2021/10/06

かわなか先生の上映会

先日渋谷であったイメージフォーラム・フェスティバルで映像作家の「かわなかのぶひろ」先生の特集上映があったので拝見してきました。

かわなか先生との出会いは40年近く前、熱海で開催された第1回日本冒険小説協会全国大会でした。大会の様子をビデオで撮影されてました。
それから数年して私は上京し、日本冒険小説協会公認酒場『深夜+1』に出入りするようになったのだけど。ある日、深夜+1に(その頃は四ツ谷三丁目だった)イメージフォーラムでのかわなか先生の作品上映会の案内が置かれていました。全国大会の撮影でお世話になってるし、お付き合いでちょっと覗いてみるかなと思って出かけてみました。

その時はどうせそういう「芸術映画」なんてわかんないだろ、退屈するだろ、まぁ、お付き合いだし。と思っていたのですが。しかし、あにはからんや、退屈しませんでした、

私は基本的にアクション映画が好きなんですが。ドンパチも派手なアクションシーンもない、美男美女が出るわけでもない、濃厚なエッチシーンがあるわけでもない、それともそういうのが好きな人もいる、恋愛が描かれてるわけでもない、人生の機微が (直接には)描かれているわけでもない。特に「ストーリー」もなく、日常的な映像を繋いでいった「映画」。でもなぜかそれを眺めてて退屈しませんでした。それが自分でもとても不思議でした。

これは自分で考えた仮説ですが。多分、映像を繋いでいく「呼吸」とでも呼ぶべきものが絶妙なのではないかと思っているのですが。

それから実験映画の世界に興味を持つようになり、四谷三丁目時代のイメージフォーラムにも通うようになりました。その頃イメージフォーラムは週末に実験映画の上映会をやっていましたが、それをよく見に行ってました。それからもちろんかわなか先生の上映会にもお伺いするようになりました。
イメージフォーラムの実験映画の祭典・イメージフォーラム・フェスティバルにも行きました。フリーパス券を買って全プログラム制覇!とかやった年もあります。
まぁただほんと、今はそういう実験映画に対する情熱もさすがに枯れてきてしまっているのですが。

今回のかわなか先生の特集上映は5プログラムでした。私ごときものが実験映画、映像作品について何かを語るほどの技量はないとは自覚していますが、今回改めての感想など書いてみます。

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/09/09

「IOGI チェコ若手アーティストが描く杉並」展

Img_20210908_123405
荻窪にある杉並区郷土博物館分館で「IOGI チェコ若手アーティストが描く杉並」という展覧会を見てきました。
チェコセンターさんの紹介ページによると、「チェコのコミック作家の卵たちが日本の日常生活をリアルに描き、チェコ・コミック界で話題となったプロジェクトです。 」だそうであります。

チェコ。う~ん、私はチェコについてあまり詳しくないのですが。開高健がチェコのビールを絶賛するエッセイを読んだ記憶があります。
あと「ロボット」という言葉を作ったカレル・チャペックがチェコの人だったかしら。
それと私は元ガンマニア、ミリタリーマニアだったのですが。チェコ製の戦車がチェコを併合したナチスドイツによって使われ、その車体を利用した自走砲がドイツ敗戦まで使われたとか、日本軍をさんざん苦しめた「チェッコ銃」とか、ソ連に共産主義化されてたころ、東欧のソ連衛星国は正式小銃にソ連のAKシリーズのクローンを使っていたのが、チェコだけは独自の小銃を採用したとか。
そしてプラハの春のこと。
チェコの人は「メカが友達」なのかな。私の生まれも工場街なので親近感があります。そしてソ連の衛星国でありながら、ソ連従属に抵抗していた気骨のある国だと認識してます。

それからヤン・シュヴァンクマイエルですね。あの土臭いシュールレアリズム。ちなみにチェコセンターさんにはシュヴァンクマイエルの映画の上映とご贔屓なインディーズミュージシャン、日比谷カタンさんのライブって企画で訪れたことがあります。楽しかった。あとビールもおいしかったです。(あと、トイレに入ったら小便器の位置が高くて「さすが」と思いましたw)

