2018/05/21

朗読劇『プロヴァンスの庭で』

昨日は南阿佐ヶ谷の小劇場・プロットさんで新転位・21さんの朗読劇『プロヴァンスの庭で』を見てきました。

JR阿佐ヶ谷から南阿佐ヶ谷方面にかけて、小劇場をぽつりぽつりと見かけます。「小」とはいえないザムザ阿佐ヶ谷を筆頭に4・5ヶ所、いやもうちょっとあるかな。
なんか妙に小劇場の多い街です。これがお隣の高円寺ならライブハウスなんでしょうけど、阿佐ヶ谷だと劇場。なんでかなと思います。阿佐ヶ谷文士というのを聞いたことがあるから、その流れかな?もうなくなったそうですが、有名なダンススタジオがあったらしくて、その影響かなぁ、とか、そう思うのですが。

その点在する劇場でザムザのほかに行った事があるのは青梅街道沿いのひつじ座さん、LOFT+1ASAGAYAくらいですが。ひつじ座さんは月蝕歌劇団さんや廻天百眼さんの公演とか、LOFT+1ASAGAYAさんは本来はトークショーのライブハウスだと思いますが、演劇実験室◎万有引力さんのアトリエ公演を見に行った記憶があります。

プロットさんはそのひつじ座さんに向かう途中で見かけました。ちょっと人だかりがしていて、なんだろうと思ったら、そこも劇場で驚きました。表はガラス張りで、なかなかにオシャレな感じ。劇場として建てられたのか、それとも他の何か、お店とかだったのを改造したのかはわかりませんが。

ちょっと行って見たいと思いつつ、ずっと行かずじまいだったのですが、今回の『プロヴァンスの庭で』で覗いてみることにしました。

私は寺山修司のファンで、お芝居は寺山修司系の物以外はほとんど行かないのですが。寺山修司の演劇実験室◎天井棧敷の衣鉢を継ぐ演劇実験室◎万有引力をメインに、他の寺山系のお芝居もチョコチョコ見るくらい。

という事で久しぶりの寺山系以外のお芝居でした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/14

『歴史修正主義とサブカルチャー』

『歴史修正主義とサブカルチャー 90年代保守言説のメディア文化』(倉橋耕平:著 青弓社:刊)。近年勃興している「歴史修正主義」の発生を、90年代のメディアとサブカルチャーの動きと絡めて論じている本です。読了。

まず、本書の目次から紹介します。

序章 なぜ「メディア」を問うのか?

  1. 保守言説の広がり
  2. これまでの調査研究でわかっていること
  3. 本書の対象-歴史修正主義と一九九〇年代
  4. 「何が語られたか」ではなく「どこで/どのようにして語られたか」
  5. 本書のアプローチ-コンバージェンス文化
  6. 本書の構成

第1章 歴史修正主義を取り巻く政治とメディア体制-アマチュアリズムとメディア市場

  1. 歴史修正主義の特徴
  2. 歴史修正主義はどこで/誰が展開しているのか
  3. 教科書をめぐる政治運動と右派メディア知識人
  4. 歴史修正主義をめぐるメディア市場

第2章 「歴史」を「ディベート」する-教育学と自己啓発メディア

  1. 「自由主義史観」と「ディベート」
  2. 「歴史」を「ディベート」する
  3. メディアでのディベート表現の展開

第3章 「保守論壇」の変容と読者の教育-顕在化する論壇への参加者

  1. 「論壇」の輪郭と「論壇」の問い直し
  2. 読者の「教育」-読者コーナーのメディア論

第4章 「慰安婦」問題とマンガ-『新・ゴーマニズム宣言』のメディア論

  1. これまで小林よしのりはどう語られてきたか-先行研究と本書のアプローチの違い
  2. 「慰安婦」問題を否定する保守言説の構築とそのメディア特性
  3. 「読者」の扱いと言説空間の構築

