2017/09/12

『もうふりまわされない 怒り・イライラ』

『学校では教えてくれない ピカピカ 自分みがき術 もうふりまわされない 怒り・イライラ』(名越康文:監修 日本図書センター:刊)
読了。タイトルどおり、怒りやイライラのコントロール術を教えている本です。基本は子供向けのようです。

近年、暮らしも苦しくなり、先の希望も持てず、イライラとした感情にまとわりつかれることが多いです。それから逃れ、落ち着いた気持ちでいたいのだけど。だから、そういう感情のコントロールができたらいいなと思ってました。
なんかそこらへんのことが書かれた本でも読もうかなと思って。で、AMAZONで検索してたらこの本が見つかりました。名越康文さん監修という事で、いいかもしれないなと思って。

名越康文さんは何冊か御著書を拝読しています。そして御贔屓のミュージシャン、日比谷カタンさんとのトークショーも拝見しています。名越さん御監修の本ならすとんと腑に落ちるかなぁと思ってAMAZONにオーダーしました。
届いてちょっと驚いたのですが、カラー印刷の子供向けの本でした。子供向けなら分かりやすいかなぁ。

この本では、そんな怒りとじょうずにつきあう方法を、みなさんにわかりやすくお伝えします。「じょうずにつきあう」とは、怒りをがまんするということではありません。なぜなら、怒りは悪いものでも、きけんなものでもないからです。どんな人のこころにも生まれる、とても自然でだいじな感情です。だから、怒りを消そうとがんばるのではなく、怒りとしっかり向きあって、ふりまわされず、自分でコントロールできるようにしましょう。(「はじめに」より)

もうこの一文だけで、この本は役に立ってくれそうな予感が沸いてきました。さすが名越康文さんです。買ってよかったと思いました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/09/08

みなもと太郎『マンガの歴史1』

『岩崎調べる学習新書 マンガの歴史1』(みなもと太郎:著 岩崎書店:刊 Kindle版)
読了。文字通り漫画の歴史について書かれた本です。第1巻ということでシリーズ化されるようで、本書は終戦~60年代の話となっています。
みなもと太郎は漫画家ですが、これは字の本。

みなもと太郎はその代表作であろう『風雲児たち』を恥ずかしながら未読です。単行本もあまり買った記憶はありません。子供時代の学年雑誌に掲載されていたギャグマンガを楽しく読んでいたのがメインだったかと。あのしゅっしゅとした線づかい、口のフチをぐるぐるぐると線で描いた特徴的な絵。面白く読んでました。

私は休刊前の1年半ほど『マンガ少年』誌を読んでいたのですが。『みなもと太郎のなんだなんだなんだ』を毎号楽しみにしていました。これはマンガ論エッセイだったかなぁ、メインは。「マンガ描きは版下作業」「一生懸命それを目指してデビューして、その先に広がるのは一面の荒野」なんて痛烈な指摘は記憶に残ってますし、身に染み付いてます。ま、あたしは何者かになろうと努力した経験はないのですが。
この『なんだなんだなんだ』は単行本になってくれないかなぁっていつも思うのですが。

そういうことで、氏がお書きになったマンガの歴史解説書という事で、面白そうと思って購入しました。

この「岩崎調べる学習新書」シリーズですが、「調べる学習」というのは、「子供たちが自分が興味を抱いた分野について自主的に調べ、学んでいくという学習方法」(巻末の「『岩崎調べる学習新書』について」より)だそうです。私はKindle版を買いましたが、紙本版は開きやすい「コデックス装」という装丁を使ってるそうです。
そして漢字には一部ルビが振られています。そのおかげで私はずっと「水野英子」を「みずの・えいこ」と読んでたんですが、ほんとうは「みずの・ひでこ」って読むのだと知りました。大人向けのルビのない物しか読んでないとなかなかに気づかないことかなと。

さて、以下に『マンガの歴史』の私的感想を。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/09/04

ライブ「まさかの詩学」

きのう、日曜日は大久保の「ひかりのうま」さんで、日比谷カタンさんと水谷紹さんの2メンライブ「まさかの詩学」を拝見してきました。またまた久しぶりの日比谷カタンさんのライブになりました。

「ひかりのうま」さんは初めて行く場所、中央線大久保駅脇にある、たぶんスナックか何かの居抜きなのかなっていうライブスペースです。カウンターとテーブル席が少し離れた構造になってるのが面白かったです。20席あるかなぁ、小体な場所でした。