さて、この企画はどうやら、紋切り型の日本のイメージではなく、異文化として日本を研究したうえで作品を描くというルールで作られた作品の展覧会のようです。日本の紋切り型のイメージ、フジヤマ・スモウレスラー、ゲイシャ、スシ、テンプラあたりでしょうか。あるいはアニメや漫画やゲームのイメージでしょうか。それには拠らず作品を書くというルールのようです。
舞台が杉並区なのは、原作者に杉並区在住のチェコの方がいらっしゃるのが理由のようです。そしてたぶんお描きになった皆さんは訪日の経験はないようなのですが。いろいろと研究されてお描きになられたようです。(勘違いがあったらごめんなさい)

杉並区郷土博物館分館は小ぶりな場所なんですが、その1階と2階、フルに使って展示されていました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/08/01

モルカーをMX4Dで

210801_1

「とびだせ!ならせ!PUI PUI モルカー』のMX4D+3D版を見てきました。

『PUI PUI モルカー』、楽しみに見てました。私は実験映画・映像作品が好きなのですが、そういう意味でもストップモーションアニメーションであるモルカーに興味を持っています。大ヒットしたようで、Twitterのタイムラインで盛り上がるのに加わるのも楽しかったです。
そして劇場版が公開されると聞いて、所用のついでに見てみようかな、せっかくだからシャレでMX4D+3D版というのを見てみようかなと思いました。

3D映画というのは大昔に経験があります。ただ、私は頭が大きいので、3Dメガネというのが苦手です。頭をぎりぎり締め付けられる感じがしてね。だから、ちょっと試したきり、それ以降経験がないのですが。
私も年をとって、老眼鏡もかけるようになり、メガネ慣れもしてきましたし。MX4Dがちょう迫力って評判も知って興味もありましたし、モルカーはテレビ版をまとめて上映するタイプで尺も30分ちょっと、きつめでもそう長くはないなってことでお試しに丁度いいかなと思って見てみることにしました。

で、新宿へ。新宿某所で所要を済ませて歌舞伎町へ。

新宿であの巨大猫の電飾看板を見ました。L字型に組まれたパネルに映像を映写することにより、ちょうど四角い水槽を斜めから見た感じで3D(に見える)映像を投射するシステム。3D映像っていろんなアプローチがあるものでしょうが、こういう形の映像は斬新です(もう海外ではいくつもあるみたいですが)。
視線は斜め方向から2枚のパネルを両方見る形じゃないと映像は破綻しますから、見る方向は限られるし、ある程度は距離をおいて眺めないといけないシステムでしょうから、一般的な映画の上映スタイルにはできないでしょうが。でも面白い映像でした。箱に入った猫。耳のところが箱からはみ出してるのが(そのはみ出した部分も液晶パネルですが)立体感を増していると思います。よくできています。ネコチャン‼

そして映画館へ。

小一時間前に到着したのですが、モルカーのMX4D回はほとんど席が残っていませんでした。ギリギリセーフ。しかし映画館の中も外も新型コロナ対策のためか座って待てる場所がないですな。今度は折りたたみ椅子でも持ってきましょう。

ややあって入場。

MX4Dは3席が一組の構成で、動くようになってるみたいです。ひじ掛けにもなにやら装置がついてます。
荷物は持ちこめないのでコイン返却式のロッカーに預けます。飲食物はどのくらい持ち込めるのかな。席にカップホルダーはついていますが。
風も来るという話ですから、ポップコーンとか飛ばされないかしら。

