« さまよい歩き | トップページ | 憂慮… »

2005/06/02

スゴバン

寛闊掲示板から頂いた情報で、昨日、渋谷のシネマライズエックスに『スゴバン』という企画の1プログラムを見に行きました。
『スゴバン』というのは「すごい番組がありました」の略で、テレビマンユニオン製作の名作番組を上映しようという企画です。スゴバンのサイトはhttp://www.sugoban.com/です。

テレビマンユニオン、景山民夫さんの本によると、確か日本初のテレビ番組製作プロダクションとして紹介されていました。つまり、それまではテレビ番組はテレビ局が直接作っていたと。それを、テレビ局からの外注として番組制作を請け負うプロダクションができたと。そのプロダクションの嚆矢がテレビマンユニオンだったと。景山民夫さんは誇り高いテレビマンでいらっしゃいました。その景山民夫さんがテレビマンユニオンの事を好意的に書いていらっしゃいました。

今回見ようと思ったプログラムの上映作品は2つ。『オズの魔法使い』と『私がつくった番組~赤塚不二夫の激情№1!』でした。『オズの魔法使い』は寺山修司監修という事で、『赤塚不二夫の激情№1』は三上寛さん御出演という事で。

ちょいとズルして会社を早退して渋谷へ。スゴバンサイトによるとこの企画は入場無料なのですが、2日前までに要予約、ただし当日券も出るという話でした。しかし、映画館の窓口で訊いてみると、当日券は予約で埋まらなかったら出るというスタイルで、そのプログラムは予約で満杯、どうしても見たかったらキャンセル待ちをしてくださいという話でした。

御好意で関係者席をひとつあけてもらいました。ありがたかったです。

オズの魔法使い(74/10/5~75/3/29)。
オズの魔法使いについて紹介しているサイトを見つけましたので、張っておきますhttp://www005.upp.so-net.ne.jp/a_matsu/oz.HTM
上映されたのは第23話「初恋ドキドキ!かかしさん」でした。
ドロシーたちが故郷へ帰るロケットを作っているのだけど、故郷へ帰るのにはロケットで60日くらいかかるという話。で、その間の食料にするために、ひとつぶで10日ご飯を食べなくて済む魔法のブドウが必要で。それで、それを採りにドロシーのお供のカカシが森に行くのだけど。一方ドロシーの元に魔法使いがやって来て、カカシが戻ってくるかどうか賭けをする。賭けに勝つとドロシーは故郷へ帰れるけど、負けるとドロシーは故郷に帰れない呪いをかけられると。ドロシーはその賭けにのります。そのころカカシは森でそのブドウを守るカカシの女の子に出会い、恋におちます。カカシは迷いぬいたあげく、ドロシーの元へは戻らずにそのカカシの女の子と暮らす事にする。そういうお話でした。
いや、どうなっちゃうんでしょうか?続きが見たいです。

この作品は一部立体映像です。青赤のセロファンのついたメガネをかけてみると立体的に見えるシーンがあります。会場でそのメガネを貸してもらいました。
青赤メガネ、ほんとに懐かしいアイテムです。東映まんがまつりとかでもらったり、学年誌のふろくについていたような記憶があります。
その立体視できるパートはほんのちょっとだったのですが。

ドロシー役のシェリーさん、それからカカシの女の子役の方、ほんとに可愛らしかったです。
やっぱり私って、この頃の可愛い女の子がいちばんピンときます。最近のアイドルっていまいちピンときませんわ。

で、私がつくった番組ですが、『赤塚不二夫の激情№1』以外にもう一本あって。
美輪明宏さんの番組でした。丸山明宏から美輪明宏に改名記念の番組みたいです。
ほんとに美輪明宏オンステージな番組でした。衣装もドレスから男装の着物姿、襤褸とかした軍服まで。
スイカを食べるおばちゃん達をバックに「オーソレミーヨ」を歌うシーンがちょっと?でした。
オーソレミーヨってスイカを食べる歌だったんでしょうか?何か歌にちなんでいると思うのですが…。

『赤塚不二夫の激情№1』
ほんとに赤塚不二夫さん、はっちゃけてるなと。デカパン姿からセーラー服姿まで。でも、サングラスをほぼずっとかけていらっしゃいました。
三上寛さんも、ほんとはコミカルなところなのに、怨歌、でありまして。だから、その感じがとても深かったです。

あ、そうそう、中山千夏さん、可愛かったです。
佐々木守さん、高信太郎さんもチラッと御出演でした。野坂昭如?さんなんか赤塚不二夫さんのセーラー服のスカートをたくし上げた股間にはめ込み合成されていました。

ちなみにトップレスの女性が出ていましたが。いや、乳首に何か貼っていたかもしれませんが、それは良く見えなかったです。あの頃から乳はアリだったのかなぁ。
11PMあたりはどうだったんでしょ。

で、上映終了後に中原昌也さんという方のトークがありました。

ほんとにこの企画を教えてくれたTsuburaiさん、そして券なしで入れてくれた上映関係者の皆さん、ありがとうございました。

|

« さまよい歩き | トップページ | 憂慮… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/4377217

この記事へのトラックバック一覧です: スゴバン:

« さまよい歩き | トップページ | 憂慮… »