このライブはツイッターの日比谷さん関係の方のツィートで知ったのですが、別系統の方のツィートでもひかりのうまさんでのイベントの告知が流れていました。なんか私的クラスタにはホットな場所であるようです。

入場すると、ステージの背後に映画のビデオが映されていて。私も見たことある、好きな映画(ただし見たのは封切り1回だけ)でした。音声は消されていましたが、字幕を追っていくと、なんか『詩』を感じさせて、いいセレクションだなと。

ややあってライブ開演。最初は日比谷さんでした。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/08/08

市街劇『田園に死す』

2017年8月6日の日曜日は青森県の三沢市で開催された市街劇『田園に死す』を見てきました。いち寺山修司ファン、演劇実験室◎万有引力ファンとして。

寺山修司の演劇実験室◎天井桟敷の衣鉢を継ぐ、J・A・シーザー率いる演劇実験室◎万有引力さんを中心に、たくさんの劇団さんや、一般公募の皆さんがこの市街劇『田園に死す』には参加されてるそうです。

市街劇、寺山修司が始めた、「市街」で展開される劇です。「劇場」に閉じ込められていた「演劇」を「市街」に解き放つこころみ。劇という「虚構」を「市街」という「現実」に解き放とうとするこころみ。「観客」も巻き込んだ、入っていける「お芝居」。
私は2008年11月に松山で開催された市街劇、『人力飛行機ソロモン 松山篇』を拝見しています。それと寺山修司と近しかった映像作家のかわなかのぶひろ先生が制作された映像作品『市街劇ノック』を拝見した事があります。これは1975年に阿佐ヶ谷界隈で行われた天井桟敷の市街劇『ノック』を、かわなか先生たちがモノクロビデオで撮影した映像をモチーフに、映像作品として再構成した物なのですが。

『田園に死す』。寺山修司の1965年の歌集、そして1974年の映画のタイトル。映画はどのワンシーンを切り取っても絵になる、素晴らしい作品です。それを三沢でどう展開するのかなぁと思いました。見てみたいなぁと思いました。
行こうかなぁ、どうしようかなぁ、しかし青森は遠いしなぁ、とつらつら悩みつつ。行こうと決心して手配を始めたのは2ヶ月ほど前です。せっかくだから一泊ぐらいして観光もしようと、JTBに問い合わせたのですが、ねぶたシーズンという事で宿は壊滅的にふさがっていて確保できず。ままよと夜行バスで当日早朝三沢入り、当日夜にふたたび夜行バスで帰京という、弾丸スケジュールを組みました。

早朝の三沢。霧が出ていて、なんか幻想の世界に入っていくようです。ここんとこの市街劇ってのはお天気に恵まれないらしく。2008年のソロモンでは、肌寒い雨の中のフィナーレが記憶に残ってますし、私は行ってないのですが、98年の『人力飛行機ソロモン 青森篇』でも雨にたたられたそうです。
それでずっと雨を気にしていましたが、天気予報アプリによると今回の三沢ではお天気はもちそうで、それもありがたく思いました。

5時回ったところに三沢着。朝早くから開いてる、休めそうなとこ、どっかないかなと事前にネット検索したのですが、三沢空港温泉ってところが5時半から開いてるそうなので、そこに向かいました。ありがたかったです。ロビーも広くゆったりしてて、ひと風呂浴びてのんびりするのにちょうどよかったです。
で、こんどは三沢空港の食堂がネット情報によると朝8時30分に開いてるそうなので(実際には8時45分開店でした)、そちらに向かって朝ごはん。霧の中でも米軍機?や自衛隊のヘリコプターが飛び立っていきました。到着便もあるようです。

それから受付場所のスカイプラザミサワへ。スカイプラザミサワさんは、入ってはいないのですが、入り口に星条旗と日章旗が描かれていて、ああ、ここは基地の町なんだなと思いました。

このスカイプラザミサの前の道路が「テラヤマロード」という愛称だそうです。2車線のまっすぐな広い道。最初は基地の街だからかなぁと思ったのですが、雪の多い地方であるでしょうし、路肩に雪を片付けるには道幅も要るでしょうし、道はまっすぐな方が目印が雪に埋もれても安全からかなぁと思いました。
なんと、このテラヤマロードがまんま歩行者天国になってました。