ひさしぶりの映画、ドキドキします。

いよいよ開演。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/06/19

また久しぶりの機種変

今まで私はネット接続用にMVNOでスマートフォン(そしてテザリングでタブレット)、それから通話用にdocomoのFOMAの携帯電話、NOKIAのNM502iを使っていました。私はスマホで予定とか地図とか確かめながらガラケで通話するタイプなので、2台持ちにしています。
NM502iは2008年の7月に買いましたので、13年くらいになるのですが、そろそろバッテリーがヘタレてきました。docomoプレミアクラブの予備バッテリー無償提供サービスで定期的にスペアバッテリーも貰ってましたが、数年前にもうそれも無くなってしまい。それから互換バッテリーというのをAmazonで見つけて使ってみたのですが、ヘタった純正バッテリーよりももちが悪くて閉口してました。

たぶんこれからFOMAでいろいろ通話しなきゃいけない状況になりそうで、肝心な時にバッテリーが切れて通話できないと困ります。どうしたらいいのかなぁと思っていたのですが。
ある日、docomoからクーポン券が届いてました。FOMAからの乗り換えプロモーションという事で、DMに指定された電話機が11,000円引きになるクーポンです。じゃあこの指定のスマホでいいや、買い替えようと思ってNM502iからこのスマホにすることにしました。

対象機種はいわゆる普通の「スマートフォン」と二つ折りの携帯電話があったのですが、スマートフォンの方にしました。
Galaxy A21という機種で、定価が22,000円のところ、クーポンで11,000円でした。
この値段なら万一失くしたり壊したりしても買いなおしやすいでしょうし。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/06/07

万有公演『青森県のせむし男』

下北沢のザ・スズナリさんで演劇実験室◎万有引力 第71回本公演『見世物浪漫小歌劇(オペレッタ) 青森県のせむし男-寺山演劇の原点に隠された劇!劇!劇!-』を観てきました。『青森県のせむし男』、寺山修司が率いた演劇実験室◎天井棧敷の旗揚げ公演ですね。

私と寺山修司の出会いは、高校時代、演劇部の部室にあった角川文庫の寺山修司の戯曲集でした。2・3冊あって、この『青森県のせむし男』とか、『毛皮のマリー』とか『血は立ったまま眠っている』とか『大山デブ子の犯罪』とかの収められた本だったと思います。角川文庫の寺山修司は今でもかなり出されていて、電子版もあるようで、嬉しい限りなのですが。ただ、残念ながら、角川文庫の寺山修司の戯曲集は『毛皮のマリー』以外、そして競馬エッセイはすべて絶版になってるみたいです。ちょっと残念だけど。復刊してくれないかなと思っているのだけど。できたら電子版もね。

その部室にあった寺山修司の戯曲はいくつかは読んだと思いますが、あんまり憶えてはいません。ただ『大山デブ子の犯罪』の「人生はお祭りよ。いつもどこかでお囃子が鳴っている」(うろ覚え)は印象に残ってて、だから、本屋に行ったとき、角川文庫の寺山修司のエッセイを見かけて、ちょっと読んでみようかなと思って、読んでみました。
それで大いにハマりました。なんていうのかな、ちょっと視点を変えてみると今までがんじがらめにされていたような『価値観』が軽やかにひっくり返っていく心地がして、それがとても気持ちよかったです。それが寺山修司のエッセイシリーズに冠されていた「さかさま」という事だったのでしょう。面白かったです。
まぁ、そういったものは、今のSNSなんかで溢れている「逆張り」って事だったんだろうけど。(もちろん寺山はその逆張りの『名手』だったと思います)

「寺山修司の演劇」に触れたのはそれからだいぶのちの演劇実験室◎万有引力さん他の『百年気球メトロポリス』でした。まるで空中楼閣のようなパルテノン多摩全体を舞台に、あちこちで行われている演目を、劇団員さんの先導で観て回るという趣向でした。
それがとても楽しくて、それから万有引力さんの公演に行くようになりました。

いや、ま、閑話休題。

その天井棧敷旗揚げ公演の『青森県のせむし男』を天井棧敷の衣鉢を継いだ万有引力さんが掛ける。期待はいやおうにも高まります。
(『青森県のせむし男』はもちろん『ノートルダムのせむし男』が元なんだろうけど、『ノートルダムのせむし男』も近年は聞きませんな。ポリコレ的にダメなのかしら?)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/05/24