第5章 メディア間対立を作る形式-<性奴隷>と新聞言説をめぐって

  1. <性奴隷>の初出をめぐって
  2. 主要新聞報道で<sex slaves>はどのように用いられたか
  3. 批判の「形式」へのこだわり

私が本書をどれだけ理解できたか自信はないのですが、簡単に感想を書いてみたいと思います。
いや、本書は、できる限りわかりやすいように書かれていると思います。「序章」で本書の構成をあらかじめ紹介していますし、各章の最後にも「おわりに」として簡単なまとめを挿入していますし。
そして、このことは、今は私が最も理解しておきたいと思っている、現在進行形のこの世の動きの一つであります。

なお、本書はサブタイトルにもあるように、主に90年代の動きについて紹介しています。
いわゆる「ネット右翼」。ネット時代に右翼的なものが勃興してきたと思っていて、だからネット普及以前の動きより近年のネット時代からの動きが知りたいと思っていましたが。

本書を読むとその動きの萌芽は90年代にあらかた現れているようです。インターネットの普及はそれをバーストしたに過ぎないようです。また、その、90年代の動きがなかったら、インターネットの普及が起きたとしても、また異質な今日の状況になってたのかもしれません。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/07

2018年の寺山忌

180506

5月4日は寺山修司の御命日なのですが。今年も高尾霊園の寺山修司のお墓にお参りしてきました。

JR線で高尾。そしていつものように高尾駅から出ている高尾霊園の無料送迎バスで高尾霊園へ。驚くほど緑が濃い景色。街なか暮らしにとってはありがたいもの。
あ、そうそう。お線香に火をつけるのにターボライターが欲しかったのですが、持っていたはずなのですが、タバコを吸わなくなって4年半以上。さすがに行方不明状態。
お線香に火をつけるのに手こずりました。次は持ってこなくては。

この1年も、寺山修司をめぐるご縁。とても面白くて。感謝の気持ちでお参りしました。
ほんと、ご縁であると思います。ありがたいです。

4年前に亡くなられた九條今日子さんのお墓にもお参り。もう4年。寺山忌での九條さんのお姿も憶えております。その姿、忘れたくはありません。できれば忘れずにいたいです。

3日午前は雨模様だったので、今年の4日はどうかなぁと思ったのですが。今年もほんといいお天気。毎年上着を着ようかどうしようか迷って、結局上着を着てくるんだけど、お参りの時間帯はそれを後悔するような陽気になるのが例年なんですが。今年は上着はよしといたので良かったです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/05/01

清水真理個展「クンストカメラ」

ゴールデンウィーク前半の三連休、初台のZaroffさんで人形作家・清水真理さんの個展、『クンストカメラ」を見てきました。
Zaroffさんは久しぶり、清水真理さんのお人形も久しぶりです。

Zaroffさんは子沢山のお家で切り分けられたバースデーケーキみたいな、木造の尖った楔形の家を改造した場所。1階が喫茶、2階がギャラリーになってます。いい感じで、ほんと、機会があったら私も住んでみたい家です。

アイスコーヒーを頼みました。私はファーストフードなんかのアイスコーヒーはぐびぐびあっという間に飲んでしまうのですが。Zaroffさんのアイスコーヒーは、なんていうのかな、情報量が多くて、自然とちびりちびりと飲んでしまうようなアイスコーヒーでした。おいしかったです。

そして、2階のギャラリーへ。
久しぶりに清水真理さんのお人形。

清水真理さんのお人形は「舞台栄え」がするようで、お芝居とか映画とかドラマにしばしばご出演のようです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/04/16

J・A・シーザーコンサート『莎草奇譚』

昨日は渋谷のライブハウス、ラ・ママさんでJ・A・シーザーと悪魔の家のコンサート、『莎草奇譚』を見てきました。「莎草」とはカヤツリグサの事のようですが、イメージがちょっと思い浮かびません。普通に生えている草のようですから、見かけたら「ああ、これか」となると思うのですが。