10時から受付開始。受付の方に前売り券を渡すと、地図とバス案内と寺山修司のお面、そしてチョークと引き換えられました。寺山修司のお面は入場を限ってる場所での入場証になります。チョークは道路に落書き用かな?他に使う演目もあったかもしれません。
きちんとした本部、救護所も設営され、ゴミ箱も用意されていて、歩行者天国も含めて、三沢市の市としてのこの市街劇の取り組みは力が入っているようです。(ちなみに三沢市の広報誌も8月は寺山修司が表紙でした)

さて、改めて地図を眺めて。なんと!演目は60以上!!どう回ろうか考えもちょっと吹っ飛びました。ま、行き当たりばったりでいいかもと。
演目は固定型と移動型があります。固定型は場所を固定しての演目、移動型は場所を移動しながらの演目、ストリートパフォーマンスと言えばいいかな。
マップは見やすく、分かりやすくデザインされたものでした。いや、なんといっても三沢の街自体が道路が碁盤の目状になってて、分かりやすい地理をしているってのが大きいとも思います。市街劇向きの地形かも?

あと、寺山修司記念館も会場に含まれていました。それは当然ではありますが。ただ、記念館は三沢市街からはちょっと離れてるので、どうしようかなと。配布されたバス案内はそのための時刻表でした。無料のバスが走ってるそうです。

ただ、テラヤマストリート周辺だけでも、とても見切れないほどの演目があります。
それだけでお腹いっぱいにはできそうです。

そう、この演目の飽和攻撃状態、それもこの「市街劇」の特徴かと。普通の、劇場の、「お芝居」なら、観客は劇のすべてを見られるわけです。しかしこの市街劇ではすべてを観ることはできない。あなたが経験した『田園に死す』と私が経験した『田園に死す』は違う。そういうのって面白いと思います。そして各人が経験した『田園に死す』を持ち寄って、そして『田園に死す』を再構築するというこころみもアリでしょう。それが『世界』って物かもしれませんし。

12時の開演が近づいたので、テラヤマストリートの途中にある、プロローグ『百年鐘=歴史の蹉跌』の場所へ移動しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/07/28

コンパクトブルーレイドライブ

去年の秋にASUSのTransBook T100TAF-DK076TSという品物を買ったのだけど。TransBookってのはいわゆる"2in1"と呼ばれるカテゴリーの品物で、タブレットに取り外し式のキーボードがついていて、キーボードを取り付けてノートパソコン、外してタブレットって使い方ができる品物です。

で、そういう品物を買った。これであたしもスタバでノマドごっこできる!って喜んだけど、でも、あまり持って出歩く事もなくて。外での用事はだいたいAndroidのスマホとタブレットで用が足りてしまうし。
なんかちょっと詰まんないなと思って、そうだ、DVDやBlu-rayのポータブルプレーヤーとして使えるようにしようと思って、外付けの光学ドライブを買ってみる事にしました。

170728_1

買ってみたのはこれ。BUFFALのBRXL-PT6U2V-RDという型番のコンパクトBD-Rドライブです。USB2.0対応という事で、世代的にはちょっと古いかもしれませんが。
買った理由は本来のUSBコネクタのほかに、もうひとつ給電専用のUSBコネクタがついていて、電力不足の場合はこちらもPCのUSBポートに接続して給電できると言うことです。まんいち給電能力が不足する場合は、こっちにUSB電源アダプタかモバイルバッテリをつけて補助できるかなと。(あと、別売りのAC電源アダプタも使えます)

色は赤にしてみました。好みもありますし、モバイル関連の品物は目立つ色にした方が紛失とかしにくいかなぁって部分もあります。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/07/03

万有公演『レミング』

この前の日曜日は高円寺の座・高円寺で演劇実験室◎万有引力さんの『レミング-壁抜け男-』を観てきました。楽日になります。

『レミング』、万有引力さんの前身だった、寺山修司率いる演劇実験室◎天井桟敷最後の演目です。初演ではないようですが。
寺山修司元夫人で、離婚後も天井桟敷の制作として寺山修司の活動を支え続けていらした九條今日子さんの御著書・『回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで』には、病身で動けない寺山を東京に残して関西に『レミング』大阪公演のプロモートに行った九條さんと、寺山との電話での会話が、おふたりが交わした最後の会話になったと書かれています。
また、寺山の本を編むために出版社に入り、現在は藤沢で遊行舎という劇団を主宰されている、寺山修司に関して日本でもトップクラスに詳しい白石征さんの御著書・『望郷のソネット 寺山修司の原風景』には、寺山修司の葬儀で、団員さんたちが『レミング』の劇中歌を歌っていた様子が書かれています。