地デジの道は茨道~10~DiXiM Player導入記

私はテレビ視聴や録画はWindows10PCでアイ・オー・データ機器製のGV-MVPシリーズを使い、添付のmAgicTV 10というソフトで行ってます。
このmAgicTVには"DiXiM Media Server 3 for mAgicTV"というソフトを追加インストールすることでDLNAサーバ機能を付加することができ、録画したPCだけではなく、DLNAに対応した端末での録画視聴も行えるという話でした。

Android端末を使いはじめてから、いちどはそれをやってみたいなと思って、色々試してみました。ただ、なかなかうまくいきませんでした。
使ってるソフトがDiXiMという事で、同じメーカーの純正プレーヤーはないかなと思ったのですが。DiXiM Playerは存在しているようですが、どうも特定のスマホとかのバンドル品としてはあるけれど、一般売りは無いようでした。

で、まぁ、もう諦めて放置していたのですが。
ネット巡りをしていて、DiXiM Playerの一般販売が始まったらしいという話を知りました。で、もういちどDLNAを試してみることにしました。(DiXiM Playerのサイトはこちら

まず、アイ・オー・データのサイトで"DiXiM Media Server 3 for mAgicTV"を改めてダウンロード、インストールしてやります。設定から録画フォルダをLAN上に公開するようにしてやります。(しなくても自動でやってくれるかも?)
それからDiXiM Playerのダウンロードです。最初はAndroidタブとAmazonのFire HD 10で試してみました。AndroidはGoogle Playで、Fire HD 10はAmazonからインストールしてやります。

最初は「お試し視聴」で動作確認してやります。お試し視聴は1分間の時間制限があるだけで機能はフルに試せるそうです。DLNAで試行錯誤して、上手くいかなかった経験がある者としては、そういうシステムがありがたいと思います。
で、インストールして立ち上げて、PC上の録画フォルダを指定してやると、録画の一覧が表示されます。そこから適当な番組を選んで再生を試してみます。

初回はうまくいきませんでした。で、エラーメッセージのサジェストで、「問題解決オプション」から「インターレース再生」をオンにしてみてくださいとメッセージが出たので、オンにしてみました。そうするとうまくいきました。

視聴には何ら問題がありません。今まであーだこーだと苦労してきたのがウソみたい。
ファイアウォール設定までいじってみたりしたのですが……。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/04/14

エヴァンゲリオンとわたくし

先日『シン・エヴァンゲリオン』を観てきました。
これで四半世紀ちょっと続いたエヴァンゲリオンもおしまいです。
ちょっと何か感想を書いてみたいと思います。ただ、私は謎ときや読むに堪えるエヴァ論を書けるスキルはないので、極私的思い出話と感想って方向で書いてみます。

つかこんな文章、誰が読むのかなってのを書きます。
何よりも自分の中の整理として。

(以下、ネタバレ注意です)

まず、エヴァとの出会いかな。
私が『新世紀エヴァンゲリオン』という作品を知ったのは、当時よく行ってた酒場の人からでした。その人のおススメはあたりが多くてあてにしていたのだけど。その方から『新世紀エヴァンゲリオン』というアニメが面白いって話を聞きました。本放送のときになるのかな。
それからレンタルビデオ屋に行って1巻だけ借りてみました。とても面白かったです。ただ、その後エヴァは超人気作品になって、レンタルビデオ屋でもずっと貸し出し中の札が下がったままで、なかなか見れませんでした。けっきょくエヴァをぜんぶ見れたのはだいぶ後、地上波再放送の時だったと思います。

それから旧劇場版を見て。新劇場版が始まった当初は、安直なリメイクと思って、私はそういうのは嫌いだから見ずにいたのですが。新劇の最初、『序』は旧テレビシリーズとあまり変わりないという話も聞いてましたし。
ただ、旧版と話が変わっていくという『破』は見に行きました。そして大感動しました。そして『Q』で愕然としました。そして今回『シン』を見たといいう流れです。