シーザーさんのコンサートは昨年12月からほぼ4ヶ月ぶりです。前回は平日で、終業して会社を飛び出してラ・ママに向かっても、開演には間に合うのですが、開場には間に合わなくて、だいぶ席が埋まった状態での到着でした。
今回は日曜ということで、開場前に到着できて、早目の券の番号も生かせて、前のほうに座れました。
ラ・ママはもうほんと、すし詰め状態です。座席少なめで立見席が多いのですが、それでもすし詰め状態でした。

開演時間を少々回りましたが、お客さんがまだ揃ってないということでちょっとだけ開演時間が延びました。このスタイル、何年か前の万有引力の井内さんたちの実験公演であって、面白い趣向だなと思いました。いい感じです。

やがて客電が落とされ、場内にとどろく音楽とともにJ・A・シーザーと悪魔の家さんのご登場。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/04/13

『フィリップ・マーロウの教える生き方』

『フィリップ・マーロウの教える生き方』(レイモンド・チャンドラー:著 マーティン・アッシャー:編 村上春樹:訳)
「ハードボイルド」の名探偵、フィリップ・マーロウを生んだ作家・レイモンド・チャンドラーのアフォリズム集です。読了。

レイモンド・チャンドラー、昔は夢中で読みました。ただ、もうほとんど憶えてないのだけど。
思い出もあります。故郷にいた頃、チャンドラーの長編で『湖中の女』と『高い窓』が書店に発注しても手に入らなくて。でも、上京してそこらの書店に入ってみたら、両方ともポケミス版が並んでいて「東京はえれえ所だ!!」って大感動した思い出があります。

そして、近年はぜんぜん小説が読めなくなってきています。それは老化か、それともメンタル的な不調か、どちらかはわからないのだけど。でも、血を熱くして読んできた「ハードボイルド」小説や冒険小説が、今の自分を支えてくれてるってのは体感しています。昔読んだ面白本のことを思い出すと、今でも血がかーっと熱くなってくるのですが。

「ハードボイルド」小説の名台詞集というのは昔何冊か出てて、買ってました。名台詞とそれを語るエッセイってフォーマット。だからこのレイモンド・チャンドラーのアフォリズム集というのもずいぶんと懐かしい気がします。今もそんな本が出てるかどうかは分からないのですが。

翻訳は村上春樹とか。押しも押されもしない大作家でありますが、恥ずかしながら村上春樹の小説は未読です。タイトルが印象的なので、雑誌の書評コーナーなんかで「羊を~」とか「ピンボール~」とか、そういうタイトルを見かけて、なんとなく心には引っかかっているのですが。

村上春樹の翻訳リストを見ると、このレイモンド・チャンドラーのほかにサリンジャーとかティム・オブライエンとか、自分的にもツボな作家さんの翻訳も手がけられていて、そういう意味でもいつかは読んでみたいなとは思ってるのですが。ただほんと、近年は小説がほとんど読めなくなっていて。

いや…。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/04/12

JBL T110BTを買いました

今、スマホ+Bluetoothイヤホンって組み合わせでよく音楽を聴いています。
今愛用しているBluetoothイヤホンは左右のイヤホンがケーブルで繋がってるタイプ。なにしろ軽便でいいです。Amazonだと2~3千円ぐらいからあって、安価なのもいいと思っています。安物買いの銭失いかもしれませんが。

ただ、安いせいか、3年ぐらいで買い換えるのは3個目で、その3個目も壊しちゃいました。
初代の奴はハウジングがばらけて壊れましたが、2個目と3個目はパーツが脱落して紛失してしまいました。
今まで使ってきた中国製のBluetoothイヤホン、耳の内側に引っ掛けて固定の補助になるパーツがついているのですが。このパーツの脱落が多いです。乱暴にカバンやポケットに出し入れしているとなんかの拍子で外れ、紛失してしまうことが多いです。瞬間接着剤で固定してみたこともありますが、それも知らないうちにはがれて脱落したり。
ま、安物だししょうがないな、ダメになったら買い換えたらいいや、ぐらいのスタンスでいました。

