« 日本冒険小説協会 全国大会 | トップページ | 隣の家の少女 »

2005/04/04

熱海の風景

私が初めて全国大会で熱海の駅頭に立ったのは、第2回全国大会の事。
だから、20年ちょっと熱海の駅頭風景を眺め続けていた事になります。
参加しなかった年もあるし、立たなかった年もあるのですが。

熱海駅頭に立つようになったきっかけは。
第1回全国大会の時。故郷から参加。新幹線の車中、もうすぐ熱海という時、ルンルン気分だった私は、絶望のどん底に叩き落されました。案内状を忘れたのです。会場が判りません。
下宿の大家さんに連絡して、私の部屋で案内状を探してもらう事も考えましたが、大屋さんとは不仲でそういうのは頼める状態ではありませんでした。
このままトンボ帰りで戻ろうか、それとも適当な旅館に泊まって自棄酒でも飲むか…。暗ぁ~い気持ちで熱海駅に降り立ちました。

その時、熱海駅頭でお会いしたのが、お出迎えで熱海駅頭に立っていたコミネさんでした。ブラックファティーグ姿だったと記憶しています。会の旗を手にしてだったと記憶しています。それで、第1回全国大会にも無事に参加する事ができました。

それ以来、翌年から、私も熱海駅頭に立つ事にしました。

まぁ、全国大会に参加しない年もあったし、怠慢して立たなかった年もありますが。20年ちょっと毎年大体同じ時分に熱海駅頭に立っています。だから、熱海駅頭の移り変わる風景も目にしていて、面白いです。

駅頭にマクドナルドやコンビニができた時はびっくりしました。熱海まで来てマクドかよ!と思いましたが、利用した時もあります。

コンビニは。
かつて全国大会では、物資の補給が困難でした。ちょっとしたつまみとか、飲み物とか。金城館に移るまでは、会場が海に近い場所だったせいもあるのですが。だから、いろいろ買い込んでから熱海に向かいました。
金城館は市中のほうにあって、ほんの隣にコンビニがありますし、便利です。

熱海は不景気の波をもろにかぶったようです。海岸沿い、お宮の松あたりのホテルや旅館も店じまいしていて、さみしい思いをしていたのですが。今年はそういった海沿いのホテルらしかった建物が取り壊されて、工事中でした。
何ができるのかなぁ~って、顔なじみになった、熱海駅頭の旅館組合の方たちに聞いたら、マンションになるとか。その時の旅館組合の方の表情を見て、聞いて悪かったと反省しました。ホテルや旅館がなくなって、マンションになってしまうの、皆さんにとってとても悲しい事なのだと。それを聞いてしまって。

熱海駅前のタクシー乗り場。
バブルの頃は大行列だったのに、最近はそう行列もできません。そういうところにも、熱海の不景気ぶりがうかがえます。

客筋。
温泉ブームのあたりから、熱海駅前のお客さん、若い人達が増えたと感じました。ある年なんか制服姿の女子高生がうじゃうじゃいて、「これが噂のブルセラコンパニオンかぁ~!!!」と思いましたが、違うでしょうね。なんか学生の集まるイベントがあっただけでしょうな。今年は若いアベックが目立ったような気がします。熱海あたりで気軽なお泊まりデート(嗚呼恋愛資本主義)という訳なんでしょうか。

あと、今年は、アメリカンドッグみたいな、串に刺さったスナックを食べ歩きしている人を多く見かけました。たぶん、駅前のみやげ物やあたりで売られているもんだと思いますが。あれは何だったんだろう。私も食べてみたかったな、と。

あと、変化しているなと思ったのは鳩の事。昔は熱海駅頭にたくさん鳩がいたのですが。最近は鳩対策をしているのか、ほとんど見かけません。ま、昔は駅前に鳩、っていうのは風物詩だったのですが、最近は駆除の対象みたいですね。世知辛い世の中でございます事、よ。

去年できた熱海駅頭の足湯はほんとに驚きました。結構賑わってます。うぅむむ…。うら若き女性などが素足をさらして足湯を使う光景は…。いや、まぁ、温泉地といえば、うら若い女性が、浴衣姿、温泉上がり、化粧っ気なしで上気した姿で歩いてて、てな感じですが。

そうそう浴衣姿。
駅頭の旅館組合の方が、駅前を歩いている浴衣姿のお客さんを見て、「あの浴衣は何々旅館だね。」って仰ってて。
旅館オリジナルの柄の浴衣があるみたいで。しかも、それを一目で当てて、本当にプロの、ベテランの方たちなのだなぁと思いました。そういう人達、本当に尊敬します。

なんか、とりとめなく書いてみました。

|

« 日本冒険小説協会 全国大会 | トップページ | 隣の家の少女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/3563490

この記事へのトラックバック一覧です: 熱海の風景:

« 日本冒険小説協会 全国大会 | トップページ | 隣の家の少女 »