見たのはテレビ版、旧劇場版、新劇場版『破』『Q』『シン』ぐらいです。コミック版はKindleのバーゲンで揃えたのがありますが、まだ手はつけてません。ソフトは『破』のブルーレイは持ってます。
ま、ライトファンというところでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/03/30

イメージフォーラム映像研究所2020年度(第44期)卒業制作展

という方向で、この週末はイメージフォーラム映像研究所2020年度卒業制作展に行ってきました。
今回は去年より作品数も増え、3プログラム19作品でした。
2017年度の卒展はとうとう2プログラムになって、しかも1プログラムはOBさんの作品という番組で、もう今どきは映像作家を目指す人も減ったのかなぁってちょっとさみしかったのですが。数が増えてきて嬉しい限りです。

今回はさすがに頭がオーバーフローしてしまったので、いくつかの作品についてだけ書きます。
ただ、映像作品について言葉で書くのは難しいです。書きようがないって事もあります。
ここらへんが劇映画なら「主人公がかっこよかった」「ストーリーがハラハラドキドキ」なんて書きようができるのですが、実験映画はそういう言葉で書きようがない部分も多いです。言い訳がましいですが、そこらへん、ご承知ください。

あと、勘違いとかあったらごめんなさい。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/03/28

『ガールズ&パンツァー最終章』第3話

『ガールズ&パンツァー最終章』第3話を封切り日に観てきました。
全6話の予定のガルパン最終章のちょうど半分ですな。
楽しんできました。

(以下、若干のネタバレをするかもしれません。ご注意)

あ、あと、配信版とかで見られるなら前作も確認しとくといいです。
私はだいぶ忘れてて勘違いしちゃいました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/01

万有引力公演『プロメテウス』

昨日は新井薬師の中野ウエストエンドスタジオさんで演劇実験室◎万有引力さんの実験公演『フォークト=カンプフ検査音楽劇『プロメテウス』− 伝奇仕掛けの俳優都市 −』を拝見して来ました。楽日になります。

この公演は本来は去年の3月に予定されてたのですが、新型コロナ禍で延期になり、やっとこさ今回公演できるようになりました。

中野ウエストエンドスタジオさんは初めて行く場所にります。けっこう広いスタジオ形式の場所です。
スタジオ本体は地下にあって、階段を下っていく方式。その階段も舞台の一部として使われていました。舞台装置は2段式かな。あと、移動できるようになってる階段が印象的でした。その階段、そのスタジオ本来の階段に沿わせて設置できるようにもなっていました。

お話は、タイトルからして分かるように『ブレードランナー』から強く影響を受けています。アンドロイドのいる世界、そして脱走アンドロイドを「処分」するバウンティハンターがいる世界。
あと、私自身の印象ですが、放射能汚染下で「アンドロイド」が暗躍している世界ってのは私の好きなゲーム、『Fallout4』を連想させました。Fallout4にも誰かが実は人造人間ってイベントがいくつかありましたし。

もちろん万有引力さんのお芝居でから、ストーリー的なものというより思弁的なお話でした。

アンドロイドと人間の境界。それは『共感』の有無で測れるのか?しかしその『共感』でさえプログラムされたものであったなら?人の『記憶』はほんとにあった事なのか?それともそれは偽造の記憶なのか?(ここらへんは『攻殻機動隊』にもある要素ですな)
あなたは「アンドロイド」なのか「人間」なのか?魂の重さ分、人は死ぬときに軽くなるなら、アンドロイドは軽くならないのか?

そこでふと思い出したのはリラダンの『未來のイヴ』です。万有引力さんもお芝居にしていますが(こちらも原作としての舞台化ではないけれど)。
「人造人間は愛情の対象となるか?」その問答でほとんどを占められた小説。小説中では「アリ」と結論が出されますが、しかし最後、そのアンドロイドの美女を乗せた船は嵐に遭い、その美女ともども沈んだと語られます。ちょいとチキンな結末。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«青葉市子『アダンの風』