV-MVP/GXWについての話の続きを少し。

予約録画の場合、録画はバックグラウンドで行なわれます。PowerVCRやWinDVRでは必ず画像を表示しながらの録画だったのですが。録画中はタスクトレイアイコンがちょっと変化するぐらい。気付かずに電源を切りそうになりました。

そう、さすがハードウェアエンコードでCPU負荷が低いせいか、録画中もPCがあまり遅くなりません。さすがに重いソフトを使うのは無理でしょうが、ブラウザとかメーラぐらいなら普通に使えそうです。コマ落ちとかチェックはしていないのですが。

reserMailクライアントは製品添付のものではなく、reserMailサービス提供元のTVnanoで配布されているものを使ってみました。こっちの方が新しい?みたいなので。ここらへんは配布元をアイ・オー・データに一本化してほしいところですが。WinDVRを使っていた時はreserMail周りが不安定でスタンドバイモードに入れないみたいだったので、ちょっと様子見です。

録画時にスタンドバイないしは休止状態から復帰して、録画終了時はまたスタンドバイ/休止状態に入るようにしたいです。PowerVCRやWinDVRでは復帰はそのソフトから、スタンドバイ/休止状態への移行はOSのアイドルタイマーを使っていたのですが。mAgicTVでは明示的に録画終了後スタンドバイ/休止状態への移行をセットできます。
あと、mAgicTVではNTPサーバを利用したPCの時刻合わせ、また、PCリフレッシュのために1日1度の再起動もセットできます。ここらへん便利です。

今までで気がついた部分はこれくらいでしょうか。
あと、オプション品のリモコンはちょっと欲しいと思っています。

しかしまぁ、キャプチャカードもずいぶん廉くなったものです。これもHDDレコーダーの普及によるものでしょうか。ありがたい事です。

|

« GV-MVP/GXW | トップページ | みたままつり あとのまつり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/4822191

この記事へのトラックバック一覧です: GV-MVP/GXW・続:

« GV-MVP/GXW | トップページ | みたままつり あとのまつり »