« 私を呼んだ本 | トップページ | 困った商法 »

2005/05/12

花の匂いは

今さら言うほどの事ではないですが、野菜にしろ果物にしろ花にしろ、たいていの物は時節かまわず手に入って。本来どの季節のものだったのか、全く分からない品物ばかりです。
バラももちろんそういうアイテムのひとつ。いつの季節のものなのか分からなかったのですが。
とある小さな公園で、バラの咲いてるのを見つけました。バラは今頃のものだったのかと判りました。聞くところによると、バラは維持管理が難しくて、なかなか公園とかに植えられないそうですが。その、ちっぽけな公園にバラが植わっているのは、小さい公園だけど、こまめに手入れされているということなのでしょう。

市ヶ谷駅、有楽町線と都営新宿線の乗り換え通路、かなりきつい栗の花の匂いがしました。出入り口か吸排気口の側に栗がたくさん植わっているのでしょうか。
栗の花が今時分のものだという事は知っています。高校への通い道、栗の木が植わっていて。春、学校へ向かうときの憂鬱な気分に栗の花の生々しい臭いが妙に似つかわしくて、それは憶えています。

|

« 私を呼んだ本 | トップページ | 困った商法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/4092140

この記事へのトラックバック一覧です: 花の匂いは:

« 私を呼んだ本 | トップページ | 困った商法 »