で、3個目も使えなくなって。こんどはどれにしようかって考えてたら、国内ブランドのJBL製の奴が目に入って、3千円ちょっとみたいなので買ってみました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/03/26

イメージフォーラム映像研究所2017年卒業制作展

イメージフォーラム映像研究所第41期(2017年度)卒業制作展を観に行ってきました。
今年のプログラムはAとBの2プログラム。ただ、BプログラムはOBさんたちの卒展制作と近作の上映で、卒展はAプログラムの3作品でした。

まず、Bプログラムから。

BプログラムはYUKA SATOさんの『in the room』(2014)と『Camouflage』(2017)、三ツ星レストランの残飯さんの『妙な肉』(2013)と『外テ物』(2016)、三木はるかさんの『もうアイドルなんかならない』(2012)と『三木はるかるた2017』(2018)の2作品づつでした。いずれも前者の方が卒業制作展での発表作になります。

ちなみに改めてこのブログを検索してみると、これらの卒展での作品、ぜんぶその卒展の時に拝見しているわたくし。講師さんとか以外では珍しいのではと。

YUKA SATOさんの作品はさまざまな映像を詩的に構成した作品。ある意味もっとも実験映画的な手法でしょうか。
映像で描かれる「詩」。うまく説明できないけど、例えば「言葉」なら、ふだんはそれを何か具体的なことを伝えるためのツールとして使うわけですが。「この道をまっすぐ歩くと八百屋さんがあります」とか「今日は帰りが遅いので冷蔵庫のご飯をレンジでチンして食べてね」とか。

その「言葉」は詩になるとその機能が変質し、言葉のまた別の貌が現れますが。うん、うまく説明できないけど。そんな感じがあると思うのですが。そういう事を言葉ではなく「映像」で行うというのがこの作品の手法で、「実験映画」のあり方のひとつのスタイルだと思うのですが。
もちろんこのふたつの言葉の貌はまったく分離できるものではなく、「この道をまっすぐ歩くと八百屋さんがあります」も詩の部分もあるように、その配合比だと思うのですが。いや、うまく説明できないや。

三ツ星レストランの残飯さんは、ごめんなさい、失礼ながら、卒業制作一度限りのペンネームかと思ったら、のちのちも同名義で同じような作品を作っていらっしゃるようで、驚きました。
グロテスクなコラージュのクリチャーを使ったアニメーション。まさに三ツ星レストランの残飯のような物体のコラージュ。

三木はるかさんは自虐エッセイとでもいった作風の方です。『もうアイドルになんかならない』は2年目、映像研究所の専科の方の卒業制作になるかと。
彼氏と一緒にNHKからのファッション番組(?)の出演依頼がきた三木はるかさん、その顛末を自分がアイドルになったら~というイメージ映像を挟みつつこしらえた作品です。もちろん自虐もたっぷりで。

『三木はるかるた2017』は自分の自虐ネタをカルタにこしらえ、それを使って勤務先の受験予備校の同僚にカルタ取りをしてもらうという、よくこんなもの思いつくなぁという高度な自虐ぷれいを描いた作品です。

ふと気づいたのですが。

この、自撮りで画面に語りかけるスタイル、昔なら実験映画とか個人映画でなきゃ見かけないスタイルでしたが。今ならユーチューバーとかいう奴でありふれたスタイルになりましたな。ユーチューバーとか大嫌いなのでほとんど見ませんし、ユーチューブで検索してそういうタイプの映像を見かけるとよほど参考になるもの以外は即ブラウザを閉じるのですが。そういう時代の流れって面白いです

『もうアイドルになんかならない』では、撮影中に三木さんがケーブルテレビの番組で映画紹介を担当されていた時のファンに出会い、思わず次の番組の撮影中ですと嘘をつくシーンがあるのですが。それはほんとか演出かはわからないけど。でも今ならユーチューブでそういう番組もやれますな。そういうのもいいかもと。卒展での本作の公開時にはそんな考えは浮かばなかったけど。時は流れる時代は動く、ですな。