私が万有引力の『レミング』を観たのは2度目みたい。最初に観たのは2000年のサンシャイン劇場での『レミング』。これは確か万有引力さんの公演というより、どこかのプロモーションで万有さんが出たって形じゃなかったかなぁと思うのですが。ただ、ほとんど記憶になくて。私がWeb日記始める直前で、感想を書いた物も残ってないので。

2015年の12月に、万有引力ではないのですが、維新派の松本雄吉さん演出の『レミング-世界の涯てまで連れてって-』を池袋の東京芸術劇場・プレイハウスで見ています。ファンな青葉市子さんが寺山芝居にご出演という、ちょう俺得な公演でしたので。他の出演者はほとんど知らなかったのですが。(松本雄吉さん、去年お亡くなりになられたようですね。驚きました。謹んでお悔やみを申し上げます。)

で、『レミング』には副題が「壁抜け男」と「世界の涯てまで連れてって」があるようです。
どう違うのかはよく分からないのだけど。両方拝見したわけですが、まったく別物というわけではないようです。寺山の戯曲だと、例えば『さらば映画よ』には「スタア篇」と「ファン篇」があるのですが、それは別物のお芝居のようですが。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/16

園崎未恵『WAVES COLLECTION』

さて、先日の園崎未恵さんと日比谷カタンさんのジョイントライブ、「ミエカタン5」で購入した薗崎未恵さんのアルバム『WAVES COLLECTION』の簡単な感想など。
園崎未恵さんの事はあまり詳しくないし、これが初めて購入したアルバムですし、このアルバムも通勤の車中で聴いたぐらいなのですが。

日比谷カタンさん、ファンです。もう十数年前から。で、日比谷さんのライブも昔はちょくちょく、最近はたまにお伺いしていたのですが。そこで園崎未恵さんとの共演ライブを拝見したのが園崎未恵さんを知ったきっかけです。
「対話の可能性」という、渋谷のアップリンクさんで開催されていたシリーズのひとつでした。日比谷さんがホストで、毎回さまざまなゲストをお迎えしてのライブ&トークショーって趣向でした。私も何回か拝見しました。面白い企画でした。

園崎未恵さんがゲストの回は「魔法のどんぶり勘定」ってサブタイトルがついてました。園崎未恵さんが牛丼の松屋チェーンの店内アナウンスをなさっているというのでついたタイトルでした。
その回も面白かったです。そして、「日本人の何割かは園崎さんの声を聞いている」という話、つまり、松屋をはじめとするいろんなお店の店内アナウンスを園崎さんは担当されていて、だからたくさんの人が実は園崎さんの声を耳にしているという話があって、面白かったです。

この、園崎未恵さんと日比谷カタンさんのジョイントライブ、定番化しているようで、私も数回拝見しました。面白いです。最近は「ミエカタン」ってタイトルでやってるみたいです。

楽しんではいたのですが、まだ園崎未恵さんの音源は持ってませんでした。ミエカタンでもお客さんがどよめくナンバーがいくつかあったのですが、たぶん園崎未恵さんのファンなら当たり前に知ってる名曲なのだろうと思うのですが。

そうこうしているうちにこのアルバム『WAVES COLLECTION』が出ることを知りました。
そしてなんとデザインが日比谷カタンさんだそうで。そのうち買おうかなと思っていて、で、先日のミエカタンの物販にも置いてありましたので、そこで購入しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/06/05

『Bへのオマージュ』展

昨日は日本橋大伝馬町のみうらじろうギャラリーさんで、「Bへのオマージュ」という展覧会を見てきました。出展者の中にファンな綺朔ちいこさんと横山宏さんというびっくりする組み合わせを見つけたので。

綺朔ちいこさんと出会ったのはもう十何年か前。寺山修司関連のイベントだったと思います。幻想の少女解剖図といった風情の作品で、解剖図好きとしてはいっぱつて好きになりました。
ちなみに好きな人形作家さん、清水真理さんも近年、幻想の少女人体模型というような作品を作っていらっしゃいます。感性が通底しているのかしら?

