« ココログ、重いよ…。 | トップページ | 雑踏にまぎれて叫ぶ種子あり »

2005/06/03

くーる・びず

気象庁の長期予報によると今年は冷夏とか。
とすると今年の夏もうんざりするほど暑い、長い夏になりそうです。
今年もクーラーが買えるあてはないし…。

どうやら世間じゃクール・ビズとかで、夏のリーマン服は半袖・ネクタイなしにしようという運動が起きているようですが。
省エネスーツとかいうのができた時、内心「シャツでいいだろ!」とツッコミを入れた人は多かったと思いますが。
あれから2~30年は経ってるでしょうか。それでやっとこういう風になって。以前もそういう動きはあったようですが、紳士服業界がスーツが売れなくなるというので猛反対したという話をどこかで読みました。つまり、やっと2~30年経って紳士服業界もカンネンしたということでしょうか。
といってもテレビのニュースではシャツ姿でも見栄えするクール・ビズシャツとかいうのが高価で売られているみたいですが。

まぁ、私だって外回りの時は真夏でもスーツを着てました。カバンには1・5リットルペットボトルのお茶と汗拭きのタオルが入っていました。タオルさえも一日出歩くとぐしょぐしょになってました。
炎天下に上着ってどっか狂ってるよ、と思いながらもそういう格好で歩いてました。ま、世間ってのはどっか狂ってるもんですが。

まぁ、なんでリーマンが盛夏でも背広かというと、その影に歴史とか伝統とか、んで出来上がった“常識”とかあるわけなんでしょうが。
で、半袖シャツでその背後に歴史とか伝統を背負っているものとして、沖縄の“かりゆしシャツ”を起用という話もあるようですが。かりゆしシャツの歴史って、ちょっと分からないのだけど。

私はアロハシャツなんかもいいんじゃないかと思います。アロハシャツ、ハワイに移民した日本人たちが、公の場に出るに当たり、襟付きの服-つまりシャツじゃないといけないということになって、慌てて風呂敷をほどいてこしらえたシャツが初めだそうですから、そういう昔の日本人たちの苦労をしのぶという意味で、アロハシャツもいいんじゃないかと思います。風呂敷をほどいた。つまり、もう大荷物をこしらえる事はない、つまり、もう、移住する事はない、ここに暮らしてゆくんだという日系移民たちの決意も感じられますし。敬意を持てます。

あと、フィリピンのバロン・タガログとかも。フィリピンではきちんとした礼装として確立した品でありますから、日本も取り入れてもいいんじゃないかと。
実は、バロン・タガログはひとつほしいと思っています。夏のフォーマルなパーティーとかに着て行きたいと思ってます。

しかし、クーラー欲しいよぉ。

|

« ココログ、重いよ…。 | トップページ | 雑踏にまぎれて叫ぶ種子あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/4390617

この記事へのトラックバック一覧です: くーる・びず:

« ココログ、重いよ…。 | トップページ | 雑踏にまぎれて叫ぶ種子あり »