しかしこれだけ自虐ネタをかましてくる三木はるかさん、たぶんとてもプライドの高い方なんだろうなと思います。

お次はAプログラム。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/02/05

『帰巣譚』

土曜日は久しぶりに渋谷のイメージフォーラム3階へ。
『帰巣譚 <映像作家福間良夫没後10年追悼映像個展>渋谷上映』という上映会へ。
映像作家のかわなかのぶひろ先生の上映があるということと、福間良夫さんが私の故郷の方の方ということで、ちょっと興味を持って行ってみました。

プログラムはAとBのふたつ。Aプログラムは福間良夫さんの作品ではなく、インスパイアされたほかの方の作品でした。福間さんのパートナーでいらした宮田靖子さんの作品もありました。そして、かわなか先生の作品『人である。~福岡フィルムメーカーズフィールド~』でした。

8ミリ作品の上映中、軽い違和感を感じました。なんだろと思ったのですが。かわなか先生の作品での上映会の様子を見て、はたと膝を叩きました。映写機の音がぜんぜんしなかったんですな。かわなか先生の上映会とかでも、いつも映写機のカタカタいう音がしてましたから。だからそれが聞こえない上映会でなんか不思議な心地がしたと。

私は2009年のかわなか先生の映像作品上映会『映像の地下水脈#19』でそれを拝見していたのですが。その上映が終わったと思ったら、同じタイトルで続いていて。追加パートがあるつくりでした。福間良夫さんの回顧展は去年京都から始まったらしく、それにもこの追加部分があったそうです。なので、2017とクレジットされていますが、今回再公開にあたって再編集されたらしく、編集が終わったのが当日だったとか。

追加部分はさまざまな方々の追悼が主題でした。亡くなっていった方たちの思い出。「あ、あの方、亡くなっていたのか。またお会いしたかったな…」という方もいらして。
私はかわなか先生よりだいぶ下ではあるのですが、それでもまた、自分が尊敬していた方、好きだった方の訃報がぽつりぽつりとあり。それに辛い思いもしたりします。もっとたくさん生きていらっしゃるかわなか先生は、その何倍もそれがあるのかなぁと。

かわなか先生は「散る花を惜しむだけではなく、昇る月を待て」と仰いますが。確かに新しい出会いもあるのでしょうが、でもやっぱりツラいなとも…。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018/01/15

ライブ『沼娘×日比谷カタン』

土曜日は渋谷のラストワルツで日比谷カタンさんと沼娘さんの2メンライブを見てきました。
日比谷さんのライブもほんと久しぶりになってしまいました。そして沼娘さんは初見の方、どういう人たちなのかなぁと楽しみに。

最初が日比谷カタンさん。「J-POPは日本一!」のコーナーも久しぶり、プログレッシブなグループサウンズ『愛のギヨテエヌ! 恋するイミテシヲン! サ!』も久しぶり。
そして沼娘さんのおひとかたを迎えて『サクラサクサクラ』。初音ミクの衣装で登場された沼娘のちえいさん。ご登場の当座は若干危ぶみましたが、お歌が始まるとすばらしかったです。女性が歌う『サクラサクサクラ』を聴くのは初めてかなぁ。

それからまた日比谷さんソロに戻り、本当に久しぶりに『Fake Fur bought by Summer Sale BOT』。嬉しかったです。
この曲は「真夏のバーゲンでフェイクファーのプレゼントをキミに買うボクの愛はホンモノ、さ!」っていうような歌詞を古今東西のシンガーの物まねでメドレーで歌うという、なんていうか、データベース消費みたいな歌です。今回は『シン・ゴジラ』カヴァーも混ぜてでまた嬉しかったです。

日比谷さんのコーナーの〆は『対話の可能性』。私が足繁く日比谷さんのライブに通っていたころの定番のラスト曲でした。懐かしかったです。

それから休憩を挟んで沼娘さん。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«現代演劇ポスター展のトークショー