横山宏さん、思い出深い方です、モデラーとして。もう三十年ちょっと前の話ですが。ホビージャパンという模型雑誌で「SF3Dオリジナル」という連載をなさっていました。

その数年前まで、模型雑誌は架空の存在の模型は扱わないというのが不文律でした。「架空の存在」って、アニメとかのキャラクター物ですね。
しかしホビージャパン誌は大きく舵を切り、キャラクター物の徐々に模型を扱うようになり。そして、折からのガンプラブームに乗り。ホビージャパン誌は大いに部数を伸ばしました。

もう一方、ホビージャパン誌はガレージキットに不可欠な技術、原型をシリコンで型を取ってレジン等で複製というテクニックの紹介特集もありました。最初は戦車の転輪とか、同じのが複数いるパーツのため、っていう文脈だったと記憶していますが、そこから個人レベルで頒布できる模型キット、ガレージキットが生まれて(それ以前にもバキュームフォームとかありましたけど)。
そういうことで、あのころのホビージャパン誌は、今日まで続く、キャラクターキットブーム、ガレージキットブームの礎を築いたと思います。いや、閑話休題。

そうした流れの中、ホビージャパン誌で横山宏さんが始められたのが「SF3Dオリジナル」の連載でした。アニメとかのキャラクター物を越え、自身のオリジナルでSFメカの模型を作るって連載でした。横山さんと、あともうお一方いらしたと思うのですが、隔月で交互にって思います。

めちゃくちゃかっこよかったです。ホバー戦車、ホバー攻撃機、パワードスーツ、反重力機、機関車とかもあったと思います。毎月楽しみにしてました。
そのうちのいくつかはのちにキット化されたようですが。そこまでは追いかけてないのですが。そのころはもうほぼモデラー廃業してましたので…。

だから、横山宏さんは思い入れ深い方です。
しかし、綺朔ちいこさんと横山宏さんの作品が並ぶ展覧会があるなんて一ミリも想像してませんでした。たまげました。

いやもう閑話休題。つかずーと閑話でしたか…。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/05/30

ライブ「ミエカタン5」

先日の日曜日は秋葉原のクラブグッドマンさんへ。声優の園崎未恵さんと日比谷カタンさんのジョイントライブ、ミエカタンvol5を観てきました。

ミエカタン、最初は『魔法のどんぶり勘定』って企画名でした。日比谷さんがホストをつとめ、毎回ゲストの方をお呼びするライブ&トークショー「対話の可能性」シリーズの一編。園崎さんが牛丼の松屋の店内アナウンスをおつとめだったのでついた企画名。

それからミエカタンに企画名が変わって今回が5回目。息の長いシリーズになりました。そして今回も拝見できて嬉しかったです。

ワクワクしながらグッドマンさんへ。グッドマンさんもライブに足繁く通っていた頃は超おなじみのライブハウスだったのですが…。
お客さんはちょうど満席。座れました。前回のミエカタンは立ち見で年寄りにはチョットきつかったので(笑)

ややあって開演。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017/05/29

『この世界の片隅に』(映画のほう)

封切りから半年にしてやっと『この世界の片隅に』、観てきました。原作本もだいぶ前には読了してスタンバっててたんですが。空いてから行こうと待ってて、そうしてるうちに大絶賛の話をあちこちで見かけて、そしてなんか観てしまうのがとてももったいない気がしてして。んで、やっと観に行ってきました。

片渕監督の作品は『マイマイ新子と千年の魔法』を観てます。豊かな想像力を持ち、千年前にそこにあった国府と、そこに暮らす千年前の少女ともその想像力で繋がることのできる女の子、新子の物語。といっても単純にファンタジックというものでもなく。憧れの女先生が実は不倫していたり、同級生の警官の父親が酒場の女に入れあげたあげく、金銭トラブルで自殺する、とか。そしてその敵討ちにその同級生と新子は女のいる酒場に乗り込むけど、彼らもまた単純な悪党ではなく…。そんな、苦いエピソードも散りばめられたら映画でした。

原作のこうの史代さんの作品はこの原作本の前は『夕凪の街 桜の国』と『長い道』を読んでます。あまり読んでないけど、独特の空気を感じさせる方だと思ってます。

んで、やっとこさ『この世界の片隅に』観て。ほんと大傑作だと思います。そして、とっときのごちそうを食べてしまったような寂寥感も感じます。もちろん二見三見してもいいし、観るたびに新しい発見のある映画だと思いますが。

以下、感想を書いていきます。ストーリーに触れていきますのでネタバレご容赦です。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«村崎百郎UMA未確認生物展