« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | ちょっとさみしい »

2005/04/13

十九歳二ヶ月十六日夜。

十九歳二ヶ月十六日夜。(三上寛 三上考務店)
を買いました。

三上寛さんの1970年渋谷「ステーション’70」で行われた公演のライブ盤です。かつてファンクラブ限定で作られた物の復刻版とか。
最初は777枚限定という事で、リリースに後から気がついて買い損ねていたのですが、追加発売が決定してくれて、それを買いました。最初のリリース版はシリアル入りですが、追加発売分はシリアルなしです。

限定版をお買いになった方は、追加発売されたと聞いてあまりいい気分ではないかもしれませんが…。予想以上に売れて追加発売せざるを得なくなった状況は嬉しいです。そして、買い損ねてがっかりしていたのが買えて、それも嬉しかったです。

本作はCD二枚組み。紙パッケージです。お値段は4500円。お値段もちょっと買いそびれてしまった理由ですが…。曲順リストが添付されています。あと、パッケージに三上寛さんによるライナーノーツがあります。しかし、ライナーノーツの字が小さい。昔は楽勝で読めていたのですが。やっぱり歳です…。メガネ、そろそろ要るか…。

色々書こうかと思ったけど…。ライナーノーツには、
このレコードは他人にみせてはいけないし、まして聞くときは一人に限る。手放すことは地獄の沙汰だ。
とありますので…。いや、こうして書くべきではなかったかも…。

音質は、CDラジカセで聞いたレベルですが、とてもいいです。30年以上前の録音とは思えません。
そして、二十歳前に三上寛さんはここまで凄いレベルに達していたのは驚きです。
私が二十歳の頃は…。情けない…orz.

このCDは三上考務店というレーベルから出ています。
『三上工務店』という三上寛さんの歌、ある映画のエンディングになっていたのを聞いた事があるだけで、きちんと聞いていないのですが。
今度の冬はドカジャンを買って、三上工務店とネームを入れようかなぁ。いや、三上寛ファンクラブのある方がそういうドカジャンを着ていて、とても羨ましかったです。

十九歳二ヶ月十六日夜。おススメであります。

|

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | ちょっとさみしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92510/3682127

この記事へのトラックバック一覧です: 十九歳二ヶ月十六日夜。:

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | ちょっとさみしい »